浜風に吹かれて・・・・

阪神タイガースの話を中心に、
   大好きな野球の話を、感じるままにわがままに・・・・

打線の軸が決まるかどうか・・・・

2018-01-28 04:14:47 | 阪神野手陣

今週木曜日・・・いよいよキャンプインです。

キャンプまでに、いくつか書きたかったことがあったのですが、
昨年来からの首の痛み等、体調不良で・・・・
タイガース選手なら、安芸どころか『鳴尾浜残留』です。
ただいま治療中ですが、こういうのは時間がかかりますからね。

あっ、治療していただいている先生・・・・
タイガースが好きみたいで、治療中に・・・・
「ロサリオは打てますかね?」とか「藤浪は今年、やってくれるかな?」
あるいは「広島に劣っているのは間違いなく機動力ですよ」なんて言っておられました。
私の首のツボを押しながら、ズバリ「ツボを得たお話」でした。

さて・・・・
キャンプインまでに・・・・つまり1月中にどうしても書いておきたかったのとが二つあります。
そのうちの一つを、今回は書きたいと思います。

私が住んでいる関西では、スポーツ関連のニュース・・・・
特にバラエティ情報番組において、野球・・・・
とりわけ、タイガースの話題が多く、
また各番組でのコメンテーターも、大御所から、選手の兄貴分までいます。

私もいくつかチェックしていましたが、
ある番組で(朝、7時頃からですよ!)福留選手がスーツ姿で登場していました。
私の出勤時間は7時ですので、とりあえず録画して帰宅後、ゆっくり観ました。

金本監督が『福留選手を3番で起用したい』とコメントした後で、
その件について、番組のメインアナがそのことについて質問しました。

福留選手個人は、「3番は好きな打順」とし、その理由のとして、
「1回に必ず打席があるので、準備しやすい」と語っていました。

もちろん、それだけではないでしょうが・・・
やはりドラゴンズ時代もそうですが、
『こだわりの打順』『プライド』『自信』があるからこそのコメントと思います。

その番組に出ていた桧山進次郎氏は・・・・
金本監督の意図は理解しているという感じで・・・・
「後ろに回って、取り残した点を掃除する、ベテランの本領発揮という考えもある」と述べました。

(言葉は正確ではなく、あくまでひーヤンは、このような趣旨のコメントを発しました。)

私個人は、桧山さんの意見に賛成です。

また続く質問を答えるのですが・・・・
今年、「中谷選手に期待する」ということ・・・
このシーズンオフのからの取り組む姿勢を観て、「期待していい」と・・・・

また、別の番組・・・
これは、下柳氏と金本監督との対談だったのですが・・・・

監督は、『5番大山選手』という構想もあるようで、
その次に「中谷を6番で使いたい」とコメントしていました。

今現在、1月の末でどのように考えているのか?
コメントされた時期が少し前というものもありますので、
考えも変わっているとしても、不思議ではありません。

久慈コーチは大山選手はセカンドで勝負させる」とのコメントも発しています。

それらをまとめれば、・・・・(あくまで仮定です)
3-ロサリオ選手、4ー大山選手、5-鳥谷選手、
7ー福留選手、8-中谷選手、9-糸井選手・・・・ということになります。(数字はポジション)

で打順は・・・
3番ー福留選手、4番ーロサリオ選手、5番ー大山選手、6番ー中谷選手ですね。

これでいくと、鳥谷選手と糸井選手をどうする?ということになります。
糸井選手がはまる打順は『1番』か・・・・
個人的には『2番もあり』だと思っているますが。
少なくとも去年のGの『2番マギー選手』よりエグい!!

ショートの選手を2番か7番(もしくは1番)で使うことなりますが、
このショートの選手を誰にするのかで、打順も変わってきます。

北條選手なら・・・植田選手なら・・・熊谷選手なら・・・・
鳥谷選手を7番に入れる選択肢も残っていますが、
『鳥谷選手7番』は私に言わせれば『愚の骨頂』です。
まぁ、後ろの打者によって変わりますけど・・・
8番捕手が、誰かでも変わってきます。

センター俊介選手、高山選手、またセカンド上本選手など、選手の持ち味で打順の変動は当然あります。

さて、ここまでの話は『4番のロサリオ選手が機能する』という前提での話です。

タイガースの今季、打線に関してはここがもっと重要視(注目)されるべきところです。

このオフ最大の補強であり、『得点力のアップ』を願う金本監督のある意味『勝負どころ』です。

こればかりは、「どうなるかはわからん」というのが現段階。

ちょっと動画を探して観てみました、ロサリオ選手を・・・・

私が感じたのは、「ボールと配球に慣れれば、打つんじゃないかな?」ということ。
いきなり『大爆発』はないにせよ(慣れるまで)、飛距離も出るし、広角に打てます。
右への打球も、かなり飛距離が出そうなので、少なくとも在京3球団(3球場)では、「楽勝」でしょう。
足も、それほど遅いという感じではないかな?
ゴメス選手よりは絶対、速そうですよ。

