浜風に吹かれて・・・・

阪神タイガースの話を中心に、
   大好きな野球の話を、感じるままにわがままに・・・・

まさに『高山劇場』

2017-06-02 06:49:03 | 素人評論

風の影響?

それをうまく使ってこそプロと言えますが、『地の利』があることも確かです。

初戦のラジオ解説で関本賢太郎氏が・・・・
「福原投手も湯舟投手も、ここではカーブの投げ方がわからない」と話していたことを披露されていました。
それほど影響があると言うことで、苦労した秋山投手、うまく利用した能見投手という結果になったわけです。

バックネット方向に吹く風は、バックネット(裏のスタンド)に跳ね返され、
グラウンドレベルでは投手から見れば『向かい風』になり、
変化球が大きく動き、ストレートは高くいく傾向があるようです。

さてこの3戦目、唐川投手を打てなかったタイガース。
初回、高山選手の先頭打者ホームラン、続く上本選手のヒットと捕手の構えとは反対に投じられて球でした。
3番の糸井選手も、併殺を狙う二遊間を詰めた守備で、2塁封殺はいたしかたないと思いますし、
福留選手の併殺も、言ってしまえば『紙一重』ですから、4番として悪い結果になっただけです。
これもまた、いたしかたないと私は思います。
併殺を気にしていたらバットは振れません。

ただ、その後の回に入った3点と共に、唐川投手をよみがえらせ、
それ以降、7安打放つも無得点という結果になりました。

その3失点・・・
実質エラーでしょうね・・・高山選手。

いったん、下がりましたね。
守備はいかなるポジションでも『最初の一歩』が肝心です。
後ろに下がってしまう傾向がある高山選手。(伊藤隼太選手も)
頭を越されるのがいや、守備範囲を拡げるために反射的に下がるのだと思いますが、
これは『センスの問題』なのでしょうか?
練習でレベルアップ?
それも大切ですが、『経験』も大事でしょうね。

でもやっぱり『センス』かな・・・

メッセンジャー投手はよく3点でしのぎましたよ。
イライラはあったでしょうが、なんとかかんとか・・・
内容的に、一方的な試合と言ってもいい状況で、イニングをこなし、
中継ぎ陣を休ませただけでも評価してあげたいです。

最終的に試合を決めたのは、5回の裏の1点でしょう。

その前の5回表、タイガースは糸原選手の2塁打で"無死2塁"という好機を迎えました。
ここで点差を詰める・・・同点逆転できれば・・・
8,9番の選手次第だったわけですが、俊介選手の三振が痛かったです。

ファールで粘っていましたが、執拗な右打ち・・・
それが打撃を窮屈にさせたこととは確かです。
作戦としては妥当ですが、フリーに打たせてもいいのでは?と思ってみていました。
そこまで進塁にこだわるなら、バントして梅本選手のところで代打という選択肢もありました。

そう、ここで・・・前半で(5回までで)『次の1点』『相手より先に得点』する必要はあったと思います。

それと気になったのが1イニングで2回後逸した岡崎選手・・・
これでは投手に信頼されませんし、私も信用できません。

さて・・・
とりあえず甲子園に戻って出直しです。
裏ローテでの戦いですが、どうなるでしょうね?
それはそれで楽しみです。

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 

『野球』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風を味方につけた能見さん | トップ | 気配りが足らんぞ! »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-02 09:31:33
同感です。ところで、大嶺投手では無く、唐川投手です。
(/-\*) ハジュカ…… (浜風)
2017-06-02 12:52:17
ご指摘くださりありがとうございます。
訂正いたしました。
パは強い? (岩修)
2017-06-03 10:24:48
昨夜メッセで落とし、あと一本が出ず逆転された夜。1ヶ月前からドリス投手の抜け玉が気になってましたが…「勝ちたいんや」の意識か強すぎて無理なのに荒木選手にホームを指示したり。結果より冷静に自分の投球して欲しいですって、17セーブ挙げてるのに失礼ですか?しかし岩貞投手、久々の力感溢れる投球を見て早くリニューアル晋太郎か見たいと思ってしまいました。今夜参戦ですが、出番の無かった梅野捕手とノーヒットだった糸井選手に注目っす…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

素人評論」カテゴリの最新記事