威風堂々

晴れ晴れと、伸びやかに日々を過ごすために。
「心」と向き合うことで、日々の健康を大切にしましょう!

カリタスカウンセリング 100

2016年10月08日 | 第三章 無意識の世界

今回は Rogersの12命題

「有機体によって採択される行動の仕方はほとんど、自己概念と首尾一貫している」


このブログも 100回目を迎える。

テキスト『生き甲斐の心理学』を自分の好き勝手に読み解くシリーズである。

Carl・Rogers というヒトは、ある日書店で見かけた本が最初の出会い。『人間尊重の心理学』という本であった。その後、カウンセリングの勉強を本格的に始めるウチに深くRogers理論を学ぶようになった。

人生も天命を知る頃となると、自分の思考と行動が一致するってことが、どんなことかが分かってくる。最近は出来るだけ面倒なことからは避けようとしている。そして意識しないと出来ないことを、何とか無意識のうちに出来るようになってみたいと切に願っている。


・自分の将来を正確に見通せる人がいるだろうか?

  そんな人はいないのだ。

自分に都合の悪いことは聞かない

  これは、心が気楽になれる

無努力、無計画、無反省

  他人への迷惑より自分の安全だ



参考文献:

『生き甲斐の心理学』 植村高雄 著
『人の身体は神の神殿』植村高雄 著
『新潮日本古典集成』シリーズ 新潮社
『日本の歴史』シリーズ 小学館・中央公論社
『日本語の歴史』シリーズ 平凡社
『直木孝次郎 古代を語る』シリーズ 吉川弘文館
『天皇の歴史』シリーズ 講談社
『生涯発達心理学』 川島書店
『心に効くゴルフ』 PHP スコットペック
『道は開ける』 創元社 カーネギー
『人間尊重の心理学』 創元社 ロジャーズ 私が初めて読んだロジャーズ著作
『人間復興の経済』 佑学社
『五輪書』『孫子』 岩波文庫
『儒教とは何か』 中公新書 加地伸行 著
『物理学と神』 集英社新書 池内 了 著
『動的平衡』 木楽舎 福岡信一 著
『日本辺境論』 新潮社 内田 樹 著
『自由からの逃走』 東京創元社 フロム
『愛するということ』 紀伊國屋書店 フロム
『カウンセリングの理論』 誠信書房 国分康孝 著
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« でもねぇ、、、 | トップ | カリタスカウンセリング 101 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

第三章 無意識の世界」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。