吉次で 『うれし、たのし、リフォーム体験♪』

あなたにとって快適な住まいとは、どんな環境ですか?皆様にとって何かのきっかけに繋がれば幸いです♡

ひとの健康と開口部(窓)のお話し

2017年06月10日 15時34分18秒 | 住環境リフォーム
皆様、こんにちは!

昨夜、長崎市と周辺地域では地震が発生しました。

隣の諫早市で震度4、長崎市内は震度3でしたがやはり怖いですね。

眠れなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今晩はゆっくり眠れますように。


さて、今日は健康に暮らせる家について窓を中心にご紹介です。

今週はじめに福岡市内で開催されたYKK AP のイベントへ出席してきました。

YKK APといえば『』のイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

会場の外では トラック全体が窓?窓のトラック? が展示されており

樹脂窓や、陽射しよけのオーニング等が紹介されていました。



会場内には、防犯窓に網が入っていない商品や

樹脂窓、木目調の樹脂窓等

断熱に適した商品が多数展示されていました。



今回のイベントで参加者が特に、熱心に聞き入ったのは

2名の講師による講演でした。

高気密で高性能住宅を施工されている講師と

ハウスメーカー出身で高断熱等を研究されている講師のお話しは

時に対照的ではありましたが

お二人の共通のテーマは「健康」に暮らす家がいかに重要か、

というポイントでした。

従来は、家の素材や質が良ければ身体に優しい、健康に暮らせると言われることもあったようです。

しかし、現在は素材だけでなく「断熱・気密・換気」のバランスが良い家だと

快適に暮らせて、身体も健康に過ごせるという研究結果も報告されているのです。


例えば、これからの季節に心配なのは湿気とカビですよね。

何のアレルギーかわからない、綺麗に掃除をしてもカビが生えてしまうという悩み。

他にも室内が高温になり、熱中症にもなりかねない心配があります。


また、冬になると室内なのに厚手の上着を重ねて暖かく過ごすのが当然!

という方が多いのではないかな?と思います。


屋根や壁、床に断熱を施していたら全ての問題解決!という訳でなく、

実は一番の鍵は『窓』なのです。



熱と冷気を通しやすいアルミサッシ、ではなく『樹脂サッシ』は1日で改修もでき、

気密も高くなるので湿度や隙間風の心配も軽減されます。

1枚のガラス窓でなく、中間に空気層を設けた複層ガラスをお選び頂くことで

心身ともに健康に過ごせるのです。


私自身、お客様へ窓が健康生活のポイントであることを

なかなかお伝えできていないと反省しております。


住まいに関してプロである以上、長くお客様に喜ばれる家の提案ができる様

これからも無数にある情報をしっかりと見極めながら

しっかりと勉強していきます!!








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塗るだけでない、安心の塗装工事 | トップ | 屋根の葺き替え~人と家に優... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。