山歩人・吉克の山楽日記

北海道の“山”を中心にオールシーズン山歩(散歩)する・・・単独登山多し、山をテーマに限定した時々気まぐれ日記です!

本当の天狗岳はどこ?箱館戦争史跡・ゲリラ戦跡

2017年02月05日 | 山日記

【天狗岳頂上から】北斗市旧大野町の天狗岳(373m)は、箱館戦争の激戦地の一つとして有名だが、各地図もバラバラで諸説あり、一体どこの山が天狗岳かグーグルマップ等は425m記載。【胸墻(きょうしょう)跡】はあちこちにあるようだ【530m記載の案内図】 現在も、中腹と天狗岳裾野に旧道路がある。交通要路であった天狗岳三山(523m425m323m)の山道一帯は、明治2年の箱館戦争の戦場として、土方歳三の部下がゲリラ戦術を展開している【今んとこ本当の天狗岳380m頂上。両端切れ落ちている【眼前に迫る三角山の迫力凛々しい】【頂上の私J氏提供】

【天狗岳地図】【天狗425m峰山頂】【山頂近くでバードウオッチング】

夕方からの仕事にまだ時間があったので・・・北斗市旧上磯町当別の障子山215.5mへ。【障子山地図】【新旧・四等三角点の頂上、見晴らし悪い当別丸山背後】【台風の跡で白樺など倒木多い【三角点164.9m頂上・自然の樹椅子で休憩】【横津岳】【道南杉】【林道歩き長かった函館山も長く寝そべってるの~

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 郷土富士・釜谷富士 | トップ | PPAP Snow sculpture  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先を越され (sakag)
2017-02-07 20:18:40
こちらが札幌に行っている間に、札幌人の吉克さんが、私の未踏峰に登り、じゅんさんとも初対面。
天狗岳のピークが2つあること、初めて知りました。
地形図での手前のピークだけと思っていました。
クロカンモードが終わったら、後塵を拝しに行かなくちゃ。
クロカンお疲れさまでした (吉克)
2017-02-08 02:27:51
札幌国際クロカン天気も良く成績も良かったみたいで。来年は何とか出場したいです❗天狗岳は軽い運動にいったつもりですが歴史のある山だとはじめて知りました😅じゅんさんは少し話しただけですがマニアックな登山者で興味あります❗道南の山にはまりつつ・・・です😄

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。