草花と田舎暮らしの日々

2006年福島に越してきました。何よりも嬉しいのは自然を満喫できること、素敵な田舎暮らしを体験中です。

「内部被ばくを生き抜く」上映と、監督のトークライブ

2012年11月30日 | Weblog
午前中に打ち合わせを一つして、午後から銀行やら、郵便局、薬を貰いに内科医へ。 月末の金曜日ということもあり、また明日からいよいよ師走ということで どこも混雑していました。 近くの病院もインフルエンザの予防注射で大勢の人が。 私は注射は嫌いですし、インフルエンザの予防注射も、ここ数年受けたことはありません。 何かで読んだのですが、予防注射は殆ど予防にならない (これは自己責任で)・・・というのを読んで、これ幸いに受けないことに決めているのです。(^^ゞ でも、手洗い・うがいは気をつけていますょ。



さて、福島県・矢吹町の近隣の方にご案内です。↑  (1月27日は仙台で) 
鎌仲ひとみ監督作品【内部被ばくを生き抜く】の上映と、鎌仲ひとみ監督トーク
ラライブ
が 開催されます。

   ◆日 時  12月9日(日)
   ◆会 場  矢吹町文化センター(小ホール)
   ◆上映スケジュール
      ・開場&パネル展示・・・・・・・11:00~
      ・「ヒバクシャ」上映・・・・・・12:30~13:50
      ・「内部被ばくを生き抜く」上映・・14:00~15:20
      ・鎌仲ひとみ監督トーク・・・・・・15:30~16:30 

   ◆入場料   1000円(前売り当日券とも)
   ◆申し込み WEB⇒リンク    電話・FAX⇒0247-42-2160 



私は、鎌仲監督の「六ケ所村ラプソディー」を観ました。 矢吹町で監督の映画を見られるまたとない機会ですし、直に監督のお話しを聞けるのも楽しみにしています。 ぜひ多くの方に観て頂きたいものです。 そしてこの上映とトークライブは、この度の衆院選に向けてベストタイミングだったと思います。
「内部被ばくを生き抜く」東北上映実行委員会の皆様のご尽力に感謝いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

爆笑問題・・・ではなくて、爆笑批判

2012年11月28日 | Weblog
12月16日の衆院選挙が、何やら目が離せなくなりましたね。 残す日数もないところにもってきて、滋賀県知事の嘉田由紀子氏が新党を立ち上げるやいなや、国民の生活が第一の小沢氏グループと、脱原発・反TPPの亀井氏グループが、さっと合流を決められました。 この流れだったのですね。 若干の時差がありますが、毎朝配信されてくる今日の「ダイヤモンド・オンライン」の記事を紹介しましょう。 如何に新聞やTVの世論調査と違うか、参考までに。
DOL独自アンケート調査(11月20日~22日実施)
解党決めた「国民の生活が第一」が支持率1位に 背景には“脱原発”と“維新への不信感”か



日本未来の党について、早速この方達が反論されていますが ⇒ 維新橋下代行が新党批判 「脱原発絶対できない」」
これについて、岩上安身氏がTwitterで面白いコメントを ⇒岩上安身 ‏iwakamiyasumi 爆笑! 橋下氏による未来の党批判。 「脱原発、絶対できない」「経験ないから」自分もでしょ。「統率力に疑問」。「知事経験はあるが、国会議員を率いたことがないから」。あなたもでしょ(爆笑)  ⇔ まったくの同感です!!

もう一つ、Yahooの世論調査(みんなの政治)が出ていました。(1)「生活」が解党し「日本未来の党」に合流、あなたは、合流に期待する?=>期待する70%、期待しない29% (2)政党支持率:生活52%、自民12%、みんな3%、維新2%、民主2%、公明1%、共産1%、社民0%、無党派23%・・・自民、民主、維新が急落

では気分を入れ替えて最後に、圧倒されるほど感動的な映像を。⇒
3分で現代の世界が伝わってくるBBCの映像。

スゴイ迫力で迫ってきますね。ゆっくりご覧ください。  (写真は昨日6時過ぎの朝陽です)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうだ、青森に行こう!!

