鑿の柄付け職人の日常 !!

手道具存続の為に頑張ります。

新年2日目

2017-01-04 23:27:26 | 大工道具
グミの木の皮むきをしました。

木こりは代償は大きいです。






足も手も傷だらけ。

トゲが入ってないか?数日後に判るんでしょうけど。

革手袋でもズボンの上からでもこんな感じです。ヘルメットいるのかな?


枝を折ってもこの鋭さ。







乾燥後4年も放っておけば虫にやられてしまいます。

ある意味虫との戦いです。







毎年持ってきてくた方から連絡ないな~!と思っていたら腰の骨を折られたとか。


ワークマンで手甲買ってきた。植木屋さんもしてるようです。


納入業者さんには頭が下がります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新年最初の日 | トップ | 古鑿 木成り鑿 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。