鑿の柄付け職人の日常 !!

手道具存続の為に頑張ります。

太鼓のバチ

2017-04-29 12:50:26 | 大工道具
豊年万作の秋祭りが多い中、うちの町は春祭りです。


三木の中でも感じは違うけれど同じ名前の神社は比較的春が多いです。


今年はポスターが出来ました。







消防団を退団してからは宵宮の町内巡行は行ってませんでした。


今年は隣保長が当たってるので参加する予定です。




太鼓の練習の当番になった時に行くと太鼓のバチの話になりました。


大人用を使うので短く加工しようかと。


町には大変世話になっているので太鼓のバチの作製・メンテナンスにかかかわって来ましたので・・・。




太鼓のバチって面白い物で、みんな形や長さが違うんですよね。

色々拘りを話し合うのもってのも楽しいんですよね。




うちには大きい木が無いので、持ち込みで4ヶ町ほど作製(加工)した事があります。


スナップを利かして叩く所や、姫路などの浜手地方のように重さで叩くって感じの所もありますし。








頭を5㎝短くして、根元をバットの様に・・・。


思いとイメージが異なるとまずいので絵で書いてもらいました。







バランス的にもどうなるのでしょう。


試験的のようですが・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 削り肌 | トップ | バレーボール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大工道具」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。