収穫には立ち合えないかもしれないが、できる限り多くの種を蒔こう。

新たな気づき・思い・言葉など、生きるヒントになればいいな...

役回り

2016-10-15 | 言葉
私は様々な方のおかげで若い頃に京セラを軌道に乗せることができましたが、
その過程で「私の技術をベースに創業し、私が夜も寝ないで経営してきた会社だ」という、
一種の驕りが出たことがありました。

しかし、すぐに考えを改めて、
「才能を私物化してはいけない」と常々自分に言い聞かせてきたんですね。

京セラやKDDIを立派な会社にして、
JALの再建も果たして、
確かに私には少しは経営の才能といったものがあったでしょう。

しかし、そういう才能を私が持っている必要があっただろうかと。

この社会は一つの演劇を演ずる劇場のようなものだと思っています。

劇団には主役を演じる人、大道具、小道具、小道具、衣装の準備をする人、
様々な役回りがあるわけです。

現代において、
京セラやKDDIをつくる人は必要だったかもしれないが、
その才能は別に私が持っている必要はなかった。

私はたまたまこの世界の創造主から才を与えられ、
役割を与えられた。

ならば、その才を自分のために使って「俺がやった」などと自惚れてはならない。

やはり従業員のため、
世のため人のために使う。

それがリーダーだと思ってやってきました。

最近ことに強く思いまして、
夜、寝付いたらいつも「こんなに素晴らしい人生を与えていただいたのだから、なんとか世の中にお返ししたい」と思っているんです。

〜稲盛和夫
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉 | トップ | 打つ手は無限 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。