世の中のうまい話

魚のウンチク、旬、漁師だけが食べている浜料理の紹介などなど・・・食べ歩きは八王子中心!都心も地方もたま~に

虎魚(オコゼ)・鬼虎魚(オニオコゼ)

2006年08月31日 12時01分03秒 | 夏が旬の魚
オコゼ(オニオコゼ)

【語源】
オコゼの呼び方は「痴ずく(おこずく)」からきている。
「痴ずく」とはズキズキ痛むと言う意味。オニオコゼは
背びれのとげの間の皮膜に猛毒があり、刺されると激痛
を感じる。



【旬】
旬は夏。夏から晩秋にかけても美味い。


         オコゼの唐揚げ

【うんちく】
オコゼ類で唯一食用とされているのはオニオコゼ。
姿の悪さはすさまじく、「御伽草子」では好物のオコゼを見
て、我が身をなぐさめる「醜女(しこめ)」の山の神も登場
する。



また、300年以上前に書かれた「本朝食鑑」には、時化(しけ)
で漁ができない時は山の神が好物とされるこのオコゼを供え、
「風が穏やかに、波が静かで、釣網の便あらめしたまえ」と祈
れば時化がおさまると記されている。

姿は醜いが非常に美味しい魚と言うのは、今も昔も変らぬ様。
また、漢字では「虎魚」(おこぜ)とも書く。

「夏のフグ」とも言われ、関西では代用品として夏場に食される。

水深200mよりも浅い砂泥底に住み、甲殻類や小魚を食べる。
産卵期は初夏。


          オコゼのしゃぶしゃぶ




【ブランド・産地】
ブランド化はされていない。本州中部から東シナ海沿岸まで
生息している為、特別な産地もない。九州・瀬戸内産が多く
流通しているようである。


        オコゼの姿造り

【産地ならではの漁師料理】
見た目は悪いが味が非常に良い。主に、刺身・唐揚げ・天ぷら、
煮物などで賞味されるが、漁師さんは一味違う。

まず、身は刺身で食べ、頭とキモを大事に取っておきます。
頭をダシに味噌汁をつくります。(この時、身を少し入れると
尚、美味しい。)
キモはかるく塩をし、10分程おいた後、ちょっと火で炙(あぶ)
ってから味噌汁へ・・・・。炙ったキモの風味が味噌とよく合う。

お酒の後に最高です。



【栄養と効果・健康】
超低脂肪・低エネルギーの白身魚。たんぱく質が豊富なので
さっぱりとしている割に濃厚な旨味がある。

ミネラルでは、血圧を下げるカリウム・活性酸素を分解する
マンガンを多めに含んでいる。

ビタミンでは、貧血を防ぐビタミンB12が多め。



    オコゼの天ぷら



オコゼの情報ドシドシお待ちしています。





       オコゼの潮汁







いつも応援ありがとう~
人気ブログランキングへ
















      




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】









ジャンル:
その他
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オコゼ(おにおこぜ) 後編 | トップ | 縞鯵(しまあじ) 前編 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
魚がおいしそう! (らくえん@杉本)
2006-08-31 14:23:06
HPに訪問&コメントありがとうございます。



おいしそうな魚のうんちく。とってもためになります。日本人に生まれてよかったと思うのはおいしい魚を食べたときですよね。



また遊びにきます。

から揚げ (チエコ)
2006-08-31 15:53:23
こんにちは。コメントありがとうございます。

私もお魚食べるのが大好きです。



沖縄ではバター焼きとかから揚げで食べることが多いかな。あと、刺身。



「魚屋」はなくて、「刺身屋」で刺身とさかなのてんぷらが売ってます。



また遊びにきます。
ほんまに食べる専門!? (ハタボー)
2006-08-31 16:01:13
我がブログお越し頂きましてありがとうございます。

 オコゼはどんな調理をしても美味しいですよね~。

 仕事柄、新鮮な魚介類を食べる事が多いのですが、オコゼはなかなか食べられないので、オコゼが出てくるとテンション上がりますね~。



PS.私もブルース・リーの大ファンです。 私は、中国拳法を習ってました。
食べるのも好きっ♪ (ai)
2006-08-31 20:38:17
 こんばんは、ブログにコメントいただきましてありがとうございました♪

 

 マグロさんのブログ、お魚満載でお料理の方法や生態まで詳しく面白く紹介されていて、とっても楽しく読ませていただきました。同じお魚好きでも、aiはダイバー視点でお魚を見てしまうため、マグロさんのお魚情報、すごく興味深いです。私も、お魚食べるの大好きなんで(笑)

 

 しばしば遊びに来させていただきいますので、よろしくお願いします!
はじめまして。 (kunicchi)
2006-08-31 21:32:51
コメントありがとうございました。



いろいろ為になることばかりで勉強になりました。

オコゼは随分前に唐揚げとお刺身でしか食べたことがありません。

あぁ、また食べたい♪

海の中でよくオコゼをみかけます。(オニオコゼではありませんが・・・)



また遊びにきます。
こんにちは (frappucci)
2006-09-04 13:56:43
はじめまして~

「オコゼ類で唯一食用とされているのはオニオコゼ」?と思ったのですが、以前食べたオニダルマオコゼ、あれはオコゼじゃなくてオニオコゼ類なんですね。でもこちらも、姿は醜いが非常に美味しい、っていうお魚でした。

http://goinunder.exblog.jp/2272222/



炙ったキモ…美味しそうです~~



また遊びに来ますね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
魚類 動物学 (魚類 動物学)
魚類 動物学について。魚類 サメ,角上,図鑑,中央,マグロ,フグ,エイ,マンボウなど。