草花と田舎暮らしの日々

2006年福島に越してきました。何よりも嬉しいのは自然を満喫できること、素敵な田舎暮らしを体験中です。

高級ブランドが路頭に迷う!? 百貨店大量閉鎖時代 (DOL)

2016年10月08日 | Weblog
書道教室の仲間に、とても手先の器用な方が居られます。 3月3日の雛祭り前には、折り紙で折ったお 雛様や、5月の端午の節句の時には 兜 を、クリスマスの時期には、可愛いサンタクロースを折って全員に下さるのです。 昔習っておられたとかで、思い出しながら作るのがボケ防止になると、みんなを笑わせたり。 昨日はハローインのこんな折り紙を作ってくださいました。 色とりどりで出来ており、好きな色を選んで良く、埃にならないよう袋も頂いたり、行き届いています。
         

私は昨年、作ってもらったクリスマスリースにつけてみました。 う~ん、なかなか良いですね~!!
器用な人が羨ましいと思いながら、今朝パソコンを開いた時、この方の言葉に凄く納得しました。

小池一夫 ‏@koikekazuo さんのツイート ⇒ すごく単純な人生の結論なのだが、自分が得意ではないことは、基本的にやらなくていい。 自分の不得意は、誰かの得意なことで、その人に任せればいい。 努力の放棄ではなく、努力の方向を間違えてはいけないということ。 このしんどい人生を少しでも楽に生きるコツ。(小池一夫)
          

ところで 前にも描いたと思いますが 現役の頃、一時スーツのブランドを決めていた時期があります。 といっても凄く高価なものでなく、愛用していたのが アクアスキュータムのパンツ・スーツです。 当時は上着が11号、パンツが9号という 今では考えられないサイズだったのですが、お陰で上着は今も時々着用していますが、パンツは・・・あぁ~と言う感じです。(^^ゞ      
ダイヤモンドオンライン 10.4 ⇒ 高級ブランドが路頭に迷う!? 百貨店大量閉鎖時代

ダイヤモンドオンライン10.7 ⇒ チープカシオが宣伝なしで売れる3つの秘密

今の私は、↑ 書いてあることに賛成です。 しかし、良いものはやはり長持ちしますし、長い目で見れば買える時に、良いモノを買っておくのも一つの方法だと思います。 特に時計などは、しっかりしたモノを持っておくと、きちんと手入れさえしておけば 何十年も動きますし、価値もそんなに下がりません。 私の持っている腕時計の一番良いものを、この春 孫娘の入学祝にプレゼントしました。  買えるときに買っておかないと、今ではとても買えません。 まっ欲しいとも思わなくなりましたが、少し寂しいかな??
         

世の中はやはり不況なのですよね!? 若い人が非正規でしか働けなかったり、夫婦二人で働かなければ並みの生活も維持できなく、先行きが心配な中年は、しっかり財布の紐を締めますよね。 個人の好みが千差万別で細分化していけば、昔のままのやり方ではデパートも確かに苦しいと思います。 それに若い人たちは、昔は考えられなかったくらい通信費にお金が掛かっていますから、他のモノに回すお金は余り無いようです。 難しい時代に、私たちは生きているのですね~。
                
一日雨で、頭を垂れたマダムヴイオレ、つる性なので枝が細くて やや華奢です。、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒板に ランドセル、 学校居... | トップ | 豪華外遊 34回 5億円!!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む