草花と田舎暮らしの日々

2006年福島に越してきました。何よりも嬉しいのは自然を満喫できること、素敵な田舎暮らしを体験中です。

日本社会は20年くらいかけて 官民挙げて共和制を破壊してきました(内田 樹)

2016年12月07日 | Weblog
7~8個ある蕾の中で、やっと今日一輪だけ プリンセス・ドウ・モナコ が咲いてくれました。 寒いから花も小さく、色も薄いです。 玄関先においてやりたいのですが、そこは日中陽が当たらなくて、やはり寒空の下に置くことにしました。
          

ところで、今日の午後3時~3時50分まで、国会中継・党首討論がありました。 しかし、驚きましたね~、この不公平な時間の配分!! 民進党には35分ほどの時間が与えられていましたが、共産党には7分ですよ。 志位委員長の持ち時間が7分では何も質問なんて出来ませんよね。 こんな時こそ、野党が結束して時間配分なり、質問内容を検討すれば良いと思うのですが・・・、それにしても、総理のベラベラ関係ない発言に時間をとられるのには閉口しました。 それに、野党の人たちに向かって、総理たる人が 「まだ分からないのですかッ!?」 にはビックリしました。
          

  共同通信12.07 ⇒ カジノ法案で激しい応酬 今国会初の党首討論
   
宮本徹 ‏@miyamototooru さんのツイート ⇒ 党首討論、志位委員長が、国連報告書で、南スーダン政府軍がUNMISS (南スーダンPKO) を攻撃している事実を紹介して、南スーダン政府軍に自衛隊が武力行使する危険性があるではないかとただしましたが、安倍総理はまともにこたえず。 蓮舫さんとの討論も含め真面目に議論する気が感じらない
   
冨永 格 ‏@tanutinn さん  国会の党首討論。 志位共産党委員長から南スーダンPKOについて質された安倍首相、コンゴや東ティモールの例を引きながらの長広舌、議長に 「簡潔に」 と促される。 野党のヤジには 「まだ分からないんですか」 と反応 
  
赤旗政治記者 ‏@akahataseiji さんのツイートと画像 ⇒   〈中身について建設的議論をしたい〉と安倍首相。〈カジノはなぜ成長産業なのか〉と蓮舫代表。 まともな答えを示さない首相に蓮舫代表〈 逃げる力は神ってる〉 と返す。〈政策が間違ってIR法案をするのではない〉 〈政治の力は雇用をつくること〉 と首相は議論をすりかえ。“逃げる力” が際立つ。(津)
          

内田 樹 ‏@levinassien さん ①  ⇒ カジノ法案超特急で可決。 姜さんとの対談でも話しましたけれど、九〇年代のある時点から 「決定速度が速いこと」 それ自体が善であるという 「空気」 が日本社会を覆い始めました。「 決められる政治」 とか 「スピード感」 とか 「突破力」 とかいう言葉をどれほどメディアが垂れ流してきたか。その成果です
   
内田 樹 ‏@levinassien さん ②   ⇒  「独裁制」の対立概念は 「民主制」 ではなくて 「共和制」 です。 三権分立や両院制のように、重大な政策が 「空気」 で決まらないように時間をかけて周知を集める仕組みのことです。 日本社会は20年くらいかけて官民挙げて共和制を破壊してきました。 これは問題ではなくて、その答えなんです。
          
   
飯綱三郎‏@hutagoza614 さん ⇒ 今日の党首会談は安倍の完全な負け。 志位委員長が安倍に正した様に聞いていない事を答弁としてダラダラとお喋り中身が全然無い。 それで時間稼ぎ。 完全な独裁者と同時にまだ抜けきれない坊ちゃん態度と答弁。 そして何かと言うと他党批判。 子供の様に自分が一番偉く正しいと想い込んでいるのも子供と同じ

しかし、野党にチョッと野次られると すぐに頭に来るようで、与党が野次るときは一緒になって自席から口出しをする。 まさに子どものようで見ていて恥ずかしいですね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハワイ会談の最大の見どころ... | トップ | 国際カジノ資本は 日本の中間... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事