浜風に吹かれて・・・・

阪神タイガースの話を中心に、
   大好きな野球の話を、感じるままにわがままに・・・・

9月16日ベイスターズ戦 雑感

2016-09-18 06:03:57 | 素人評論

この試合の先発は秋山投手。

前回登板・・・・
立ち上がりに3失点しましたが、その後の好投により再びチャンスをもらえました。

青柳投手を、ジャイアンツ戦に起用する考えなのではないかと想像していますが、
勝利を目指すなら、岩崎投手の起用も考えられました。

青柳投手だけではなく、右の先発投手としての秋山投手への期待・・・・
そして、育てる意味合いを込めての起用だと思います。

先頭打者の桑原選手に内野安打・・・・
北條選手は、飛び込んで捕球するも、球を持ちかえる際に落球。
うまく投げていても、桑原選手の走力を考えればセーフだった可能性が高い・・・・。

しかし捕球して、送球した上でのセーフならば、投手は納得すると思います。
「捕ったんだったら、投げてくれよ!」というのが投手の本音ではないでしょうか?

2番の関根選手を三振に打ち取るも、3番のロペス選手に三週間・・・・。
1失点でしのいだことは、前回登板より進化した?

2回以降、甘い球もあったんですが、5回までは三者凡退でした。(4回、1失策)
坂本選手は「怖いもの知らず」というか・・・・
それなりのリスクを感じるサインを出すときがありますが、
それゆえ、緩い球も使っていきます。

この日の秋山投手は、ストレートが走っていました。
それゆえ、カーブを見せることで打席に立っていない打者にも、
その『残像』が残ったのではないかと思っています。

象徴・・・・
試合開始後の初球・・・・
プレーボールホームランを前日に放った桑原選手に、『カーブ』からはいりました。
普通なら、秋山投手なら『カットボール』から入るところですが・・・・。
これだけ見ても、坂本選手への期待は膨らみます。

試合は、拙攻の連続で追加点が奪えませんでした。
三浦投手のコントロール・・・・さすがです。

唯一、福留選手の第一打席・・・・
3-0にしたことで、窮屈になりました。
おそらく、外角にボールゾーンからスライダーを入れるつもりが、
真ん中に入ってしまった『コントロールミス』
(私は、投手サイドから見たとき、失投という言葉はあまり好きではない)

こういう試合展開・・・・
「ベイスターズだから勝てた」と私は思いました。

拙攻の連続・・・・
タイガースの中継ぎ陣がいくら優秀でも、相手がジャイアンツやカープなら・・・・

ラミレス監督の消極的な采配・・・・
7回、松田投手は絶対やってはいけない「先頭打者に四球」を宮﨑選手に与えます。
続くエリアン選手の『送りバント』をエラーした松田選手。

打線が下位に行くところで倉本選手に送りバントのサイン。
これは大失敗ですよ、ラミちゃん・・・・。

私なら押せ押せで3割打者にかけますよ。

同点狙いは、ビジターの後半戦では用いない方がいい。
打てる打者を信用しないで、勝利はないです。

試合は、サターホワイト投手の投球が勝利につながったと思うのですが、
そのまえ・・・・秋山投手降板の場面・・・・

この試合、岩崎投手ではなく、秋山投手を起用したのは、
最初にも書きましたが、右の先発投手を育てる意味があったと思うのです。

だったら、2死2塁・・・・打者筒香選手での交代はおかしいと思います。
勝利優先なら、最初から岩崎投手登録、登板でしょ?

先発の追試をかねて勝利優先は「虫が良すぎる」
途中で、気が変わった・・・・色気が出たというなら、監督の『一貫性』を疑います。

現実、残り試合全勝は無理なのですから、『超変革』を貫くべきではないか?

秋山投手の勝利は、大変うれしいことですが、せめて、6回完了さすのが普通だと思います。
1塁ベースがあいているということもあり、「2人で1アウト」でよかったのですから。

「金本さんも、意外と気が弱いな~」と思いました。
気の弱さはいいのですが、「辛抱が足りない」というなら、かなり問題ですけどね。
『超変革』を謳うなら、なおさらです。

ということで・・・・
遅ればせながら、金曜日のゲームでした。

土曜日のゲーム・・・・
一眠りして書きます・・・・

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敗戦の中にも明るい光 | トップ | Bクラスらしい試合 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

素人評論」カテゴリの最新記事