威風堂々

晴れ晴れと、伸びやかに日々を過ごすために。
「心」と向き合うことで、日々の健康を大切にしましょう!

確かな明日を保障して下さい

2017年04月12日 | 第九章 愛
最近は「イースター」もイベント化しているので驚いている。きっと莫大な売り上げが期待できるからであろう。卵、うさぎ、イベントで人手が町や百貨店、遊園地に繰り出すと言うわけだ。だが、日本人は本当の意味を正しく把握はしようとしない。そこに日本人の特性があるのだが、また悲しみもある。最近の森友学園を初めとする風潮を深く憂える私は、本当に日本国を愛してやまないのである。だから敢えていつも言っている。


 私は民族国家や人間(私と同じレベルの個体としての)を絶対的献身の対象とはしたくない。人類はこの手の誤りを何度となく繰り返している。我が民族とか、我が師とかを仰ぐのは愚の骨頂である。この問題は『愛』を捉えるのに実に深い研究対象になる。人は献身の対象を自分自身以外に広め出すことで、他人を愛し、他者に恋をし、誰かと結ばれる。さて、この献身の対象を自己以外に求めようとするとき『幻想』が生じてしまう。危険である。きっと神仏、サムシンググレートというものを作り出す心理作用の謎もここに秘められている気がする。従って、正しい宗教に救いを求めるという決着点が見いだされるわけだ。ミクロの視点で私の場合はどうかというと、自分自身が定年退職後にどんな人生を歩むのか?また、金銭的に今の消費と将来への備えのバランスをどうやって保つか。この2点のイメージが何とか描けていると安心できるような気がしている。
 理想とすることが現実に追いつかない場合、理想をいったん引き下げるしか無いとよく言われる。確かに自分の心を安定させるにはそれしかないし、体験の解釈を明るく保って低い理想の世界で幸福を見つける努力をするしかない。そうしないと発病するだけであろう。自分の心の安定を保つ方法は、自身が「鬱病」を経験したおかげで体得は出来ているのだが、怒りの感情を和らげるコツがまだ分からない。特にすぐに怒りを収めて日常の平安な心理に戻す方法が会得できていない。また、自分は制御できても、周囲に状況が「自分」を苦しめ出す場合がある。とりあえずは逃げ出すしか無いのだが、それが出来ないときの対処方法を今後編み出すことが私に課せられている。






人気ブログランキングへ よろしくお願いします。 お読み頂きましてありがとう存じます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新年度は嫌いだ。 | トップ | 僕はやはり赦しの心が足りない。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。