やつはしのKOREA②

旅行とK-POPと・・・仕事の愚痴

沖縄旅行

2017-06-17 15:20:26 | 旅行記
今週半ばに沖縄旅行から帰ってきました
晴れたのは初日だけで、その後は曇りor雨・・・最終日に至っては豪雨
梅雨の時期だから仕方ないと思っていたので、臨機応変に予定を変えてそれなりに楽しむことが出来ました
1番楽しかったのは、王道の『美ら海水族館』
ジンベイザメがいる巨大水槽がヤバかった~1日いれると思いましたもん
あとは国際通りをブラブラしたり、首里城に行ったり、初めての沖縄を満喫
晴れていたらもっとキレイだったんだろうなと思いますが、曇りでも十分に沖縄の海はキレイでした
あとの楽しみと言えば、食事
この旅行中はだいぶ制限を緩くしてもらって、いろいろ食べました~
ソーキそば、ゴーヤチャンプルー、海ぶどう、サーターアンダギー、タコライス、かき氷にブルーシールアイスetc...
全部美味しかったな~
ソーキは少しだけにするとか、サーターアンダギーは2口だけにするとか、アイスはシャーベット系にするとか、ちゃんとその辺は自分で調整しました。
あとは朝食を和食にするというのを徹底したり。(ママンのエッグベネディクトを2口くらいもらったけど
ちなみに、ホテルの連泊特典でディナーが頂けたのですが、それがハンバーグ一択だったので・・・久々にガッツリ洋食にチャレンジ
全部食べてやりました
結果・・・次の日のおなか様の具合はそんなによろしくなく、やっぱりダメなんだな~と実感
旅行中は自由に食事させてもらったので、家に帰ってきてからはこれまで通りの節制生活
おかげで1.5kg増えた体重も、順調に戻ってます
体も緊張感が解けたのか、あんまり調子が良くない・・・
旅行中に体調を崩さずに済んで良かったけど、必ずどこかで調整が入るのですね(苦笑)
久々に食べたいものを食べれて嬉しかったし、後悔はしていません
いつも我慢してるから、こういう時くらいは日頃のストレス発散
食の我慢から解放されたからか、毎日(特に夜)薬を飲むことを忘れたりも(苦笑)
すかさずママンに指摘されるので、実際の飲み忘れはないですよ!(こういうときのママンは鋭いのだ・笑)

さて、初の沖縄でしたが、また行きたいかと言われると???(爆)
正直言っちゃうとね・・・ハワイの圧勝なんですよ
なんてったって、湿気がイヤー(沖縄に限ったことじゃないけど)
はー、次はやっぱりハワイに行きたーい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デビューショーケース

2017-06-07 23:43:17 | K-POP
今日はCBXのショーケースでしたね。
私は休みだったので、近い場所なら行ってみようかな~と前々から思っていました(もちろん優先エリアの抽選はハズレてます)。
・・・が、場所の告知前から2000人とか集まってるって知って、即諦め
LINE LIVEで生中継(一部だけど)もあったし、結果行かなくて良かったな~って感想です(苦笑)
行った方のレポとか見ても「後ろからギュウギュウ押された」とか「全然見えなかった」とあったのでね。
しかも、今日に限って私のおなか様の調子も悪かったし、何時間も待ってられないと判断。
旅行も控えてるし、今体調を崩すわけにはいかないので、家で大人しくしてました

で、肝心のショーケースの内容ですが。
『Girl Problems』をやってくれたのが嬉しかった
今回のアルバムの中で1番好きな曲
最初の『Hey Mama!』の後に『The One』『Cherish』が続いた時には、“なんで今回のアルバムの収録曲を歌わない?もしやガルアワと同じ曲目しかやらない?”って焦ったよ
だから、『Girl Problems』が来て安心した
この曲って日本人の私からしても、難しい日本語オンパレードだし、リズムが早くて発音も大変だと思うのです。
それをよく歌いこなしてるな~って感心するわ
もう1曲同じくらい好きなのが、『Diamond Crystal』
向こうのアルバムにはバラードが入ってなかったので、私待望の王道バラード
やっぱりジョンデの歌声を堪能するには、バラードがもってこいだと思うのですよ
今回はジョンデがチラッと歌ってくれましたが、いつか生&フルで聴きたいな~
ショーケース最後はタイトル曲の『Ka-CHING!』で〆。
最近は聴き慣れて違和感がだいぶ減ってきました