将来を見据えてだけでいえば、高山選手、大山選手、中谷選手でクリーンアップを組むという考えもあります。
でも残念ならが、現段階ではそれで優勝は厳しいと思います。
もちろん、3人が『急成長する』ということも考えられますが・・・・

ロサリオ選手を獲得した意味・・・・
それは、若手に経験を積ませつつ、ベテランにサポートしてもらたいからです。
そしてあくまで目標は『優勝』です。

『打線の柱』になってもらわなければなりません、たとえ4番でなくても・・・
なくてはならない選手になってもらわないと、優勝は遠のきます。

純国産打線・・・平均年齢が低い打線・・・それで優勝出来ればいいのですが、それほど甘くはありませんから。


"ロサリオ選手は打のキーマン"

それ確かだと思います。

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

Twitterって、使い方がよくわかりませんが、とりあえず"アカ"は持ってます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

休ませる勇気

2018-01-19 02:24:30 | 阪神ベンチ

前回、更新した内容を踏まえて・・・・

金本監督は『福留選手3番に起用』を示唆しました。

イメージ的に・・・
福留選手の3番には、大きな抵抗はありません。
昔からの考えでは、いちばん3番らしい選手ということは言えます。
ドラゴンズに在籍していた頃の福留選手なら・・・

私の考えでは、『3番打者は併殺が少ないのがベター』なんですよね。
昨年、福留選手の併殺は17です。

セ・リーグで4番目・・・
ワーストは、ベイの宮崎選手の23。
次いでマギー選手の20。
バレンティン選手18で、17は長野選手と同数です。
(以下、坂本選手、村田選手、山田選手、ロペス選手と続きます)

金本監督が『3番福留』を考えている理由・・・
早く打順が回ってきて、交代させやすいから・・・・

まず、福留選手の併殺打の数・・・
これは私に言わせれば『ノープログレム!』

だって4番に座っていたんでしょ?
3-0からでもフリーに打てるポジションですし、監督も容認していたはず。

福留選手は読みも深く、捉える確率は高い選手です。
強い打球を放つが故に、正面を突けばまず間違いなく『併殺』

4番打者なら、それ(併殺)を問題視する必要はないと思います。
それを言い出したら、4番は務まりません!

私は、『福留選手を休ませながら起用する』というなら、『中途半端はアカン!』と思っています。

これは、糸井選手も同じ・・・
『休養日』なら、ベンチを外すくらいでないと・・・・。

中継ぎ投手にも言えますが・・・・
『常に最高に近いパフォーマンスを発揮する』環境を作るべきだと思います。

連続出場の記録がかかる鳥谷選手に対し「できるだけ早く代える為に上位に配置」というのはわかります。

鳥谷選手を上位に持ってきて、福留選手を『常に万全』にするには、
中途半端は絶対に避けるべきだと思います。

そして何より・・・
若い選手・・・中谷選手などは、福留選手を脅かす位置に少しは近づいてきています。
打つだけではなく、守備でも・・・。

層が厚くなってきているのですから、自信を持って『休ませる勇気』を持っていただきたいものです。

ベテランに頼る気持ちは理解できます。
彼らの活躍なくして『優勝』はないでしょう。

ただ、そこに『おんぶに抱っこ』ではAクラスも危ういのでは?

『メリハリ』・・・・
いろんな分野において、大切ではないでしょうか?

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥谷選手の『真骨頂』は?

2018-01-18 00:36:10 | 素人評論

今季のタイガースは(も)、起用して欲しい選手はたくさんいます。

ただし、今季は優勝を狙える年だと思っていますので、
私個人の希望と現実との差が生まれてきても、不思議ではないと考えています。

今回は、『打順』に関して、私個人の考えを一部ですが書きます。
はっきり言うと、鳥谷選手のこと・・・

まず1回の攻撃は、確実に1番から始まります。(当然ですが)

2回以降は、どの打順からスタートするのかわかりません。

とはいえ、1回の表、裏にかかわらず、相手投手が手探りである立ち上がり、
最も攻めやすいことも確かです。

まずは先制する・・・
あるいは先制されていても、1点でもとれれば試合は面白い展開になります。

『先頭打者ホームラン』がいちばん、てっとり早いのですが。

先頭打者の出塁って、結構大事です。
いかなる形であっても、塁に出ることが『相手の嫌がること』です。

チャンスを作って、自軍の中で最も打撃に秀でた者に回したい。
だから3~5番にチームの主力を並べますよね。

まず、この主軸・・・クリーアップが打席に入る際、
1人でもランナーがいることが望ましいと言えます。

故に、1,2番には出塁率が高い選手が望ましい。
特に2,3番に望むことは『併殺打が少ないこと』が条件だと考えています。

野村克也氏は「2番は左打者で足の速い選手」といいましたが、私も同意です。
星野監督は2003年、2番に赤星選手を起用し、
3番には併殺打の少ない金本監督を起用しました。