2012年11月27日 | Weblog
あまり寒い寒いと言いたくないのですが、さすがに最高気温が5度だと、外に出ると冷たいですね~。 勿論 家の中では、昼間は暖房か要らないくらい過ごしやすいのですが、車なしでは外に出かける気にもなりません。 と言いながら 「大人の休日倶楽部」の冊子が届けられ中を見ていましたら、俄然 青森に行きたくなりました。(^^ゞ



「土から生まれた 津軽のゴーギャン」  常田 健 の特集記事が掲載されています。 本誌の内容を写真で掲載することは著作権法に触れますので、紹介できないのが残念なのですが、常田 健 の作品が、これでもかッ! という迫力で紹介されています。 なんといっても作品の力強さ、ふるさとの農村風景、農民の姿を一貫して描き続けた作品群に圧倒されます。
                               
画は何処かで見た記憶があるのですが、「画家・常田 健」 の名前は覚えていませんでした。 
享年89歳。平成11年の夏、東京銀座の画廊で個展が開かれたときは、全国から約15,000人の鑑賞客が詰めかけたそうです。 あぁ~、まだ東京にいたのに・・何で見過ごしたのでしょうか。
画集も出ているそうなので検索してみますが、どうしても本物を見たいことと、生前アトリエとして使用されていた土蔵も見たいと思うのです。  

青森には、超有名な日本酒の蔵元もいらつしゃることですし、ますます行きたくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「斎藤 清 名作カレンダー」 素敵です!!

2012年11月26日 | Weblog
どんより曇って、昨日と同じくらいの気温なのに、今日のほうが手足が冷たい感じです。 昨日
大きな宅配便が届き、なにかと思いましたら 「2013 斎藤 清 名作カレンダー」 が届きました。
半月以上前に、福島民報に東日本大震災復興支援として、このカレンダーの販売広告が掲載され、直ぐに申し込みをしておきました。 以前から斎藤 清の大ファンで、娘たちと  やないづ町立斎藤清美術館 に行ったりしておりました。  まずはどんな美術館かご覧ください ↓



作品の中で何が好きかと言いますと、会津の冬の風景です。



秋も素敵です!!

↓ 夏




このカレンダーは、版画の部分を取り外して、額に入れることもできるのですよ。 この配慮が嬉しいですね~。 近くにこんな美術館があったら、毎日でも通うのに・・・住んでも良いと思いますが、かなり冬は寒そうで、雪かきが大変ですよね・・・ 今日はゆっくり木版画をお楽しみください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

う~ん、あれは買っておくべきだったかな??

2012年11月25日 | Weblog
さすがに寒くなり、午前中はずっと10度以下、お昼過ぎてやっと10度になりました。 陽がさして暖かそうなので、散歩も兼ねて今日が最終日の「第8回あゆり陶器市」に出かけてきました。 
あゆり温泉のゲートボール場で開催されています。 大堀相馬焼と益子焼、会津漆器のお店が出ていました。 それにしても最終日なのにお客様がまばらで、気の毒でしたね・・・。 そんなこともあって、窯元さんや、会津塗の400年の伝統を誇る、会津名匠「華蔵・はなくら」のお店の方とお話できて、楽しいひと時を過ごしました。 勿論、話だけでなく普段使いの器や、お正月用の箸を少々買いましたょ。







大堀相馬焼の特徴の一つ「走り駒」を描いておられるのを写真に撮らせて頂きました。
少しお話していましたら、良かったら一枚さし上げましょうと、丁度描いておられたものに雅印を押してくださいました。 いやいやラッキーでしたね。





↓ こちらは益子焼の窯元・小笠原陶苑の小笠原再二さん。 とても気さくで、まさか窯元とは思いませんで、ついつい二人で政局談義。  ブログに載せることを了解頂き、記念に一枚。 
小笠原さんの右に写っている抹茶茶碗、色がものすごく素敵でこれはいいと思いましたら、薪で焼いているからねと。 1個6000円のものでしたが、気に入ったら半額でいいよ、と。 う~ん、散々迷いましたが諦めました。 あの震災以来、モノを余り持たないことに…良い物ほど壊れてしまいましたので。 桐の箱に入った、一回り大きい茶碗は5万円の値段でしたが、何と1/5でいいと言われるのです。 家に帰ってきて、桐の箱に入らなくていいから、半額にしてくださると言ったのを買っておけば良かった・・・と。 この方にも陶歴を書いたものを頂戴していますので、何かの時は益子まで。

 

出店されていた皆さん素敵な方々で、お金持ちなら色々買って差し上げたかったのですが、  今度はお招きする側になって、協力したいと思ったところです。 会場が町中からはやや離れていますし、温泉に来る人は、大枚を持って来ませんものね~。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あなたは、将来何をしたいですか??

