trushbox

コンセプト・デザイン 再構築中。。。

オリラジ中田さんから見る。思い込みではまるドツボ。

2017-06-11 08:00:21 | Free

お笑い芸人・・??のオリエンタルラジオの中田さん。


最近はすっかり文化人・評論家・コメンテーター・アーティスト路線で

お笑い芸人といえないねと想って??を敢えて付けさせてもらった。


相方の藤森さんはまだ芸人らしいコトをしつつ。

オリラジとしてのアーティスト性のメインで活躍されてるかなという印象。


そんな中田さんはまたもやいろんなとこに噛みついて

物議醸してるのねと。。。(笑)


その切り口でこんな記事があった。


オリラジ中田敦彦が松本人志に仕掛けた情報戦の勝算 (MSNニュース(AERA.dot))


まあ記事元が少し斜に構えるのがカッコイイ的なとこですが。。(笑)


まず前提の脳科学者の茂木健一郎さんが自身のツイッターで。

『 日本のお笑い芸人たちは、
上下関係や空気を読んだ笑いに終止し、
権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。
後者が支配する地上波テレビはオワコン 』

と発言して賛否もあったが批判が多く大炎上したと。

それに対してダウンタウン松本さんの番組『 ワイドナショー 』で

茂木さんをゲストでお招きした上でこの件を松本さんなりに解釈。

「このニュースを見たときに、全然腹立たなかったんですよ。
茂木さんが全然面白くないからなんですね。笑いのセンスが全くないから。
この人に言われても『刺さらねぇぜー』って感じ。ムカっとも全然こない」

「風刺とか、下から上の人たちになんか言うって、
笑いの取り方として、一番安易で簡単なことで誰でもできるんですけど。
日本のコメディアンが誰もやらないだけで。そこを言われてもなあと」

と茂木さんに指摘。茂木さんもソコに同意できる部分があったようで。

『 「ワイドナショー」、松本人志さんの発言の部分、
映像で確認しました。私はサンドバッグみたいでしたが、
自分のことだ、ということを置けば面白かったです。
茂木だけに「M」なのかな。またセンスのない返し、すみません。
番組スタッフのみなさま、お疲れ様でした。
あと、ドキュメンタル拝見します。』 (茂木さんのツイッター)

それで一件落着。。。のように炎上騒動も収束に向かうか?と見えた。


しかしオリラジ中田さんが批判的なブログを書いたと。

『 大御所にセンスがないとか
価値を決められてしょげ返っている様子こそが
茂木さんの意見通りだったのに 』(ブログ記事)

と松本さんを批判する内容だったために。

吉本幹部が激怒したらしく松本さんに謝罪しろと言われたと

オリラジのラジオ番組で公表してしまうと。

それで謝罪しないと言い続けていろんな憶測など呼んでると。


それに対して記事では。

ダウンタウンや松本さんが作ってきたお笑いが後の芸人に多大な影響を及ぼし

いい影響もあったが悪い影響もあった。

悪弊としてこういうのが面白いっていう既成概念ができてしまったと筆者は言い。

ソコに立ち向かうために策略家の中田さんが思い描く情報戦に持ち込み

勝算があるとか。自分の立ち位置を見出すためにやってるのではと。


さらに記事では。。。

オリラジの『 PERFECT HUMAN 』を歌ネタと中田さんも筆者も

同様に考えてるコトがなんか違うぞ?って想うが。。(笑)

あれが歌ネタっていうなら。

少し面白い歌詞書いただけで全部歌ネタになってしまうし。

昨今の音楽シーンの大半が

歌ネタでーすって言っても過言ではないんじゃないの?と。(笑)


まああの曲は歌ネタっていうのがそもそもセンスないんだろうなと。

武勇伝のネタだったら確かに芸人としてのリズム芸だったのかもしれんが。

えっと。。どこにオチがあるの??