1番バッターが倒れても、出塁率の高い選手が2番に座ることで、第二次攻撃を仕掛けることも出来ます。
1死から、足の速い2番が出塁すれば・・・相手投手は、盗塁も警戒するでしょう。

今のタイガースなら・・・
鳥谷選手だと私は思います。
これは昨年からずっと思っていました。

彼の出塁率の高さを考えれば、6番打者なんてもったいない!(ふさわしくない)
6番で『還す選手』ではなく、1,2番で『還ってくる選手』だと思います。

2回以降、仮に下位打線でチャンスを作ったとして・・・
ビックイニングを作るかどうかは、1,2番の結果次第。
その重要な役割も、鳥谷選手なら可能ですし、相手も嫌がるでしょ?

で・・・ついでに守備位置のことを書くと・・・
鳥谷選手2番なら・・・・「サードなんてありえない」というのが私の持論。
鳥谷選手がサードで6番なら、私はホームラン25~30本を求めます。(マジで・・・)

でも彼はそんな選手ではありません。
ホームラン30本は、中谷選手や大山選手に任せますよ。

サードはなぜ打撃を求められるのか?
「やることが少ないから・・・」

守備でのカバーリングはかなり少なく、サインもショートセカンドが中心に指示を出します。
鳥谷選手が昨年サードに移った際、関本賢太郎氏が試合前に「どうや、サードは?」と質問したそうです。

鳥谷選手の答えは「暇ですわ!」だったそうです。
「やること、ありませんね、マジで暇です」って・・・・
それだけ打撃に集中しやすいようです。(関本氏が解説していました)

打順に話を戻しますが・・・
最も期待できる・・・つまりチャンスに打ってくれるであろう打者(クリーアップ)の前に、
1人でもランナーを置くいうことが、得点になりやすくないですか?
足が速ければ、アウトカウントにもよりますが、1塁から長駆ホームインだってありますよ。

何番から始まるかは初回以降、まったくわかりませんが、『打席に入る順番は変わらない』のです。

1,2番の選手が活躍するか否か・・・
シーズンを通して大切なのは皆様も同じように考えておられると思います。

あなたが監督なら「イチロー選手は6番ですか?2番ですか?」
それと同じように私は考えます・・・それが鳥谷選手でも・・・・

4番は打線の柱です。
求められる数字は『足し算』です。
つまり、本塁打数、打点・・・

1~3番は『率』です・・・。
打率、出塁率・・・。

鳥谷選手に「足し算」を求めますか?

私は、「率」を求めます。

それが彼の『真骨頂』じゃないのかな?・・・・と思います。

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

適材適所を考える

2018-01-17 01:47:44 | 阪神ベンチ

現状、ベストなスタメンとは・・・?

金本監督は開幕前日、想いを巡らすでしょう。

当然、最終のスタッフミーティングでほぼ固まっていると思われますが、
試合直前、『ひらめき』(変更)があるかもしれませんね。

我々ファンは、「誰をどのポジションで起用するのか?」
また、「どんな打順(打線)を組んでくるのか?」大変に楽しみですね。

個人的に・・・
鳥谷選手、福留選手、糸井選手はいかなるポジション、打順になろうとも『当確』・・・
そう、金本監督は考えているでしょうが、あまりそれを明言すべきではないと思います。

あくまで、『現段階では白紙』でいいと思いますけどね。
まぁ、それなりの『青写真』があってしかるべきですが・・・

キャンプで試して、実践形式で確証を得る。(あるいは軌道修正する)
考えたくはないですが、故障者が出るかもしれませんし、
インフルエンザ等で調整遅れが出る可能性だってあります。

ただ、基本線として『適材適所』はあると思うのです。

長打を期待する選手・・・
走力を生かす選手・・・
守備力に長けた選手・・・
チャンスに強い選手・・・

監督をはじめ首脳陣は・・・・
選手が最高のパフォーマンスを発揮できる環境を整える必要があると思います。
『環境』とは『打順やポジション』も含みます。

当然『妥協』も必要ですが、決定に至る『根拠』は必要です。

外野を見てみましょう・・・・
基本路線は『福留選手と糸井選手を起用』ということになると思います。

昨年はまず、福留選手がライト、糸井選手がセンターで始まりました。
『センター糸井選手』に関し、懸念しておられる方が多数いました・・・。

実際、シーズンが開幕し糸井選手の守備を観た感想ですが、「諦めが早いなぁ~」でした。
飛球に対する諦めが早く感じたのですが当初は「膝の調子がイマイチ?」と思っていました。
ところが、盗塁はそこそこ積極的だったので、「あながち、そうでもないのかな?」と思い直しました。