2012年11月24日 | Weblog
三連休と言っても、毎日が休みの私には関係ないのですが、ほとんどの方もこの連休を休んでおられると思うと、のんびりしていても、ダラダラしていても罪悪感がないというのは不思議です。これが平日なら、何となく自分一人で仕事をサボっているようで、少しは反省するのですょ。

さて今日午後1時半からのTV番組 「 世界ナゼそこに? 秘境で発見! 日本人 」 を見てまして感動しまくりだったのですが 、 一つの話を思い出しました。 そんなに以前の話ではないのですが、それが新聞だったのかTVだったのか…思い出せず、確認もできず、歯に物が挟まった感じなのです(^^;; 

それは、おじいさんと孫の話だったと思うのですが、孫に向かっておじいさんが 「 ◯◯クンは、大きくなったら何になりたいの? 」、 孫 「 電車の運転手、おじいちゃんは大きくなったら何になるの? 」。  ここでおじいさんが、ハタと困ったというのです。 
おじいさんが若かった頃、自分は何になりたかったのだろうと思いを巡らし、当時 海外旅行など夢のまた夢だったようですが、一人旅の気ままな海外旅行をしたかったことに思い至るのです。 その後、年を取ってても一念発起して外国語を学び、念願叶って、一人で気ままに海外旅行したという話でした。  
大体こんな話だったと思います。 海外がヨーロッパだったか、アメリカだったのかもはっきり思い出せません。(^^ゞ



こちらに来て1年くらい経った頃、福島大学の女子学生から、取材を受けたことがあります。 その時、最後の質問で 「将来、何をしたいですか??」 と聞かれて、慌てたことを思い出しました。 私はやりたかったことを、全部とは言いませんが大抵のことはやってきたと思っていたからです。後は、元気で周りに迷惑をかけないように、好きな草花を育てたり、時々お習字をして過ごせれば・・・というくらいにしか、自分の残りの人生を考えていませんでした。 

若い女子大生を前にして、そんな後ろ向きなことは言えませんよね・・。 きっと調子よく、これまでの経験を生かして~~したい、と恥ずかしくて書けないようなセリフを言ったかと思います。

その、おじいさんと孫の話を最近しきりに思い出すのです。 将来何になりたいか、何をしたいか・・・皆さんは如何ですか? もう一度、夢を持って生きるって大事ですよね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ベテランは一歩も二歩も引いて見守る」 ← 賛成

2012年11月22日 | Weblog
今週は会合もないし、書道展も終わったし、久々にゆったり時間を過ごしています。 お昼過ぎからは、風もなく陽が当たっているところは暖かいので、これまで手を抜いていた庭の草取りをしました。 何だか春菊に似た雑草がたくさん生えてきて、我が物顔にしています。  それに小さな黄色の花も付けていましたが、そろそろ綺麗にしておかないと、年末はすぐそこですからね~。(^^;; ということで、2時間ばかり頑張りました。 

さて、夕方4時から10分おきの夕日です。 「秋の日はつるべ落とし」 といいますが、まさにそれです。 続けてご覧ください。 4時丁度の夕日↓


 4時10分過ぎ ↓

 
夕方のYahoo!ニュースで⇒「減税日本代表の河村たかし名古屋市長は22日、亀井静香前国民新党代表らが結成した「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党」と合流することで基本合意したことを明らかにした」 ことを知りました。 
いずれこうなるとは思っていましたが、河村たかし代表は、減税日本の党名を変えてもよいと、維新の会に尾っぽを振ったのに・・もっと毅然としてほしいものです。 それに一度は合流するとして記者会見までした、当時 太陽の党・石原慎太郎代表も、機を見るに敏というか・・、 しかし、あまりにも分かりやすいので、笑ってしまいますね。(嘲)      (4時20分過ぎ↓)
 

 
今日のダイヤモンド・オンライン⇒【田中秀征 政権ウォッチ第三極中心の政権誕生のために いま必要な合流・連携とは 「私は、維新の会と太陽の党の合併前までは、小政党が競い合って進むのがよいと考えてきた。 しかし、残念ながらもうその段階ではない。これからは第三極が2つの勢力になり、統治構造の改革の一点で連携して進むのが望ましい。」

しかし、Twitterなどで様々な情報が流れてくるのですが、これから国政を目指そうとする人の節操の無さ、議員もいろいろで民主党から自民党に移ったり、或る女性議員が他党に移ろうとすると、もとの党の党首が移ろうとする代表に、受け入れるなと言ったとか、言わないとか・・
国民は何にも知らないとでも思っているのですかね?   きっともう、絶対に騙されないと思ってますよねッ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教師まで派遣するのですか・・・?