今回、歌以外で気になったことがありましてね。
曲の合間のMCで、しうちゃんがバックダンサーさんについて話をしたんですよ。
バックダンサーさんたちが親切にしてくれてるっていう話を。
今回のCBX活動ではトンペンにはおなじみ“東方神起ダンサーズの50さん”がバックダンサーについてるんですね。
EXOペンちゃんたちには“誰よ?”って話でしょうが
トンペンにとっては信頼をおける方なので、CBXも安心だわって勝手に思ってます
こういうコメントを入れてくるしうちゃんも東方神起を踏襲してくれてるのかな?って感じで嬉しい
(私が勝手に思ってるだけだけど
まぁ、EXOにはバックダンサーがいないから、CBX活動ならではのコメントなわけで新鮮さもありますね

さて、フリーライブなんて貴重な機会はもう2度とないかもしれないけど・・・
次は有料のライブでお願いしたい
相変わらずavexの運営はクソだなっとつくづく思った(最後に毒)



話を変えて、前回の病院の話。
ただ単に自分の為に記録を残しておくだけなので、興味のない方はどうぞスルーで。
今回は父の運転する車で病院へGO
いざというときの為に道を知っておきたいとのことで(そういう事態にならないように願ってるけど)
時間は1時間半かからないくらいだったかな?
だいぶ時間に余裕をもって家を出たから、診察時間まで1時間以上ある。
しかも前回同様に時間が押してるので、採血だけを済ませたあと、両親を連れてコリアンタウンまで散策に行きましたよ。
大学時代以来のコリアンタウン、「こんなんだったっけな~」と思いながら、ひたすら歩く
ホットクもトッポギもチヂミも食事制限のある私には食べられないし・・・
スーパーを覗いて、レトルトの参鶏湯を買っただけで病院へ舞い戻る。
この日は1時間半押しでやっと診察開始。
この1ヶ月で出てきた疑問質問や要望を先生に聞いてもらう。
①GWの高熱は病気から来るものなのか?おなかの症状(腹痛や下痢等)が出てなければ風邪とのこと。今の私の病状からすると病気から来る熱はないと思うとのこと。
②処方薬や市販薬で飲んではいけない薬はあるの?基本的には飲んではいけない薬はないとのこと。風邪などなら普通の病院を受診して薬をもらっても大丈夫。おなかの症状が伴うときだけはこの病院を受診してとのこと。
③薬を小さくしてほしい500mg6錠から250mg12錠にしてもらって、錠剤が小さくなりました。数は倍になったけど飲み易さが全然違う500mgのは本当に飲み込みづらくて、何回もトライするうちに口の中で薬が溶け出す&大量の水を摂取しなくちゃで大変だったー。思い切って先生に相談して良かったな。この先どれだけ飲み続けていくのか分からない薬だから、早めに手を打っとかないと。
この変更で1日に飲む薬は19錠になったよーバックに入れてるお薬ポーチもパンパン(苦笑)

血液検査の結果では、薬が効いて症状が改善されてるとのこと。
・アルブミン(栄養状態を測る値)は基準値以下だけど、前回よりは若干改善。
・CRP(炎症具合を測る値)は基準値内へ(前回1.7→0.3)
・貧血は継続中。ヘモグロビン値があがらない・・・
薬を飲み始めてから、腹痛もほぼ起らなくなったし、下痢もほぼ無くなった。
GWの高熱を除けば、この1ヶ月間の体調はだいぶ安定していました。
仕事終わりの倦怠感なんかはまだあるけど、休日には長時間でなければ出かけるのも大丈夫なくらいに回復。
また今月末に受診なので、それまで何も起こらないことを願ってます。
とりあえず旅行で体調崩さなければいいな~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恒例の話