最終的には、高山選手の不調もあり、糸井選手は本職のライトへ・・・
福留選手は、レフトでの起用になりました。

これは福留選手にとって、喜ばしいことではなかったはずです。
金本監督は、福留選手の『センス』を信じての起用であり、
彼もまた、その期待を裏切ることはありませんでした。

今季、やはり『レフト福留選手』ということであれば、
センターに誰を起用するのか・・・?
これは結構『ポイント』になるかもしれません。
当然、起用する選手によって、打順も複数の案があるでしょう。

センターに高山選手を入れる・・・あるいは中谷選手?俊介選手?
候補者はたくさんいますね。

でもタイプは三者三様です。
したがって、与えられる役目・・・打順はまったく違うものがあります。

次回、私が基本的に考えている打順の組み方について書こうと思います。

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中堅選手に対する期待

2018-01-16 01:15:47 | 阪神野手陣

昨日は、先発投手のことを書きましたが・・・

今日は攻撃陣について、その基本となる部分を書いておきます。
打順がどうのこうのと語るのは、後日といたします。

今季のタイガースの打線・・・
金本監督は、鳥谷選手、福留選手、糸井選手の3名をレギュラーとして考えているようです。
まぁ・・・・それは異論ないです。

ただ監督は昨季より、福留選手の起用に関し・・・
「休ませながら起用したのだが・・・」と常々話していました。

今季も、フル出場は考えてはいないでしょうし、山崎武司氏も話していましたが、
「福留が4番を打つようでは厳しい」というのも、私はその通りだと思います。

昨季のカープ、新井選手のような起用法がベターだと、監督は考えているのでしょう。

私は本来、いわゆる『中堅の選手』がチームの主力になるのが理想だと思っています。
現状のタイガースでは、上本選手、俊介選手、伊藤隼太選手、今成選手・・・
少し年上になりますが、西岡選手・・・
彼らが主力としてフルに戦い、ベテランがサポートして若手が勢いをつける・・・

ジャイアンツでは坂本選手、カープでは丸選手、菊池選手・・・ドラゴンズでは福田選手、平田選手。
ベイでは梶谷選手、スワローズは川端選手・・・

昨シーズンをみても、上記の下位球団・・・平田選手は故障。
したがって、チームも低迷・・・
スワローズ川端選手は言うに及ばず、ドラゴンズ大島選手の孤軍奮闘だけでは・・・

タイガースに話を戻しますが・・・
中堅の大和選手の移籍も大きいのですが、いずれにせよタイガースのこの年代の選手は『薄いっ!』

この年代の選手層自体、そもそも薄いのです。
中期的ビジョンにおいて、結果的には物足りませんね。

まぁ・・・野原選手や森田選手の伸び悩み、高濱選手が奪われたこと・・・
すんだことを言っても仕方がありませんが・・・

もう少しすれば・・・
高山選手や原口選手、中谷選手、大山選手らが中堅と呼ばれる域に達したら・・・・
これはこれでかなり楽しみですけどね。

そういう意味で、金本監督は『目先』を考えつつ、『中期的ビジョン』も見据えてる?
(結果論かもしれませんが・・・・・兄貴、失礼しました)

まずは中堅が頑張ること。
薄い部分は、若手と呼ばれる選手が補っていくこと・・・
ハードルは高いけど、私は期待します。

ベテラン3人を頼りにしつつ、『当て』にしては息切れしますよ。
必要な戦力であることは、間違いないことですけどね。

昨日、能見投手、岩田投手を頼りにするのではなく・・・と書きましたが、
打撃面においても、すべてとはいいませんが、当てはまる部分があるのではないかと考えます。

福留選手を4番に据えざるおえない打線から、ロサリオ選手を4番に据えて戦い続けること。
これができれば・・・
額面通り、本塁打を打ってくれなければよいのですが・・・。

カープのように4番を日本人選手で固定、エルドレッド選手よろしく、
ロサリオ選手を5,6番と考えている方もいるかもね。(それも一つの選択肢)

俊介選手や上本選手が主軸を打てるとは思いませんが、彼らの活躍は必須だと思います。
まぁ、『上本3番』は以前、考えたことはあるのですけどね。

4番の前後と、1,2番の組み方・・・
特に鳥谷選手の打順って、私は重要だと思っています。

まずは、攻撃面のベースとなる話・・・駆け足で書きました。

いずれにせよ、ロサリを選手を柱にしなければなりません。
そのために獲得したのですから・・・
ゴメス選手以上でなければ・・・どうしてもそう、期待してしまいますね。

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加