2012年11月21日 | Weblog
よく晴れていますが、風が強くて寒いです。 午前中はずっと10度以下、午後3時でやっと10度、これが今日の最高気温です。 これから日に日に寒くなると思うと…外に出かけるのが億劫になりますね。
昨夕、午後7時からのNHKのニュースを見た後そのままにしていましたら、気になる番組がありました。 クローズアップ現代「広がる派遣教師の実態 教育現場でなにが」という番組です。



私は知らなかったのですが、教師を派遣する派遣会社があるのですね。 当然私立の学校に派遣されるわけですが、学校関係者が言っていた言葉、『学校にとって、ある意味救いの神なのです・・』。 つまり、正規の専任教師に比べて、派遣教師の場合、人件費が安く済むし、急な欠員の時に助かるというわけです。 現在の授業時間が何分授業なのか分かりませんが、1コマの授業をすると約2000~3000円が派遣教師に支払われるのです。 それに面接をして採用する時間も省略できるというのです。 教師派遣会社に登録している人は、現在約9000人ほどらしく、文部科学省も私立学校の自主性に任せていて、正確な数字を把握していないとか。 (言い逃れの常套句 ⇒ 自主性に任せる) 



一概に派遣教師がいけないとは言いません。 専門知識を持つプロフェッショナルな人が、学校に出向き教鞭を取るのは大いに歓迎いたします。 特に小学校で一人の教師が全科目受け持つことこそ問題があり、そこに美術、音楽、IT関連、化学、体育等にプロが出向くことは、子どもたちにとっても教師にとっても大いにプラスになると考えます。
 
しかし昨日の事例は私立高校で、しかも教師が足りない上に経費削減のために、1年間派遣教師にお願いしているというのです。 進学組と(名前は 「特進コース」 だったか?)、進学しない 「一般コース」 に別れていて、一般コースに派遣教師があてられている割合がダントツに高いのです。
日本の教育行政はどうなっているのでしょうね~?? 次代を担う子どもたちの教育が、おざなりになっていては、日本の発展はありません。 過日、田中真紀子大臣の、新設大学を巡る一連のドタバタ劇がありましたが、あれはいい問題提起になったのではないでしょうか? 
しかし、教育現場にも経済至上主義が適応されては、日本は教育の発展途上国に、いや既に
そうなっているのかも知れません。
昨日の番組で派遣教師が言われてました。「契約に縛られて、生徒たちに深く関われないのが残念です」

閑話休題、先日Twitterで流れてきた、素敵な話題を紹介しましょう。
⇒東風 @pyrrhula2 【感動・必見です】RT kuco_  小学校で「子供が作る弁当の日」をスタートさせた竹下和男先生。卒業する児童たちに贈った言葉がどれもいい

(画像のリンドウは数年持ち越した鉢の中に咲いていて、切花として花瓶に生けて1週間目)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雑誌のタイトルが気に入りました。(^^ゞ

2012年11月20日 | Weblog
面白い雑誌を知りました。 ここにお訪ね下さる皆さんは、ご存知だったでしょうか? ある方の
メルマガでこの雑誌が紹介されており、面白そうなので買ってみました。 午後便で届いてパラパラめくっていましたら、常々思っていることを、安部譲二さんが 『不良老人の言いっぱなし』 という
コラム
で書かれていました。 それは"『ウソつき罪』を作れ" です。大賛成ですね!! 特に昨年の3.11以降は、切実にそう思います。



安全だ・安全だと言い続けた原発もこの通りだし、復興予算をまったく関係のないところに流用してもお咎め無し、消費税は上げませんと約束したのに、あっという間に上げることに決める。 
昔は 「嘘つきは泥棒の始まり」 と言っていましたが、今では 「嘘つきは政治家の始まり」 です。 安部譲二さんは、「世界に先駆けて、“ウソつき罪”を制定しろ、今すぐ作れ! 」 と。 
12月16日の衆院選挙に向けて、雨後の筍のように新党が設立されますが、全部で15の党になるわけで、一体何が違うのか…、よく分かりませんよね。 第3極と言われる小さな政党が、
慌てふためく…、野田さんはきっとこれを狙っての解散だったのでしょう。
 
