草花と田舎暮らしの日々

2006年福島に越してきました。何よりも嬉しいのは自然を満喫できること、素敵な田舎暮らしを体験中です。

小池都知事は 「なぜ移転を決めないのか不可解。 不作為の責任がある」 と

2017年03月20日 | Weblog
午後1時から始まった、東京都の豊洲市場をめぐって審議する 百条委員会を、NHKの中継を主に、時々民放を見ながらチェックしていました。 あぁ~、それにしても本来なら3時間の証人喚問を、石原氏の体長が悪いという事で、1時間に短縮され、間に20分の休憩も入るという変則的な百条委員会でした。 ご覧になった方も多いと思いますが、先ずは、今日のまとめとして、こちらをご覧下さい。
  朝日新聞デジタル ⇒ 石原元知事「浜渦に一任」 東京ガス交渉、百条委で証言



それにしても前半の自民党都議の質問は、時間の無駄でした。 国会における与党の馴れ合い質疑と同じです。 しかし、全般に言えることは、勉強不足と 質問が下手で 相手を追い詰めるどころか、いいように手玉に取られたといっても過言ではありません。 ↓ 野党側はこんなに短時間での質問です。
          
   石原氏の後ろの席には、弁護士らしき人が着いています。
         

共産党都議の曽根氏は、僅か9分でしたが質問者の中では的を射た質問でしたが、過日の外国特派員協会での記者会見と同じ答弁を繰り返すだけで、追い詰められません。
         

         

         

東京ガスの「瑕疵担保責任を免じたこと」 の判断を聞かれると、担当者に一任していた との事。 数百億円の金額ですよ!? 
         

TVでおなじみの、都民ファーストの会の音喜多都議、僅か5分ですから、3問くらいしか聞けません。
         

東京都も、最初は地下水に高い安全基準を設けていたではないかと、音喜多都議に聞かれ、やや答弁がおかしなものの>、「今の技術をもって、(汚染された地下水を) 濾過(ろか)してポンプアウトして海に捨てればいい。 市場で使うわけではない」 などと指摘し安全性を強調されました。
         

最後の質問に立った、生活者ネットワークの小松久子都議から、全部部下に丸投げだったのなら、知事として怠慢だったのでは??と聞かれると ↓ 以下のように答え、都内を色々回って視察していたそうです。
         

ご自分の記憶は曖昧で、すべた大事なことは専門家と担当者に任せていた人が、ひとたび、移転を延期している小池百合子都知事の話になると 「豊洲市場の安全性を強調し、なぜ移転を決めないのか不可解。不作為の責任がある」 と力強く批判されました。 体調が優れないといわれますが、まだまだ体力もあり、文明論など説かれたり・・・。 
         

共産党都議の曽根氏も、再度 石原氏の証人喚問を要求されていました。 一日で終えなくても回数を分けてでも良いから、喚問に応じられるべきだと思います。 詳細は今夜のニュースで埋めてください。 (^^ゞ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 籠池氏証人喚問は、 自民党に... | トップ | 「世界で一番深い湖はどこ ?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む