2017-05-19 23:57:10 | 私事
なんだか最近は天気が安定しなくて変な感じですね
気温の変動も激しくて体調管理に気を遣います
特にこの土日は暑くなるみたいで憂鬱だなぁ
先月からの新習慣で、毎日の食事メニュー&体重&体温を記録に残すことにしたのですが、また体温が上がり始めてるので少し心配。。。
子供のころから平熱は35度台だった私なのに、最近はずーっと37度周辺
疲れを残さないように睡眠時間も多くとっているし、休日も生活リズムを崩さないように気を付けているんだけどな。
そうそう、今の服薬のタイミングが朝晩で、休日もちゃんと早起きして朝食を摂るようになったので、お昼まで寝るということが出来なくなりました
まぁ、2度寝?だったり、お昼寝したりして別の方法で楽しんでるんですけどね(笑)
あとは、体重を落とさないように毎日きっちり管理してます
まさか痩せちゃダメ(むしろもうちょっと太らなきゃ!)なんて思う日がくるなんて不思議な感じ
これまでは毎日痩せなきゃと思ってたのにね
私の腸は常に消化不良の状態なので、少しでも多く栄養を吸収してもらえるように頑張って食べてます
特に炭水化物
夕食にご飯をお茶碗1杯食べて、そのあとに食パン1枚とか食べたりするから、ママンにビックリされます
ただ、これだけ食べても体重は横ばいを続けてるので、この病気の難しさを感じますね。
しかし体重が減って良いことももちろんあります
まず体が軽いったらありゃしない
歩いてても体が楽です(笑)逆に今までが重すぎたなってひしひしと感じてます
それと会社の制服のスカートが苦しくない(笑)アジャスター機能を使わないで済むなんて、新入社員のころ以来かもしれないもん
今までパツパツだったパンツのウエストや太もも部分も大分ブカブカになって、新しく買う服はワンサイズ小さくしようか迷うくらい体型も変わったかな。
とりあえず今は体重を減らさずキープするように頑張ります


さて、恒例の今年の旅行について
今年は連休が2回取れるので、春と秋にしようと考えています
で、最初の旅行先は・・・沖縄
今年に入ってから海外も含めていろいろ検討していたのですが、3月に病気の疑いが発覚したので一旦白紙に。
病状によっては最悪延期かな~とも思っていたのですが、投薬だけでなんとかなりそうなので、思い切って行ってみるゾ
日常生活を送っているとどうしても頭が病気の事で支配されてしまうので、気分転換という意味でも旅行したいなという気持ちです。
食事制限にも超厳しいママンには反対されるかな~と思ったけど、意外にも父が「お父さんも行きたい!!」と一番ノリ気で(笑)あっさりとOK出ました
まだまだ病気について分からないことも多いし、体調もイマイチ安定しないので、安心をとって今回は国内旅行。
一番不安な食事だって、日本ならコンビニのおにぎりがあるし、スーパーなどで調達してもいいし、色々な手段がある。
もし病院にかかる事態になったとしても、言葉が通じるっていうのが重要になってくるし。
病気になっていなかったら、2回とも海外に行くつもりだったけど仕方なく断念。
まずは病気と上手く付き合えるようになってから、海外に行くつもりです。
秋には体調も安定して、海外に行けるといいな~

沖縄旅行に話を戻すと・・・
私と父は初沖縄ママンは2回目。
私の希望でホテルはリゾート地にして、体調をみながらムリなく過ごす予定
とりあえず最低限行きたいのは『美ら海水族館』と『首里城』くらいなので
あとはレンタカーでぶらぶらするんでしょう
今回は父がいるので、レンタカーの運転手が確保できて良かった
ちなみに私は後部座席で大人しくしているつもりです
旅行は来月なので、これから行きたい場所など予定を考えなくちゃ

