世の中のうまい話

魚のウンチク、旬、漁師だけが食べている浜料理の紹介などなど・・・食べ歩きは八王子中心!都心も地方もたま~に

ウニ(海胆・海栗・雲丹)

2009年07月25日 05時33分45秒 | ウニ・ホヤ・ナマコ・海藻類


  ウニ(海胆)



【語源】
「うに」は海胆とかきます。
胆(きも)の字は人間の肝臓に外形が似ているからと考えられます。
また、海栗(うに)とも書きます。栗のイガに似ているからです。
塩漬けしたものは雲丹(うに)と書き、生のものと区別して使います。
ややこしいですね。







【旬】
旬は種類によって異なります。
食する部分は生殖巣である為、最も生殖巣が発達する産卵期が最高です。
「ムラサキウニ」の産卵期は6~8月、「キタムラサキウニ」は9~11月、
「バフンウニ」は3~4月、「エゾバフンウニ」は7~10月です。


       平目の昆布〆ウニ和え








【うんちく】
ウニは世界に800種以上、日本近海だけでも100種を越えると言われていますが、
一般的に流通しているのは、上記の4種類です。
ムラサキウニ系を「白うに」、バフンウニ系を「赤うに」と呼んでいます。
赤の方が甘みが強く、身のしまりも良いで美味しいとされています。
価格も一般的に赤の方が高めですが、白の少ない冬場には逆転する事もめずらし
くないとか。



江戸時代には三河の「海鼠腸(このわた)」、肥前の「カラスミ」と並び、
越前の「塩雲丹(しおうに)」は日本三代珍味とされていました。

ウニの殻の中はほとんどが消化管と生殖巣で占められ、食い気と色気であふれて
いる生き物です。
旺盛な食い気は強力な5枚歯でちょうちん型の咀嚼器(そしゃくき)に支えられて
いますが、この名称を日本語では「アリストテレスのちょうちん」と言います。

動物学の祖と言われるギリシャの哲学者、アリストテレスが地中海の
レスボス島で海産動物の研究中にこれを発見し、命名したそうです。







        ウニの天ぷら


【ブランド・産地】
ブランド化とまではいきませんが、「利尻・礼文のエゾバフンウニが最高」と
言う人が多いです。
あの高価な利尻昆布をふんだんに食べて育つわけですから納得。


美味しいウニはここ







【産地ならではの漁師料理】
何がともあれ、獲れたてをかちわり、指ですくって食うのが一番。

また、殻のまま火にかけるのも最高。
磯の香りが身に移りなんともいえず美味い





【栄養・効果】
ビタミンB1・B2、グルタミン酸、血液をサラサラにするEPAを多く含んで
います。
身も柔らかく、消化吸収も良いので、病人や老人の栄養補給に優れている食材
です。


      バフンウニ





左から淡路洲本のムラサキウニ、中央 唐津の赤ウニ、右 北海道利尻のバフンウニ






ウニの情報ドンドンお待ちいたします。


    生うにのパスタ




         ウニのしゃぶしゃぶ






            うにラーメン




        ウニのコロッケ







            ムラサキウニのにぎり鮨













         ウニとイカの巻物


      ウニとイクラの巻物







        焼きウニ








           利尻のバフンウニ















いつも応援ありがとう~
人気ブログランキングへ
















      




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】











ジャンル:
学習
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お土産もろうた~ | トップ | 寄せ集めです! »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウニ (シネマ大好き娘)
2009-07-25 05:59:50
もだめだぁぁ~~

かわそうな、シネマにエビちょうだい^0^
Unknown (とらにゃん)
2009-07-25 09:42:35
ウニ大好き~っ!! なまもの好きなんです~。甘~いウニをたらふく食べてみたいよぉ~。

ウニ、すじこ、数の子、はまち、カニみそ、鮭の頭のトコ~などなど…勝手に好きなモノ書いてみました。
私は明日の予定 (ば~ば)
2009-07-25 14:18:59
丁度、いま、明日用に書いてるのがウニ。
ごめんね~、真似っこしたみたいになって~。

貝類、魚卵類、珍味系・・・堪りませ~ん。
Unknown (まむし)
2009-07-25 14:38:25
1年に1~2度おじゃまするお寿司屋さんで、「うにが食べたい」と言ったら、木の板に乗っかったうにを一枚まるまる炭火で炙ってくれて塩だけをふりかけて出してくれました。
それがものすごいおいしかった。
おいしいお塩だったのと、磯の香りと燻された香り、なんでうにが木の板に乗っかっているかがその時わかりました。
それだけが理由じゃないだろうけどね。

うには瓶詰めでも好き。

シネマさんへ (マグロ君)
2009-07-25 15:02:55
美味しいウニ食べると・・・変わるよ~たぶん!
とらにゃんさんへ (マグロ君)
2009-07-25 15:03:58
鮭の頭のとこ~ってヒズなますの事?
ば~ばさんへ (マグロ君)
2009-07-25 15:04:55
明日・・・ウニですか~

観にいきます~
まむしさんへ (マグロ君)
2009-07-25 15:06:00
それ~食いたいな~

高そうだけど・・・・
何故か食べれない (スーパーももちゃん)
2009-07-25 20:20:30
マグロ君、こんばんは。

高校の(食物科)のテーブルマナーのメニューでうにのパイ詰めが出たんですけど、それは何とか食べれましたが、すしとなると食べれません。

さんま師匠が「ウ○コみたいだから嫌いだ」と言っていたのを今でも覚えている。
氷頭なます (とらにゃん)
2009-07-25 21:47:38
そんな ちゃんとしたモノじゃなく(笑) 塩鮭の身じゃなく、頭だけ売ってる時ありますよね~。しょっぱいけど、軟骨コリコリの鼻?のあたりや~目のまわりの身とか好きで~。ヘンかな?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ウニ・ホヤ・ナマコ・海藻類」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事