先日も書きましたが「小異を捨てて大同につく」なんて、TVの前の有権者は白けてしまいます。 私達にできることは、顔や知名度に騙されないで、よく見極めて一票を投じることしかありません。 
それにしても、この「紙の爆弾」月刊誌で定価500円です。  なかなか面白そうな内容になっていますょ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

森 光子さんの ご冥福をお祈りします

2012年11月19日 | Weblog
どんより曇って、さすがに寒いです。 朝6時の気温が1度で、最高気温も11度止り、これからは氷が張ったり、霜柱も立ってくることでしょう。 
今月10日に女優・森光子さんが亡くなられ、昨日は各局で追悼番組が放送されていました。 
80歳を過ぎても、なお お元気で舞台をこなされ、健康維持のためにスポーツジムに行かれたり、ご自宅でスクワットなどされていたそうです。 自分で歳だから・・などと、何事も諦めていてはいけませんね~。   (↓16日の夕日です)



私もこちらに来る前に、東京で森さんの舞台を拝見したことがあります。 「放浪記」ではありませんが、これも代表作の一つ 「おもろい女」 です。 いつだったかと気になって、昔の手帳を調べて見ましたら、2004年10月22日で、芸術座1階の26列13番と書いてありました。 8年前ですから、森さんが84歳の時の舞台なのですね・・。 小柄で美しい人でした。 
謹んでご冥福をお祈りしたします。 



Twitterでこんな可愛い話が流れてきました。 なんだかウルウルしてきますね。
shinobuさんから ⇒ 今日は息子の誕生日…ケーキ作ろうと思ってたけど、私の体調が微妙f^_^;)。で、本人買いに行く〜と言うので、任せた。そしたら、こんなん買ってきた(o^^o) 』

今日は朝から鼻炎が発生して、クシャミと鼻◯ 、(^^;; 鼻をかみすぎておかしくなりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「一生脱皮しつづける」 まさに小松 裕先生です!

2012年11月17日 | Weblog
16日に衆院が解散され、ご自身が言われるのだから間違いはないのでしょうが、暴走老人の 「太陽の党」と、トップがまるでガキ大将のような 「日本◯新の会」 の合流が正式に決まったようですね。 しかも「小異を捨てて大同につく」と言って、小異が、TPPや原発だったりするのですから、もう何をか言わんやです。  あッ、今日はこんな話をするのではありませんでした。 
でも関係があるのです。 



我が家では命の恩人で、この先生が居られなければ、夫は今、この世には生きていなかったと思っています。 医療ミスから救って下さった 小松 裕 先生 です。 ただし、執刀医ではありません。 その時の、先生の言葉 『僕の責任で、今回の手術は◯◯先生にお願いします』 といってくださり、当時の日本で、その分野では東の横綱と言われる高名な先生に、医療ミスの後始末の手術をしていただいたのです。



この小松先生が、何と11月14日のブログで 「国政を目指すことになりました」 と書かれており、Twitterでもコメントが流れてきました。 これまでは東京大学附属病院の医師で、そこからスポーツドクターとして、トップアスリートたちの健康管理に心血を注ぐという華麗な転身をされました。 そして世界各国へ選手たちと行動を共にされ、勿論オリンピックにもです。
 
そしていきなり、12月16日に行われるの衆院選に、長野県から立候補されるというのです。 
しかも5年前から着々と準備をされていたというのですから、またしても見事な転身です。 
14日までは一言も触れられておりませんでしたが、 既に街頭演説もされているようで、本当にビックリいたしました。 先生こそ、あくなき挑戦を続けられるトップアスリートそのものですね。詳細はリンク先の、先生のブログをご覧ください。



ところで、まったく関係ありませんが、12月16日は私の誕生日です。(^^ゞ 都知事選もあるし、日本が激しく変わろうとしている日なのです。

(画像は、昨日の南湖公園の紅葉の写真です。 今日は午後から雨、夕方から強くなりました)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉のおすそ分け・・・(^^ヾ