さあ、今日はこれからCBXが日本のテレビで歌を披露しますよ~
EXOちゃんは日本の音楽番組に出ないからね、貴重な映像になりそうです
あ、余談だけど、今日のミューバンのジョンデとベッキョンがイケメンすぎて最高でした
『Hey Mama!』の活動時、ジョンデは前髪なかったからね
しうちゃんはパーマが似合ってて良かったんだけど衣装のテイストが2人と違いすぎて「なぜ?」ってなったよね
(しうちゃんに罪はない
そういえば、CBXの日本アルバムはダイジェストを聴く限り、タイトル曲より断然他の曲の方が好きな予感しかない(笑)
CBXの方向性とかを考えるとあれがタイトル曲なのは分からなくもないけどさ・・・。
何はともあれ、来週の発売をお待ちしてます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GWの死闘

2017-05-13 23:52:18 | 私事
みなさま、楽しいGWをお過ごしになられたでしょうか
もう1週間前の話ですが
私はせっかくの連休だというのに・・・高熱との死闘を繰りひろげていました

それは突然、5月2日の夜にやってきた(笑)
仕事から帰ってきて、茶の間のホットカーペットの上でゴロゴロしていた私。
ママンから「夕飯が出来たよ~」の声が聞こえたんだけど、寒気がしてホットカーペット上から離れられない。
嫌な予感・・・と思いながら熱を測ると38.4度
3日前くらいから微熱があって気になってはいたんだけど、例の病気で発熱することはよくあるらしいのでそれなんだろうなと思っていたんです。まさかここまで上がるとは思わず。。。
そんなんで、食事もそこそこにベッドへ。
寒気がするので、湯たんぽやらお湯を入れたペットボトルやら総動員でまずは体を温める。
熱が上がり切ったところで、今度は逆に氷枕や冷えピタ・保冷剤などで徹底的に冷やす。
ずっとこの繰り返し。
クローン病患者は市販薬も気軽に飲めないので、ひたすら寝るのみ
ところが、2日目になっても3日目になっても熱が下がるどころか、39度9分まで上昇
さすがに4日目には休日診療で病院にかかりました。
事前に電話で持病のことを話して診てもらえることになったのですが、いざ行ってみたら先生が「僕の専門は呼吸器なので分かりません」を連発してイラッ
だからこっちだって事前に確認しただろが!って思ったわ。診れないなら、その時に言えや
とりあえず1番弱い解熱剤を処方してもらって帰宅。
ちなみにインフルエンザは陰性でした。

解熱剤で一時的には熱が下がるけど、効果が切れると高熱再び。
その日の夜には人生で初めて40度を経験しました
5日目も下がっては上がってを繰り返してましたが、夜になってやっと36度後半に落ち着く。
が、反動なのか今度は片頭痛に襲われる
眠れなくて辛かった~。
何度かウトウトしていたけど、明け方4時に恐れていた寒気が襲って来て、隣で寝ていたママンを起こして湯たんぽやらを用意してもらう。
また38度台に逆戻り
この日から仕事だったのだけど、この時点で諦めてたよね(苦笑)
結局仕事はお休みをもらって、1日ぼーっとしてました。
午後には熱も落ち着いて36度台へ。片頭痛だけが治らない

翌朝はいつもの時間に起きるとまた37度後半まで上がっていたのだけど、どうしてもこの日は仕事に行かなくちゃで午後から出勤にしてもらった。
体を冷やしながら1時間ほど寝たら36度台まで下がっていたので、予定通り仕事へ。
やっぱりな感じで仕事が溜まっていたので、マッハで仕事をこなす。
ばっちり残業までしてしまった。
私の場合、集中していると自覚は無くてもムリしてしまうので、帰りの車の中(親に迎えに来てもらった)ではぐったり。
その後も残業続きで疲れる毎日。
今日はお休みでやっと体調が戻って来た感じです。


思い返せば、4月に診断が出てから、心身ともに疲れていたんだと思う。
休みの度に病院通いをしたり、食生活が変わって体重が落ちたり、病気だって自覚してからの体の変化に悩まされたり。
病気を理由にして周りに迷惑かけちゃいけないって気持ちになっていて、仕事も頑張りすぎてしまったり、体力が低下してるのに認めたくなくて無理に出かけてみたり。。。
そんなのが重なって、連休を前に体が限界を超えたのかな。
うまい具合にGWに被せてくるのが憎いよ、私の体
先輩後輩との食事会も、買い物の予定もキャンセル
高熱との闘いのみでGWは終わりました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私事

2017-04-23 00:58:34 | 私事
3月は一度もブログを更新することなく終わってしまいました。
いろんなことがあったんだけど、気力もなく、毎日を過ごすことだけで結構いっぱいいっぱいな日々でした。
ある出来事があって、毎日そのことばっかり考えてました。
その時々の気持ちをブログに残しておきたいなぁ・・・と思いながら、パソコンを開く気にもならず。
今となっては、精神的に結構やられていたな~という印象です(苦笑)
4月も後半の今は、わりと心も落ち着いて、私としては珍しくポジティブ思考です(笑)
でも、かれこれ1ヶ月も時間が経過して、そろそろ記憶も曖昧になりそうなので、私の身に起こったことを頑張って文字にしてみます。
内容としてはネガティブな話題ですので、嫌な方は今のうちにUターンしてください
そして、相変わらず超大作です(苦笑)







ある出来事とは、「クローン病」と診断されたことです。
ネット社会の現代ですので、この病気の詳しい説明は省略しますが、腸をはじめとする消化器に炎症が起こる病気です。
原因も不明、完治する治療法も見つかっていなく、国の難病指定を受けています。

私が病院を受診するきっかけとなったのは、半年以上続く下痢の症状でした。
毎日1~2回だったので日常生活に大した障害は無かったので、病院行きは先延ばしにしていたのです。
だけど、3月の初めになんとなく「病院に行こう」って思い立ったんですよね(今思えば、体がいい加減にしろ!と警告をくれたんだと思います)
ここから時系列に書いていきますね。

<3月8日(水)>
家からちょっと遠いけど胃腸科で女医さんのいる病院を受診しました。
そこで下痢の原因を調べるために、大腸内視鏡検査をしましょうという話になり、22日に検査の予約を入れてその日は帰宅。


<3月11~12日ごろ>
みぞおちあたりが痛くなる。
このころからお粥などのおなかに優しい食事を始める。

<3月14日(火)>
みぞおち痛がおさまらないので、胃カメラもしてみようかと、自宅近くのかかりつけの病院へ。
実は大腸内視鏡検査をしてもらう病院で同日に胃カメラもしたかったのですが、両方の検査を出来る日が決まっていて、私は休暇が合わず胃カメラは諦めたんです。
でも、下痢の原因が胃にあるかもしれないと思って、かかりつけ病院でやっていただくことに。
25日に予約を入れてもらう。
それと同時に、会社の健康診断の結果で貧血が悪化していたので、その血液検査もやってもらって帰宅。


<3月21日(火)>
大腸内視鏡検査を明日に控えて、この日は3食とも病院からもらった検査食。
お粥やらスープカレーやら、美味しいものではなかった(苦笑)
でも量はたっぷりで、仕事だったけど腹持ちはバッチリでした。
夕食後に処方された下剤を飲んで就寝。

<3月22日(水)>
今日は絶食で、朝7時から2リットルもの下剤を飲みます。
検査は13時45分からですが、電車に乗る時間も考慮して、この時間から飲み始めました(看護師さんのアドバイス)。
この下剤がマズくって指定された飲むペースを守れず(苦笑)
下剤を飲んでお茶で口をリフレッシュして・・・を繰り返して、何とか1リットル。。。
看護師さんが電話をくれて、「順調に飲めてますか?」と。
さらに「検査が早く始められそうなので、13時に来てもらって大丈夫ですよー」とのことでした。
1.5リットル近く飲んだ時点で、もういいだろうと判断(時間は11時前くらい)
毎日消化にいいものを食べていたので、割りときれいになるのは早かった印象です。
11時半ごろ家を出て、心配だった電車移動も無事に乗り切り、13時前に病院へ。
検査着に着替えて部屋に入ると、すぐに先生登場。
看護師さんが点滴と鎮静剤の注射をすると、もう検査開始。
カメラが腸で動いてる違和感が半端なくて、鎮静剤入れてもらったけど意識バッチリ(苦笑)
最初は目を瞑っていたけど、途中からはモニターで自分の腸内を見ていました。
組織を何か所か切り取りましたが、さすがにそこは見る勇気が無かったですが。
最後の方で先生が「ちょっと痛いかも・・」って言ったところは、素人な自分が見ても正常な腸とは違うなって分かった。
白い斑点がところどころ見えて、「良くないんだろうな~、下痢が続くくらいだし」って思ってました。
カメラが抜かれ、看護師さんにあと処理をしてもらってる中で、先生が撮影した写真を見せながら説明を始めました。
「クローン病の疑いがあります」・・・真っ先に言われた一言。
私もいろんな腸の病気についてはネットで情報を仕入れていましたが、症状が下痢だけだったので、クローン病ではないね!とすっ飛ばしていた病気でした。だからクローン病って言われても具体的にどんな病気なのか見当がつかなかった。
私が支度を整える間に、先生は一緒に来ていた母に結果を説明してくれていました。
生検の結果が2週間後に出るので、また来てくださいと言われ、会計を済ませて帰宅。
駅までの道を歩きながら、母は相当ショックを受けてると見えました。
反対に、私は下痢の原因が突き止められて良かったなという気持ちでした。
クローン病については、まだ「疑い」の段階であったし。
ガンだったらどうしよう?ってところまで考えていたので、ガンでなかっただけでも良かったという気持ちだったんです。

<3月25日(土)>
かかりつけ病院で胃カメラの日。
検査前の診察でクローン病の疑いがあると言われたことを担当医に伝えました。
前の患者さんの検査が長引いていて、30分以上遅れて検査開始。
今回は鼻からの胃カメラ。
これが超ツラかった・・・。泣いたもん(苦笑)
絶対先生が下手だったんだよ。前回は副院長に口から胃カメラやってもらったけど、一切ツラくなかったもん!
そんなんで胃カメラに苦手意識なかった私なのに、今回ので完全トラウマになった。。。
で、結果は慢性胃炎からの萎縮性胃炎。「若いのに胃が結構荒れてるね~、可哀想に」って先生に言われた(汗)
案の定ピロリ菌がいました。
クローン病だった場合、今後いろんな検査があるだろうから、除菌はそのあとでいいのでは?との話になり、一旦保留。
あとは食道に軽いヘルニアがあるねと言われたけど・・・どうするべきなのか???
クローン病の所見があるとも言われなかったので、胃は大丈夫かな。
※ちなみに、この先生に大腸の写真を見せたところ、典型的なクローン病の所見ではないね・・・と言っていました。
母はここでちょっと希望を持ってしまった感がありましたかね。

この日の午後は、新しい相棒の納車だったんです。
検査のあとだったけど、調子も悪くなかったので父と一緒に引き取りに行ってきました
契約の時は1ヶ月足らずでこんな事態になってるとは思ってなかったよ(苦笑)

<4月5日(水)>
生検の結果を聞きに胃腸科の病院へ。
「クローン病で間違いありません」との診断でした。
私は常に最悪の事態を想定する性格なので、ある程度覚悟はしていましたけどね・・・
それでも、いざ面と向かって言われた時には、結構なショックでした。涙目だったもの(苦笑)
疑いがあると言われた時から、ネットでいろいろ調べたので、大変な病気だってことも分かっていたし余計にね。
この病院ではこれ以上の詳しい検査は出来ないとのことなので、先生の知り合いの専門医がいる都内の病院への紹介状を書いてもらい帰宅。

<4月12日(水)>
都内の病院へ。
事前に電話連絡をした際に、無理を言って先生の時間外に見てもらうことに。
私よりも少し年上とみられる女医さんでしたが、こちらの話をよく聞いてくれるし、これからの検査のことや現段階で考えている治療法などを丁寧に説明してくれ、こちらが安心できるように配慮してくださいました。
この日は問診と、小腸造影検査の予約をして帰宅。

