世の中のうまい話

魚のウンチク、旬、漁師だけが食べている浜料理の紹介などなど・・・食べ歩きは八王子中心!都心も地方もたま〜に

鮟鱇(アンコウ)

2006年12月10日 11時50分02秒 | 冬が旬の魚


鮟鱇(アンコウ)



【語源】
アンコウの語源は「暗愚魚(あんぐうお)」と言う説。
赤魚の転化だという説。ヒキガエルを意味する千葉県の方言、
「アンゴウ」に由来するという説など様々ある。

ちなみに英名は「フィッシングトード」。
訳すと釣りをするヒキガエル・・・・であります。


      アンキモの創作料理

【旬】
旬は冬。グロテスクな姿からは想像できないが、美味しい魚。
「東のアンコウ、西のフグ」と言われ、東日本を代表する冬の
味覚です。
「アンコウは梅が咲くまで」と言われ真冬が美味。








        あん肝の煮付け


【うんちく】
アンコウはその姿・習性から、様々な隠語に用いられます。
腹の出た力士の事を「アンコ型」と呼ぶのは、格好が似てるから。
仕事の声がかかるのを待っている日雇い労働者を「アンコウ」と
呼ぶのは、餌の小魚をじっと待つ鮟鱇の習性から・・・。

「鮟鱇武士(あんこうぶし)」とは、大口をたたくが、あまり動か
ず、不精者の武士を相したもの。
いずれにしてもあまり良いイメージでは使われないようです。

アンコウの種類は日本周辺海域で、60〜70種類生息しています。
しかし、この中で食用として流通しているのは、3種類。
「アンコウ」、「キアンコウ」、「ミドリフサアンコウ」です。
美味なのはアンコウとキアンコウ。ミドリフサアンコウは
体長30造曚匹函⊂ぶりな為、味りん干しなどの原料になります。


     アンコウの肝

【七つ道具】
アンコウは捨てるところがほとんどなく、食べつくせます。
有名な吊るし切りによって、七つの部位に分ける事ができます。

肝(肝臓)・胃袋(水袋)・皮・ヒレ・卵巣(ヌノ)・身(トモ)
・エラの七つです。
ただし、ほお肉(ヤナギ)を七つ道具に加える事もあります。
その場合、エラを数えないとか、ヒレを数えないとか・・・!
ややこしいですね〜!


     蒸しアンキモのポン酢醤油

【ブランド・産地】
ブランド化までは行かないですが、北茨城市平潟漁港であがるアン
コウは最高とされています。

また、北海道余市のアンコウはブランド化に向け動き出しています。
余市産は甘みのある身と、フォアグラ以上と言われる肝が魅力。

水温が低いこの地域であがるアンコウは、肝にたっぷりと脂を蓄え、
身・肝・骨などから極上のダシがでます。

10舛魃曚垢發里脇辰鉾味しいく高値がつきます。





      アンコウのどぶ汁

【産地ならではの漁師料理】
アンコウ料理の代表は鍋。また、肝は非常に美味で、蒸しあげて
色々な料理に使われています。

漁師料理はアンコウの「ドブ汁」です。
作り方は豪快で簡単。
まず、肝を土鍋でから煎りし、次に大根を入れ同じく煎ります。
アンコウの皮とアラを入れ、大根が煮えたら、7つ道具のその他を
入れます。最後に味噌で味を調え出来上がり。
アンコウと大根から出る水分だけで作るのが本格派だとか・・・。

また、鮮度が良いものは、アンコウが丸呑みしたイカや、小魚も
胃の中から取り出し鍋に入れて食べます。なんとも豪快で美味し
そう。
また、最後の雑炊が最高ですね〜!






【栄養と効果・健康】
超低エネルギーの魚。ダイエット食に最適です。
アンコウの水分含有率は85%以上。これが水を使わないドブ汁を
可能にしています。
脂肪分もほとんど含んでいませんが、ミネラル・ビタミンも少な
く、栄養価の低い魚といえます。



しかし、コレステロールは多め・・・・!

