trushbox

コンセプト・デザイン 再構築中。。。

『 高く買わないで 』広告。

2017-12-12 07:38:34 | Free

新聞の見開き1ページで大きく。


『 お願いです。高く買わないでください。 』


と書かれていたらどう想います??


これは山口県にある日本酒製造の旭酒造が

12月11日の読売新聞にこの見出しで広告を出した。


どういうことなのか??っていうと。

この旭酒造の作っている『 獺祭(だっさい) 』というお酒が

正規の取り扱い店舗以外で。希望小売価格の2~3倍で販売されてるケースがあるらしく。

いいお酒を適正価格で求めてもらいたいって想うキモチから出たそうな。


この会社はブランド強化を図っていて

正規販売店も約630点をこの当該広告には記載しており。

その正規販売店の基準も

『 お客さまに良い状態の獺祭を販売できる能力を持つ酒屋さんだけに取引先を絞る。』

として。いいお酒を良い品質で飲んでいただきたいって想いがあるそうだ。


「獺祭」蔵元が「高く買わないで」 異例の広告に込めた思いとは?(Yahoo!ニュース(ITMediaニュース))


作り手側のキモチもすごくよくわかるし。

ブランドを大事にしつつ。

値段に誤魔化されない。正しい判断をと消費者にメッセージを送りたいんだろうなと。


昨今は日本酒も海外でも売り込みしてたりして

ホントいいお酒は取り合いになったり。

昨今はネットのオークションサイトなどもあるワケだし。

まして転売して業者が適正価格以上で販売するケースも実に多い。


この会社さんみたいに。

正規販売店に販売・取扱いに品質保持のある程度基準を設けて

それで適正な管理で品質を保った状態で売りたいっていうなら

ブランドも維持されるのだが。。。

それ以外だと店ごとに雑に扱っていて

本来の味わいを維持・担保できないってモノもあるんだとは想う。


でも資本主義のこういう世の中だから。

少し値が張っても手に入れたいって想う人も多く。

それに便乗する方も実際多くて。

中間搾取で希望小売価格より高く取引されるケースもホントに多い。


ソコまで出していいって価値を見出してる方ならいいケド。

この広告が出たことで

より興味がわいて一度飲んでみたいかも?って想えば

逆に競争を招く結果になりかねないよなぁとも。。。。(笑)


自分は別にソコまでして飲みたくはないが。。。(笑)


モノの価値・値段ってある意味市場経済(資本主義)なら

買い手が相場を握ってるケーズも事実多く。

売り手は自分たちの経営規模・利益に応じて決めたらいいし。

儲けたいって想えばニーズの高いところに価格転嫁で値上げしたっていいし。

逆にそのまま維持でもいいし。


でも買い手が欲しいって想う数が増えれば増えるほど

価格は自然にあがってしまうのも市場原理でしょと。


一応こういう広告で希望小売価格を公言したって意義はあるし。

そういう販売にいろんな事情が絡んでるって周知にはなったろうが

逆に興味をひかれて競争を激化させないか心配だなぁと。(笑)


作り手の想いと。

購買者やそれを取り巻く環境の思惑とが

必ずしも一致しないってのはこういう経済の中では

起きてしまって当然なんだとは想うケドね。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リスクマネージメントと迅速... | トップ | 生活保護世帯への進学支援は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Free」カテゴリの最新記事