鑿の柄付け職人の日常 !!

手道具存続の為に頑張ります。

江戸鑿と播州鑿

2016-10-13 12:38:15 | 大工道具
完成品です。

上から播州鑿の高田鑿・東京の左市弘鑿・左久弘鑿となります。

一番下の左久弘は付いていた古い口金(ハカマ)・輪を使っています。









ちょっとピンぼけですが上から2番目の市弘鑿です。










木と口金の段差は低めです。

マチが細いと自然と細くなってしますが、古い口金もテーパーがきつ目なので細くなりすぎませんでした。












付いてきた輪の内面に、面取りがしてましたので全部同じ様に面取りしてます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 磨り合わせ 3 | トップ | 特殊鑿 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。