世の中のうまい話

魚のウンチク、旬、漁師だけが食べている浜料理の紹介などなど・・・食べ歩きは八王子中心!都心も地方もたま~に

鰻(うなぎ)

2006年07月21日 22時04分18秒 | 夏が旬の魚


      鰻(うなぎ)


         白焼き



【語源】
胸ビレの前腹面が黄色い為、「胸黄(むなき)」と呼ばれ、これが崩れて

「うなぎ」と呼ばれるようになったと言われている。



       う巻き



【旬】
現在、流通している鰻のほとんどが養殖ものである。天然物はほんのひとにぎり。

しかし、養殖技術も進歩し、「天然物は泥臭く、かえって美味しくない」とまで

いわれている。

その為、旬は?と聞かれると、スタミナ源として多く食される「夏」と答える

よりないでしょう。


       ウナギの酢の物~うざく




【うんちく】
鰻は謎の多い魚です。産卵場所がマリアナ諸島の西方海域と言われていましたが、

特定できたのはつい最近の事です。

孵化(ふか)した仔魚は「レプトセファルス」と呼ばれ、黒潮に運ばれながら

成長し、4~5ヶ月後に「しらすうなぎ」になって各地沿岸にやってきます。

このしらすが養殖業者さんに1キロ数十万円、高値の時は百万円を越える値で

取引されます。

養殖うなぎは半年で約千倍の大きさに育つと言われ、しらすに高いお金を

払っても採算が合うらしいです。



鰻と言えば「蒲焼」。

しかし、地域によって焼き方、さばき方も変ってきます。

関西では、頭がついたまま腹開きにし、タレをつけてそのまま焼きます。

関東では、頭を取り背開きにします。

これは腹開きは切腹に通じ、縁起が悪いとされたなごりだとか。

焼き方は一度白焼きにしてから蒸しにかけ、更にタレをつけて焼きます。

鰻の風味と食感を楽しむなら関西風、ふっくら柔らかいのを 楽しむなら

関東風です。


    ウナギの頭の有馬焼き


土用の丑の日に鰻を食べるようになったのは、売り上げ不振の鰻屋さんが困って

いるのを見かねて、あの有名な平賀源内が・・・・・・・・・・・

「土用の丑の日には鰻を~」というキャッチコピーを発したのに始まったとか。



  ウナギとフォアグラのフレンチ





【食いあわせ】
昔からウナギと梅干は一緒に食べると、体に変調をきたす。

「食いあわせが悪い」と言われてきました。

しかし、これはまったくの誤解。相性抜群なのです。

うな丼に練り梅をのせて食べると、さっぱり美味しい、食べすぎに注意と

言いたいくらい旨い。

本当に、ウナギと食いあわせが悪いのは「銀杏(ぎんなん)」なんですよ。

梅の実と銀杏が似てる為に、どこかですり替わったと考えられます。

しかし、昔の人の言い伝えは軽視してはいけません。

銀杏(きんなん)だけは、ウナギと一緒に食べないよう、気をつけましょう。



          うなぎボーン




【ブランド・産地】
国産鰻の養殖地で有名なのが、鹿児島県、愛知県、宮崎県です。

出荷量もこの順番に多いです。

その他では静岡県、高知県でも若干数、養殖されています。

その中でも特にお勧めは、宮崎の鰻です。

その理由は、育てる水にあります。

ほとんどの地域の水質は硬水ですが、宮崎は軟水です。

霧島山系から湧き出る地下水(軟水)で養殖する為、身も皮も骨も柔らかく育ち、

高品質であるとされています。

実際に、関東の鰻専門店で、宮崎産うなぎの占めるシェアはダントツだとか。

また、宮崎県では鰻の餌にハーブを使う事で川魚特有のくさみを抑え、脂質を

豊富に含んだ「ハーブうなぎ」のブランド化をすすめているとか。

      ひつまぶし




【産地ならではの漁師料理】
漁師料理と言うより産地料理になります。

うなぎを蒲焼ではなく白醤油で焼きあげます。

適当な大きさにキザミ、ご飯にのせ、だし汁でお茶漬け風にして食べます。

薬味はたっぷりの万能ねぎとキザミのり、そして柚子胡椒(ゆずこしょう)で

食べます。

この柚子胡椒がポイント。とにかく美味しい。一度試してみてください。


  うまぎ白醤油焼のお茶漬け

【栄養と効果・健康】
うなぎのヘルシーパワーは言うまでもありませんが、特にビタミンAを多く含んで

います。

このビタミンAは体の免疫力を高め、病気から身を守ってくれます。

うなぎ一串(120g程度)で、成人必要量の3日分ものビタミンAを摂取できます。


ウナギの情報、ドンドンお待ちしています。



         シラスウナギ



   ウナギの塩のっけ盛り(高知県の郷土料理)





         ウナギの肝焼き

















  ウナギの白焼き





            ウナギのヒレ焼き(タレ)


