ぼくらの日記絵・絵心伝心 

日々の出来事や心境を絵日記風に伝えるジャーナリズム。上手下手は問題外。絵を媒介に、落ち着いて、伝え、語ることが目的です。

スナップ絵

2016年11月26日 | 日記

 タイム誌の最新号11月28日~12月5日、のカバー記事は、「時代を通し、最も影響を与えた写真」・・・THE MOST INFLUENTIAL PHOTOS OF ALL TIME。 最近、タイム社が発行した「100点の写真」という本のPRのようにも思えるのだが、曰く、写真が1826年に誕生してから、人間は膨大な写真を残してきた。そのなかで様々な分野で重要な役割を果たした100点を選び出した。・・・そして、今やデジタル技術が進み、すべての人が写真家である。

 ところで、先日11月20日(日)、誘われて、鎌倉へ神社仏閣巡り、そしてハイキングにでかけた。メンバーは6名。季節もよく、小春日和で、観光名所は大変な人出。寺院などの見所では、人が集まり、携帯などでさかんにカメラをむけている。

 僕は、旅行に出る時などは、スケッチブックを携帯することがよくある。今回は、ハガキ2枚分の小型サイズのもの。団体旅行なので、行動を乱さないようにほんのわずかな時間、1~3分で、外形だけスケッチする。対象を記憶に残しておいて帰ってから、呼び戻し仕上げる。それで15枚描いた。

 絵も写真も、旅先でいいなと思った景色などがあれば、それを平面に残すということでは同じだが、絵では「記憶に残す」というプロセスが加わる。もともと絵を書くことが目的の旅であれば、写真をとりそれを見ながら絵を仕上げることもあるが、今回は、いうなれば、スナップ写真ならぬスナップ絵といえる。 

 以前、このブログで、絵の楽しみ方には、好きな絵の模写があると書きましたが、外出先などでスナップ絵を描くのは、対象をより観察することが出来、また楽しいものです。

 絵は、タイム誌の写真を絵にしたもの。ミルクの滴が水面に落ちた時できる波形の連続写真の一枚(1957年撮影)。

     2016年11月25日  岩下賢治

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私は新聞を読まない | トップ | 皇居でカイツブリを観る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。