2012年11月16日 | Weblog
お昼前に、先ずはお清書を出して、とても気持ちの良いお天気なので、友人とどこかでお茶でもしようということになり、久々に隣村の「こころや」さんで気まぐれランチなど食べました。 ゆっくり、煎れたての美味しいコーヒーも飲んで、さてというとき、食事をしながら私が漏らした 「今年はどこにも紅葉を見に行けなかった…」 の一言を友人が覚えていて、じゃ南湖公園にでも行ってみる?? と。異存のあろうはずがありません。 友人のYさんに大感謝! ご覧ください、まだこんなに紅葉が綺麗でした。









そして先日ある方が、今度一緒に行ってみましょうと誘ってくださった 「ランプカフェ」 に、Yさんも連れてきてくれたのです。 みんな美味しいところ、素敵なところをご存知なのですね。 Sさん、ごめんなさい・・偶然立ち寄ることになりました。 素敵でしたし、ロイヤルミルクティーの美味しかったこと! もう感激でした。 なんて今日はラッキーなのでしょう。 Sさん是非ぜひ、今度ご一緒しましょうね。



素敵な一日でしたから、何やら謎めいたお話で終わりましょう。 興味津々ですね~。
デンバー上空にUFO?謎の高速飛行物体、専門家も正体分からず
(CNN.co.jp 11月16日(金)14時19分配信)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おじいさん、ごめんなさい・・・

2012年11月15日 | Weblog
今朝は寒かったですね~。 こちらは午前中10度を下回り、最高気温も午後3時の12度。 
紅葉した葉が、あっという間に落ち始め、冷たい風にカサコソと音を立てて舞っています。 各地で雪も降ったようで、いよいよ冬将軍の到来ですね・・・。 我が家の道路を挟んだ前のお宅も、そろそろ紅葉が終わります。



午前中少しだけ筆を持って、今日は午後1時~4時まで書道展の受付でした。 先日出品者の短評をワープロ打ちして持参しておりましたが、1字誤字があったようで、受付をしながら訂正しなければなりません。 あんなに何度も校正したのに、しかも人の名前です。 正しくは「深」なのに「保」と打っていました。 完璧に読み間違いです。 
急ぎ訂正しようと思って、12時45分には会場につきましたのに、会場には顔見知りのお年寄りが、テーブルの前に座っておられます。

これは困ったことになりました。 90歳前後のおじいさんですが、とてもお元気です。 ただし、まるっきり地元の言葉ですので、話されることが半分くらいしか分かりません。 邪険にするわけには行きませんから、訂正するものがありますので、お話を聞きながら…と、作業をして
おりました。 それもゆっくりと100枚近くを。

 

作業の終わりそうなのを見計らって、見せたいものがあるので車から持ってくると。 何かと思いましたら、ご自分のお父様が書かれた備忘録のようなものです。 大学ノートに実に細かくびっしりと、しかも筆で書かれているのです。 家系図のようなものから始まって、軍隊の時のこと、町から表彰された時のこと、大正時代の学校の通知表のようなもの、兎に角、これは覚えて置かなければ行けないという、ありとあらゆることが書いてあるのです。



ゆっくりお付き合いしてるわけには行きませんので、ノートの半分ほどでから2、3枚まとめてめくろうとしましたら、あっ、二枚ついているよと、元のページに戻されるのです。 その間にもお客様が見え始めました。 すいませんちょっと席を外しますね…と言って、洗面所から帰ってきますと、さすがに気がつかれたのか、姿が見えません。 帰られたようです。 しかもご自分で車を運転して。 
とても優しい、良いおじいさんですが、きっと誰も話を聞いて上げる人が居ないのでしょうね・・・。 忙しくなければ、ゆっくりお付き合いできたのですが、後になって少し気がとがめました。
                                    
書道作品は、私が 「これは素敵!!」 と思った2点です。 上の方は女性の作品で、下は男性が書かれています。 いつになったら、こんな字が書けるようになるのでしょうね。 先のおじいさんは、私が書道をしているのをご存知で、あの貴重なノートを見せたかったのでしょう・・・。 
でも、半分以上はちゃんと見せていただいたのですよ。(^^ゞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10分や15分の党首討論、如何にも中途半端

2012年11月14日 | Weblog
数日後に迫っているお習字の清書提出のために、筆を持ちながら今日の党首討論を聞いていました。 時々総理の表情も見たいのでTVを付けて。 国民の生活が第一の小沢党首の質問のとき、どんな表情て質問を受けられるのかと見ていましたが、さすがに目を瞬かせたり、頷いたり、緊張されている様子が伝わって来ました。 