            ウナギのヒレ焼き(塩) 








      蒸さずに焼くだけの関西風ウナギ





いつも応援ありがとう~
人気ブログランキングへ







           八つ目ウナギ






      ウナギの養殖場にて













      




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】











ジャンル:
その他
コメント (11)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮎(アユ) | トップ | 土用の丑の日  うなぎ・ウ... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たいほー)
2006-07-21 23:10:22
うまぎ白醤油焼のお茶漬け、うまそー!でも私はやっぱり蒲焼きかな。トラックバックありがとうございます。お返しです。
鰻の日なのに梅雨じゃ! (きむこジャイアント)
2006-07-24 22:01:32
うなぎを開いて焼くようになったのは、江戸時代の中頃です。それまでは串を口から刺して、その様子が、かまの穂に似ていた事から「蒲焼き」と言われるようになりました。関東では背開きですが、「商人の町」関西では、”腹を割って話す”と言う意味で腹開きになりました。                  いまだ、天然は食していません・・・が!おいしいのかな?
疲れたときに鰻1本! (カズ)
2006-07-29 05:43:34
先日、魚屋に鰻の蒲焼を買いに行きました。すると、白い蒲焼があったんですよ、ビックリ店員に聞いたら白醤油で焼いたって言われてまたビックリお茶漬けが美味しい言われてまたまたビックリさっそく買って食べてみました。ホント、おいちい!皆さんも食べてみて本当に美味しかったですよ。確か熊谷駅の駅ビルに入ってる吉川水産って言うところでした。
TB有り難う御座います♪ (リチャード)
2006-08-03 21:39:55
たかが鰻・・・ 

されど鰻・・・ 

 

奥が深いですねぇ。
リチャードさんへ (マグロ君)
2006-08-03 22:13:01
コメントありがとうございます。

また、遊びに来てくださいね。
ああ・・・ (でんち)
2006-08-04 09:48:50
TBありがとうございマース♪



鰻食べたくなっちゃいました。

どうしてくれるんですかw^^;
うなぎ (かんぐー)
2006-08-20 03:36:19
よだれがでるほどうまそう、
美味しそうですね (SOZO)
2006-09-07 16:23:59
お茶漬け美味しそうですね。どんぶりでしか食べたことがないので、今度試してみようと思います。
(SOZO)さんへ (マグロ君)
2006-09-07 16:27:53
くれぐれも白醤油焼きで、お茶漬けして

くださいね。

蒲焼よりは絶対美味しいですから。



訪問ありがとうございます。
宮崎産ですか (モバイル通信兵)
2006-09-07 17:52:11
はじめまして

コメントとTB、ありがとうございました。

鰻は宮崎産がお薦めとは知りませんでした。勉強になります。今年は残念ながら鰻を食べる機会は少なかったです。といっても、まだ猶予はあるので今からでも食べます。

また、遊びに来てください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

夏が旬の魚」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

土用の丑の日に鰻。なんで? (占いチャンプルー by 大鳳)
ちょっと早いですが7月23日(日)の土用の丑の日についてのお話です。 土用というのは春夏秋冬の各季節の終わりに置かれた18日の期間で、一つの季節の終わりと次の季
[中国伝統医学] 本草学的栄養学-魚介類の効果? (頁主の日記-鍼灸まにあ)
「おかずには肉を少なくして、魚を多くとりましょう。」  皆さんご存知の通り、最近は魚食の利点がよく言われており、日本人の誰もが魚を食べる事について何かしらの健康に対する好イメージを持っている事で...
銀座 ひょうたん屋にて「うな重」をいただきます (銀座の甚平喰い倒れ日記)
銀座の外れに旨いうなぎ屋があると聞きつけて いてもたってもいられなくなり即日訪問。 場所は銀座1丁目。 並木通りの外れにその店はある。 初めての来店ながら30m程手前から 炭火に焼かれた芳ばしいタレの香りが充満していて 一発で見つけられた。 昔なが ...
築地場外 はいばらにて「うな肝丼」をいただきます (銀座の甚平喰い倒れ日記)
今年の夏は思ったよりもうなぎを食べなかった。 昨年なぞは週に2回は確実に、ひと夏で20杯以上の うな丼を食べていたのだがどうしたことだろうか? 久々に体がうなぎを求めたので 築地場外の「はいばら」まで。 うなぎ好きと言いながらも 残念ながら未だに ...
松乃家 上うな重を食べる! 茨城県つくば市 (吠えて勝つタイガース&スキー)
茨城県つくば市の松乃家で鰻を食べた。東大通に聳える黒地の看板。「備長炭焼 伝統の味」という文句に釣られて思わず入店だ!平屋の店内に入り、畳の座席に座った。ん~なかなか伝統を感じる趣だ!掛け軸が床の間に飾ってあったが、一緒に来た友人が「魯山人の書では」と...