なんでもアラカルト

エッセイ・イラストを対等に扱ったまったく新規な本の出版に関連する記事(Daily)

波乱の一日が終わった

2016-10-31 07:14:19 | Weblog
昨日、波乱の一日が終わった。

数学検定3級の受験のために、新横浜会場に正午過ぎに到着した。
新横浜で降りるのは、乗り換えの2回を除けば初めてである。

会場には、1級から11級までの、受験生数百人がビルの5フロアーに分かれ、私の4階には5部屋100名以上の受験生が集合し、緊張感溢れる雰囲気で、テストスタートを待っていた。
私の隣は、どう見ても中学生で、間違いなく孫と同世代が、大半を占め、所謂大人は数名しか居なかったし、当然私は最高齢の部類に入っていたのであろう!

1次試験は終了時間前に会場を出るだけの余裕があったが、2次試験は終了10分前まで粘って、熟考を繰り返した。
最後まで、その正解には自信が無かったが、今朝がた、誤答をしてしまったことが判明した。
これで、パーフェクトを狙った夢は途絶えてしまったが、合格ラインは余裕で超えたことは確かだと自負している。

さて、昨日は、それ以外に本当にいろんなことがあった。

同時に違う会場で算数検定8級を受験した小五孫は、満点は難しそうだが、合格は間違いないだろうと言う親である長女からのメールで分かり、ちょっとホッとしている。

それよりも、驚いたのは、新横浜から乗車したJR横浜線で、乗換駅の町田で下車しようとして、私のすぐ前に居た乗客がホームに顔面から倒れ、意識はあるものの出血が酷く、列車は止まったまま、救急隊が来るまでの介護のサポートを駅員3名と共に行うことになったことで有る。
それにしても、比較的冷静に転倒者に対応できたことに、自己満足しているが、駅員の対応には当事者らしくない雰囲気を感じて、不満が残った。
帰宅後、念のために、松田署に電話連絡して、必要が有れば、現場に居合わせた当事者として証言しても良い旨を話したが、もう一つ緊迫感が無いのにはがっかりした。
先日、山北で開催された防犯セミナーに同席していた松田署の言っていたことと行動が伴っていないことに、失望感を抱いたものである。

もう一つは、中二孫からのメール連絡で、柔道の試合で4本一本勝ちをしたという朗報を聞いてちょっと和んだ気持ちで終わることが出来た。

実に波乱に満ちた一日であった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寺子屋まつだで子供の疑問を... | トップ | 「なんでもアラカルト」20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL