trushbox

コンセプト・デザイン 再構築中。。。

ピコ太郎。

2016-10-11 12:59:53 | Free

今話題のピコ太郎さんの。

PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)


今回は音楽ネタだけど

敢えて流行ってるので動画は上げない。(笑)


ツイッターでアメリカの有名な歌手

ジャスティンビーバーさんが紹介して

瞬く間に世界に拡散。現在YouTubeの公式サイトで900万回再生と。

何かと話題になっている。


芸人の古坂大魔王さん?と思しき

怪しい服装で踊ってる1分弱のこの曲。


確かにインパクトもあって。

アタマに残るし。

まあネタとしても。世界に通じやすいかな?と。(笑)


ただまあまだ現在この1曲。

1分弱の曲のインパクト勝負って感じなので。

曲の分数の如く。インパクトも短くないコトのみ願うばかりでは?と。(笑)


曲の作り込みとか。

歌詞(ネタ)としてそんなに『 深み 』ってのはない。

インパクトとしては。。。

あぁ・・・こういうキリコミクチもあったのねーって

強烈にはあるなと。(笑)


ソコはすごいかねと。


一過性で終わらないためには。

深みを手に入れぬと。。。

少し後に。そういえばあったよねー的に。

ラッ○ンゴレライーとかね。。。((*≧艸≦)ププ…ッっ(笑)


あれもインパクト勝負だった要素あったしねと。(笑)


まあこのネタの話でひとつ思い出した。


もうお亡くなりになってるケドも。

かの有名だった立川談志師匠が生前。

ドリフのいかりや長介さんとのお酒飲みながらの対談があった。


動画サイトに多分あると想うので

気になった方は観ていただきたいケドも。


立川談志さんは

自分のコトをその対談の中で

自分は二流だと。二流の方が賢く長くやっていけると。

二流でも超二流なのだと。


しかしドリフが最盛期の頃に

いかりやさんに対して直接。

『 一流になりやがって 』と非難?したそうだ。


なんで?一流になってはいけないのか?と言えば。

知識や経験やアタマがあれば二流でうまくやりくりできるものの。

寄せ集めのドリフの三流がいきなり一流になったら

行きつく先が落ちたらまたもや三流にしかならねぇとのコト。


でもソコからよくそのまま上手くまとめて

こしらえたってのはすごいと褒めてられたけど。

的を射てた発言で。談志さんらしい解釈だなって想っていた。


その話をフト思い出した。


賢く・知識や経験を積み上げ。

二流で収まった上に。超二流でやりやすい位置にいとくのもベストかなと。

勢いや自分のコントロールできぬところで

いきなりパッと1流になってしまえば。

自分で言う『 深み 』ってところが浅く。

長続きせず。一過性で終わってしまうと。


そして一度売れたので味をしめてしまえば。

その旨味はなかなか忘れられないのも事実かなと。


実力を努力と才能の上でしっかり高めてから。まず二流で。

その後超二流まで高めてその位置を確固たるものにしつつ。


その上で『 運・タイミング・人間関係 』などと。

昨日の話とリンクさせるならば

コンセンサス(合意形成)なども伴って上手くやれば

一流のまま安定することだってあるかなと。


超一流になれるなんて。

さらに上のまた上。


なかなかできて出来るものではない。


カンタンに出来るモノで。超一流であふれかえるなら。

それはすでに俗物にしかなってないんじゃないのかな?と。(笑)


まあ今後の作品に期待しつつ。

一過性にならないといいねーって。


オモロイこういうチャレンジと提案があって。

また変化を及ぼして。さらにおもろいとか。イイモノ生まれるなら

それもいいキッカケでもあろうしねー。


こういうのは大歓迎なコトかなと。


表層的におもろくない・おもろい。

それだけじゃなくて。

やっぱり何か流行りになるほどの

インパクトと訴えかける何かあるから

流行るのとも想う。


そんなにモノゴト生み出すのは

カンタンじゃないしね。ソコはすごいって想うのがいいと想う。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンセンサスの大切さ。 | トップ | 良いものへの評価。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む