但し、肝は栄養の宝庫。
貧血を予防する鉄分、亜鉛、銅などを大量に含みます。
また、ビタミンでは、目、皮膚、粘膜を健康に保ち、ガンや老化を
予防するビタミンAを桁違いに多く含んでいます。

骨を丈夫にするビタミンD、細胞の若さを保つビタミンEも極めて
多く含んでおり、最高の美容食と言えます。


















         醤油仕立てのあんこう鍋








       アンコウの鍋とアン肝を溶いただし汁



       あんこう鍋〜味噌ベースあん肝溶き



        あんこう鍋の後の雑炊








いつも応援ありがとう〜
人気ブログランキングへ
















      




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】











ジャンル:
その他
コメント (8)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮟鱇(あんこう)第6章【栄養】 | トップ | マグロ君の大好きな【ザ・スミス... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (窓際)
2006-12-10 11:22:00
晴れたとはいえ、さぶそうな風が強いです。
こんな日は、昼から
どぶ汁でもすすって、日本酒をくぃっと。
あぁ、相変わらず旨そうなブログだ

しかし
今日はケンタで刺し違えはぅっ
窓際さんへ (マグロ君)
2006-12-10 21:09:20
寒いですね〜!南国宮崎も・・・寒い?
やっぱり!

今日はケンタ・・・・!マグロ家も・・

窓際さんのおかげで・・・!でも、おいし!
Unknown (窓際)
2006-12-11 01:44:59
宮崎じゃね〜。
窓際さんへ (マグロ君)
2006-12-11 09:22:22
宮崎じゃなかった?

熊本?
TBさせて頂きました! (さかなや)
2006-12-11 12:47:04
マグロ君さん、こんにちは!

お言葉に甘えてTBさせて頂きました!
有難うございました........涙がぁ。


鮟鱇の記事!さすがマグロ君さんです!
勉強になります。


応援 ポチッ!
さかなやさんへ (マグロ君)
2006-12-11 13:38:22
さかなやさん・・・TBいつもありがとうございます。
お手数かけてすいません。

また、遊びに行きますね〜!
おいしいけど (油売りエマ)
2007-01-29 17:00:13
本当に怪獣クラスの容貌ですよね(笑。
これが10mだったら相当怖いです。

なるほど、コラーゲンはあるけどビタミンは少ないんですか。
そう、アンキモのコレステはちょっと気にしますが…。
ともかくでも美味しいですよね!
油売りエマさんへ (マグロ君)
2007-01-29 17:19:38
美味しいですよね〜見た目悪い魚ほど・・・!
マグロ君も大好きです!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
鮟鱇(アンコウ)の吊るし切り........。 (魚屋三代目日記)
*本日は「鮟鱇(アンコウ)」の吊るし切りを紹介します。 一般の御家庭では、 まずしないと思いますので「吊るし切り」の流れを写真でUPしたいと思います! 私は今回、「写真担当」でした! 吊るし切りをしながら、写真を撮るのは困難なもので;大 ...
酒の肴「あん肝」の作り方.......前編です! (魚屋三代目日記)
*本日は「あん肝」の作り方を紹介します。 (以前、馴染みの店の主人、A氏にアドバイスを頂きました) この季節、「あん肝」を肴に一杯........堪りません! 幸せな一時ですよ! 簡単なので、是非作ってみて下さい! *今回は2部構成 ...
酒の肴「あん肝」の作り方.......後編です! (魚屋三代目日記)
*「あん肝」の続きです!(後編) 前回は蒸すところまで紹介しました。 本日は蒸し上がった「あん肝」をUPしたいと思います! *本日も写真をUPしながら説明します。 下の「あん肝の続き」をクリックして下さい! 続きを見る事が出来 ...
<旬魚>女のエステ・あんこう鍋パーティー (油屋ごはん)
女4人の美肌エステ鍋。 みがきねぇさんが佐渡の魚屋あっちゃんとこからおいしいお刺身と 佐渡の天然鮟鱇2キロをお取り寄せ。安い…。 平日の宴会にはお取り寄せ最高ですね。なんたって楽ですもん。 でもお刺身はお取り寄せしたことなかったです。おーおいしい! 着...