そして最初に質問に立たれた安倍総裁に、はっきりと確約されたのが ⇒ 野田佳彦首相は14日午後の党首討論で、自民党の安倍晋三総裁に対し、次期通常国会で(衆院の)定数削減を必ずやると決断してもらえるなら、16日に解散してもいいと表明した。

投開票の日程は、まだ明らかにされませんでしたが、年末の忙しい時に選挙になるわけですね。 色々思惑もあるのでしょうが、政治家の皆さん俄に忙しくなるわけで、そう言えば都知事選も12月16日だったような。 候補者も取り沙汰されていますが、目まぐるしい年末になりそうです。


政局話は置いといて、Twitterで一昨日流れていたようですが、今日目に止りました。 我が家の夫も大好きな 「笑点」 。TVの笑点とは無関係のようですが、楽しく笑えます。 これで気分を取り直しましょう。(^^ゞ

★ツイッター ☆笑点☆ ⇒ 【名作のタイトルに一文字足すと、よく分からなくなる
キャプテン右翼  天空の茨城ラピュタ  鳥人間失格  吾輩は猫耳である  マッチョ売りの少女  面白い巨塔  海辺のフカフカ  一休許さん  老人と海苔  ローマの定休日  ああ無表情  はしょれメロス  紅の豚汁  男はつらいわよ  リア充王

しかし、上手いですね~! 思わず笑ってしまいました。 暇な時挑戦してみましょうか!?


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

垣間見た、人間模様・・・

2012年11月13日 | Weblog
一昨日の復興祭で、にわか売り子になってポストカードを売っていたとき、思い出したことがありました。 もう10年以上、いやもっと前でしょうか、麻布十番で事務所を持っていた頃のことです。 「麻布十番祭り」 と言って有名な模様しものがあり、商店街上げての取り組みです。 
それに各国の大使館が近くにあるものですから、大使館関係の出店や、面白い露店が並ぶので、近くの公園や、十番通りは何十万人もの人出で賑わうのです。 
                                    
表通りから1本入ったところのビルに居ましたので、このお祭りで会社の在庫になっている、猫のポストカードを売ろうということになり、ビルの前にテーブルを出して売ったことがありました。 
どの位売れたかどうかは覚えていないのですが、若手の社員と 『猫のポストカード、如何ですか~?』 と、声を張り上げたのを思い出したのです。(^^ゞ よくやりますよね!?



↑復興祭でカードを売っているとき、作業服を着た中高年の男性が、ややくたびれた様子でポストカードの前に立たれました。 どう見ても、お買い求めになるとは思いませんでしたが・・暫らく見本を見た後、一言 「今年は、畑にレンゲを植えたんだ・・・」 と言われるではありませんか。 
どうもこの町の人のようには見えなくて、「どちらからお越しですか? 」 「相馬から、放射能のことがあって田んぼが作れなくて・・・レンゲを植えた」、 トツトツと喋られて、静かに見入っておられました。 そしてレンゲの隣においてある曼珠沙華のカードも手にされました。 暫くして二部手にし 「これを・・・」 。  何だか、もう涙が出そうになりました。



レンゲも曼珠沙華も、田んぼの風物詩ですよね・・・。ご自分の田んぼの、田植えや稲刈りのできた時の様子を、思い浮かべられたのではないでしょうか。  お一人で寂しそうでした。

もうお一方のお話、 最初のお客様になって下さった、町のお偉い方です。 ポストカードの前に立たれましたので、一通り説明して、売れなければ復興に役立てようがないのです・・・と言いましたら、「これでは目立たないので、誰かに目立つものを作らせよう」と、屈強な男性を連れてこられ、「何か、ぱっと目立つものを作ってあげて」。 それではと駆けて行き、あっという間に作って下さったのが、これ↓ 



お花はキクザキイチゲが印刷してありました。 お二人の心遣いが嬉しくて、看板もどきは記念に持って帰りました。 僅か500円のカードですが、そこに人間模様を垣間見たような気がします。 同じ仕事をするなら、このような人たちと一緒にやりたいですね。 名前は存じませんが、有難うございました!!  そうそう、白河ラーメンを出前してくれたSさん、芋煮の差し入れをして下さったWさん、アドリブがバッチリでしたね。(^0^)/  皆さんのお陰で楽しくできました!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加