中田さんが完璧ですごいって自慢げにした自己満足ソングじゃないの?と。。(笑)


愛してるあいしてるぅぅ~って連呼してる

安っぽい歌詞とメロディーの曲となんら変わり映えしないレベルですがと。(笑)


パフォーマンスとしての質の高さ。音楽性などで評価されても。

あれをお笑いって捉えるとしたら今のお笑いがまさに『 オワコン 』なんじゃない?


そして批判に対して謝れって外野に言われて

謝らないってのはそれは中田さんが適切なコトなのかもしれない。


謝るならば自分の意思で誠意もってキモチなど持って

ちゃんと謝らなきゃ。ただのアタマ下げてる行動でしかないからだ。

しかも言われてやらされてるなら余計に意味がない。


だから謝りたくないっていうなら謝らなきゃいい。


ただ中田さん。天狗になりすぎてるというか。

アタマのいい人の思い込みというか。。。考え過ぎて

なんか違う解釈でそれをコントロールできるとカンチガイしてるというか。。

それで松本さんを批判すれば

ある程度想定して炎上など起きる。

ソコに斜にかまえて周りと違うアイデンティティーを示すことで

自分はまわりより違ってすごいでしょ?ってやる手法ですねと。。(笑)


でも松本さんや茂木さんの言わんとしてる趣旨と少し

文脈と言うか意味をはき違えて。違う論法に持ち出してる時点で

なんか間違えてるコトに気が付いてないのかなと。。。(笑)


茂木さんは笑いに権力などの批判があって

それを笑いに変えて欲しいって想ってるところがあり。

それが見えない昨今の日本のお笑いやテレビがよくないってコトを書いたと。


でもそれを視聴者やファンが望んでなくても。

茂木さんの独断で求めてる部分であって。

そこの乖離に気が付かないよくある学者の視点のみで

まわりとのギャップに気が付かないパターンに陥ったと。


それに対して松本さんは

世間の考える部分にフィットしない部分がナンセンスと。

それをセンスがないと評価して。

だから賛同を得られず。こちらにも特に刺さるものがなかったと。


そして批判するだけのお笑いは

ソコ発信で。イチから生み出すお笑いではなく

ある意味大元のネタは無限にあって安易で

そういうのを日本の芸人はしたがってないと。


自分の考えプラスすれば

日本の政治の世界や学術の世界などで繰り広げてる議論が

ちゃんちゃらネタになりすぎるくらいで。。

それをお笑いにしてる方が安直すぎて面白くないねってコトでしょと。(笑)


あれ。。待てよ。。

ってことは松本さんの意見は。。。爆笑問題のあのネタは

安直っていうてんでしょうねと。。(笑)

まあ確かに即興で言い倒してるだけだし。あれを漫才と言われても

しゃべくり倒して。多少うまいコトいうてるくらいだしなと。。(笑)


そんな爆笑問題みたいな社会風刺的な芸風ばかり見せられても

確かに視聴者や見る側がゲンナリしやすいのが今の日本かなと。


ただでさえ討論番組のあーいう話のまとまらない番組ですら

視聴率とれないし。政治に興味持たれないのはそういうとこかもしれないが。

それは討論番組に出てる人らのスキルの問題もあるし。

面白おかしく議論がモメてややこしくなるように

ある意味し向けてるところもあるし。

議論の集約を求めてないっていう番組のスタイルで。

ただ参加者が言いたいコト・想ってること言い合ってる場だけに

ばかげてるなと想われて呆れられ飽きられてるフシがあるんだろうなと。


そして中田さんのブログでは

松本さんが茂木さんをセンスないと決めつけて価値を付けたという。

茂木さんもそれが嫌ならまず反論すればいい話で。

自身に想うところあったから受け入れたのも事実では?というカンチガイがひとつ。


炎上の収束が上手くできず

それで炎上ウェルカムじゃなかっただけにワイドナショーで

茂木さん自身の立ち位置を一度戻させる意味合いがご自身にあって

それで相手の土俵に上がりに行ってる部分もあるんでしょうし。

ソコで真意を説明してうまく収束させたい思惑あって番組のオファーに乗ったと。

ソコでただ返り討ちにくらった部分があっただけでしょと。(笑)


