膵臓癌 と 神様 と 猫 のブログ

「ステージⅢ~Ⅳa」の宣告を受けたが無事手術成功。
退院後、初めての猫を迎えて以来、5年生存率クリアの現在!

ネコの気持ち   ムツカシイ(-。-) ボソッ

2016年12月07日 00時15分02秒 | 独り言

          リュウは相変わらずクーが大好き。隙あらばクーの傍にクーは少し辛抱してもさりげなく離れるリュウが煩いのだ。チビは二人の間には入れず常に一人ぽっち。特にクーには気を遣って遠慮している。クーに逃げられたリュウはヤケッパチでチビを相手にプロレスごっこや、ドタバタと家中を走り回って運動会。なのに炬燵で寝ているリュウに寄り添い甘えるチビには、背を向けて逃げるリュウ。リュウはチビが煩い

ゴロは天気の良い日出たいと言えば出し夕方から夜何度もお母ちゃんがお迎えに出向いて、帰る気になるゴロを待ち一緒に帰宅する日が続いている。でも最近のゴロは、お母ちやんには妙に反抗的。ケージを覗けばプイと顔を背け手を出せば逃げる。ハウスのベッドに潜り込み隠れる。見ていれば食事もしない。お父ちゃんにはゴロゴロと甘えてチュールも貰うのに。甘えなの 不満なの

シロはしんどいのかダンボール箱のベッドで一日中寝ている事が多く食も細い。黒猫は若いのか食欲旺盛で元気。出かけて留守も多いが朝夕の食事は欠かさない。痩せて小さかった身体も今では太って逞しく、テリトリーを死守して居る所為か、他の野良猫達が侵入して来ることはなくなった。しかしゴロは先住猫だから 仲良くとまでは言わないけど、せめて攻撃しないで欲しいなぁ。

PS 12/12(月) am10時、ゴロの口内炎(注射)に病院へタクシーで往復。今回は「きえーる」の効果か40日目で体重も4Kg。いつもながら、診察台に乗せようとすれば失禁。怖いのか可哀想だが食べられないのは命に関わるので辛抱させるしか・・・

『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めてのホーム炬燵 d(*^v... | トップ | リュウ 又しても脱走 o(^・x... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

独り言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。