<4月19日(水)>
11時から小腸造影検査で、その前に採血の指示も出ていたので、9時45分には病院入り。
さすが大きい病院だけあって、採血を専門にやる人だけで3人!
私は4本も血を抜かれましたが、全然痛くなかったわ。
さてメインイベントの小腸造影検査。
鼻からチューブを入れて小腸に直接バリウムを流し入れ、いろんな角度からレントゲンを撮る検査です。
いろんな人のブログなどで一番嫌いと言われることの多い検査。
技師さんも「好まれない検査です(苦笑)」とおっしゃっていました。
先日の胃カメラで鼻からの検査にトラウマが出来た私。。。
この時もチューブ挿入の違和感に泣きましたわ(苦笑)
胃カメラの時ほどじゃなかったけど。
でも、そこさえクリアできれば、レントゲン撮影自体は思ってたほど苦じゃなかったかな。
うつ伏せになって!やら、左斜めで止まって!とか不思議な体勢を求められたり、機械におなかを圧迫されたりしたけどね。
チューブから空気が送られるので、おなかが張るのはツライけど。
撮影が終わってチューブが抜かれた時はホッとしたわ。
着替えを済ませて待合室に戻ったのは11時40分。
1時間~1時間半かかる検査だと説明を受けていたので、早く終わってビックリ。

午後の診察まで時間があるので、病院に入ってるコンビニのイートインでお昼ご飯
前日の夕飯後から絶食だったので、おなか減ってた。
うめおにぎりとクラムチャウダースープでおなかを満たす。

予約した診察時間に待合室へ行くも、午前中の診察が押していて、結局1時間遅れで診察開始。
検査結果を聞くと、小腸にも炎症・潰瘍が見られるとのこと。。。
大腸だけで済んでくれていたら良いな・・・と思っていたのだけど、そうは上手く行きませんね。
しかし、先生がレントゲン画像を見せながら、ここに炎症が・・・とか説明してくれるのだけど、母と2人とも分からなくてポカーン(苦笑)
画像が複雑すぎて分からなかった。。。
幸いにもクローン病としては軽症とのことで、薬で様子を見ましょうということになりました。

母が先生に食事について聞くと、「栄養士さんと話をしますか?」という提案を頂き、急遽栄養指導をしてもらえることに。
栄養士さんの話を聞けて本当に良かったです。
「インターネットに載っている情報は間違っていることが多いです!」と力説されるだけあって(笑)、間違って実践していたことも多く、
私の食べれるものの幅が広がって良かった
「あれもダメ!これもダメ!」って思っていたけど、「これは良いよ!あれも大丈夫!」って逆の反応が返って来たので嬉しい☆
一般的にダメと言われているものも「チョコレートは安いのはダメ!食べるならカカオ70%とか高いものを少量ね」とか「コーヒー飲むなら食後で、砂糖も牛乳も入れてください(牛乳の脂肪が気になる場合は、低脂肪や無脂肪にしてね)。ただしコーヒーミルクは絶対にダメ!」と具体的に教えてくれるので参考にしやすかったり。
「食べれないというストレスも病気に良くないので、食べたいときは食べていいんです♪そのあとの食事を優しいものにするとか、そうやって調整すればいいんですよ。」という言葉も沁みますね(笑)もちろん体調と相談しながらですけど。
実はこの1ヶ月で5㎏以上も体重が減ったんですよね。
魚中心の和食に変えたからというのもあるけど、食事量も減ってしまい、さすがにこの減り方はヤバイと思っていたのです。
これからは指導を守りながら、ストレスを溜めこまない程度に頑張って食べよう!


1日がかりの病院を後にし、最後に薬局へ寄って、薬をもらいます。
予想していたけど、1ヶ月分の大量の薬を目の前にドヨ~ン。。。
1日13錠も飲まなくちゃいけない&錠剤が大きくて飲みづらい・・・薬嫌いの私にはとんでもない試練です。
先生は顆粒の薬を処方しようとしたのだけど、「私は錠剤しか飲めないんです」と我が儘を言ったので、粒が大きかろうが量が多かろうが飲まないと。。。
これから一生薬を飲まなくちゃいけないのかな・・・と憂鬱な気分になりますが、この病気の研究が進んだらいいなという希望を持って治療していきます!
次の診察は約1ヶ月後。ようやく先月からの病院通いの日々に終止符です