上下関係みてそれで追従してる姿に確かに見えた茂木さんなのかもしれんが

オワコンっていうた人間がそれで反論・反証できなかったんだもん。

それもうまくお笑いに変えてできなかったんだもん。

そりゃセンスないって言われて当然じゃない??(笑)


まあ中田さんもこぉ松本さんや吉本に噛みつくだけで。

それをお笑いにするではなく。自身のアイデンティティー確立に利用してるだけ。


これじゃ松本さんには刺さってないでしょうねと。。。(笑)


何言われてもねぇ。。自分が謝れって想ってもないし

どうでもいいし。。。くらいの感じかと想うケド。(笑)


松本さんを利用しての自分の虚栄心を満たす行動に

見えてしまう今の中田さん。


そしてこれが周りに敵を作ってしまったり。

同意を得られず。また天狗になってると想われてしまってる実情を

それが狙いだったと想ってるのかもしれんが。

狙いが上手く好転できればいいが。

嫌われて立ち位置見出そうとすれば孤立するし。

見向きされなくなる可能性もあるよ?と。


上手く立ち回れてないし。

その茂木さんの意見に賛同なら。

その批判もうまくお笑いに変えてから言ってみてね?

そんなにアタマがいい・自分が完璧で何でもできるって

カンチガイされてるならやって見てから言えばいいのにねと。(笑)


まあ人と違う意見や行動してるから

立ち位置があるって人も世の中にはいっぱいいる。


それを個性とかアイデンティティーだというコトも出来るケド。

ある程度周りに沿う行動の中にいつつ。

少し上がるくらいの立ち位置でこそ映えるモノ。


カンタンに言えば。

畑にトウモロコシが植わっててスクスクと育っています。


その中にあれ?上から見たら

数本とてつもなく成長してるのがあるぞ??

その中にとてつもなくデカイ実をつけたやつがあるぞ??


・・・ってのが本来あるべき姿と。


それがすごい才能であり。個性だったりするもの。

周りの畑と同じようにいつつ。

独自の特徴に秀でて目立ってる。


これが本来の個性でしょと。


中田さんのやってることは。

全く何も植わってないところで。

自分のトウモロコシはすごいだろ!!って

言ってるようなものでしょと。(笑)


もしくはその中にあって。

これだけ立派に育てたいから別の何もないところでやってやるー

って別にしようと畑に入り込み。探しだし。

まわりのトウモロコシをかき分け。まわりのトウモロコシがどうなろうと

関係なく突き進み。もがいて掘り出して

植え替えてよく見せようとしてるだけじゃないの?と。(笑)


確かに変わってる。まわりとは違うケド。

同じようにも見えないし。

だから何??くらいにしかならないと想うケド。(笑)


頭でっかちで。策略にはめて

自分の手のひらで。考えてるように進んでると思い込んでいて

実は孤立し。自分の立ち位置を見失ってるのが

よくあるのがアタマがよいとカンチガイして勉強だけ出来る人ね。。。(笑)


こうなっちゃいけないってことかもしれんねと。。。(笑)



ホント批判だけするのはそんなに難しくはない。

批判から入るのもすごく楽なのだ。


じゃあ何かその批判を解決する方法は?

批判の出ない何か新しいものは??


・・・って生み出すのがすごく難しい。


その難しく難題でも取り組んで。自分のスタイル作って

それがどうだーって想わせるだけの何か刺さるものがあるか?

ってことを松本さんは求めてるだけかと。


それをやってみたら映画でコケたって失敗もあるけどね。。(笑)


だから必ずしも松本さんのお笑いが刺さるものでもないし。

本人が自分が想ってる程完成してるとは想えないと想うケド。

だから未だにあの芸人としての貪欲さに繋がってるんだろうし。

他者をみて自分をさらに磨きかけてるために

いろんなチャレンジし続けてるのかなと想うケドね。


素材があるモノから何か生み出す苦労もあるケド。

スタートが素材あるだけちがう。


何もないところから生み出す苦労の方がもっと大変ってことだ。


クリエイティブな世界の話って

そういうものでしょ?と。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加