鑿の柄付け職人の日常 !!

手道具存続の為に頑張ります。

色々な形のコミ(中尾)

2017-04-19 06:44:38 | 大工道具
鑿のコミ(中尾)にも色々な形があります。

鑿の中で一番大事だと言われる鑿鍛冶さんもおられます。

それくらいこだわりをを持っておられます。




この形によって開ける穴もそれぞれ違います。











ちょっと短い目の物。







や、ちょっと長目の物。







たまに横長のこんな物もあります。








平待ち鑿のコミ(中尾)の極端な物です。


こんなのどの様に開けます?


細くて長いのでよくキリが折れます。









もっと楽な方法があるのですが、狂いやすいので。


また、氷鑿関係なので水にも触れる機会が多く余計な穴があると錆びたり柄も腐り折れやす易いので。


包丁と似てますが、木が固いので何かと苦労もあります。でもやってて楽しいです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜の通り抜け | トップ | 飲み会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。