この病気になって、いろいろ思うこと、考えること、実際に感じること・・・・・本当にたくさんありました。
予想できないタイミングでの腹痛・トイレ問題、倦怠感など・・・自分の体をコントロール出来ないことが恐怖です。
仕事面では、最近は発症前よりも早起きして万全の体勢を整えてから出勤しています。
それでも、仕事中に腹痛が起きたり、体がだるかったり熱っぽかったりして仕事に集中できなかったり・・・
今のところ仕事に影響はでていないと思っていますが、この先どうなってしまうんだろう?
仕事に支障が出るようになったら?いつか続けられなくなる時が来たら?
考えてもしょうがないことは分かっていても、いろいろ考えてしまいますよね。

食事面では、母に大きな負担をかけていることが気がかり。
惣菜や冷凍食品、コンビニ商品、外食は脂質の多いものばかりなので、必然と手作りの食事になってしまいます。
使える食材も調理法も制限があるので、メニューを考えるのも一苦労。
普段仕事があるからと甘えっぱなしなので、これを機に自分でも料理の勉強をしなければなと思ってます。
それと、外食できるお店が限られてくる点もツライ。
実際、会社の同僚たちとご飯に行こうとしても、私の食べるものがありそうなお店をチョイスします。
仲が良く病気のことを理解してくれている人は快くOKしてくれますが・・・こちらとしては心苦しいところがあります。
なので、病気のことを知らない人との飲み会などは断るようにしています。
あと、コンビニに寄っても買えるものが全然なくて悲しい思いをしたり。
(世の中にはこんなに脂質が溢れてるんだなって初めて知った・苦笑)
大好きだったスナック菓子も、辛いものも、揚げ物も、ラーメンも今は食べられない。。。
でも自分の体のことを考えれば、今のところ我慢できています。これからどんどん食べたくなるのかなぁ?(笑)

休みの日の過ごし方についても、ガラリと変わってしまいました。
私の場合は、なぜか休みの方が体調が悪くなります
きっと仕事の日は気が張っているのでしょうね。
その反動なのか、仕事から帰ってくるとすぐ横になりたくなる。
横にならないとお風呂に入る気力さえ起らない。
倦怠感もあるけど、体重減少の影響なのか体力の低下を感じます。
こんな感じなので、休日も基本的にはじーっとしてます(苦笑)
スーパーに行っただけでも貧血起こしたり、具合が悪くなることが続いたので最近は出かけるのもちょっとした恐怖。
この先、家族や友達と出かけたり、好きなアーティストのLIVEに参加したりできるのかな?って不安です。


今は軽症なので生活に支障が出ることは少ないけれど、一生付き合っていかなければならない病気なだけに、考えるほどにいろいろ不安になります。
今でも「なんで私が・・・」って思うこともあります。でも早くこんな自分を受け入れて、いろいろ試行錯誤しながら上手く病気と付き合って行けるようにしたいです。
これ以上悪化させないように、ちゃんと定期的に通院して、薬を飲んで、食事に気を付けて生活していきたいと思ってます。
そして、研究が進んで、完治する治療法が見つかるよう切に願っています。

最後に。
私が最初にかかった胃腸科病院の先生。先生が大腸の病気を専門としていたから、私は早期にクローン病という診断がつきました。
もし最初に自宅近くのかかりつけ病院の内科を受診していたら、おそらく違った診断だったと思います(胃カメラをやってもらった先生はかなりクローン病であることに疑問を持っていたので・苦笑)。
胃腸科の先生のおかげで、この病気を多く診てきた都内の病院を紹介してもらえたし、早期に適切な治療を始められました。
クローン病という診断がつくまでに長い期間かかった人も多いと聞くので、私はその点ラッキーだったなと思っています。
各病院の先生方、家族、友達、会社の人たち・・・私はたくさんの人に支援してもらえなければ、これからの生活を送ることは出来ません。
いろんな面で迷惑もたくさんかけてしまいます。
だから支えを当たり前と思わずに、体調管理など自分が出来ることはしっかりやって、なるべく周りに負担や迷惑をかけないように心掛けないと!
ただし病気が悪化しないようにほどほどにね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加