顎鬚仙人残日録

日残りて昏るるに未だ遠し…

大洗海岸の地引網

2016年10月16日 | 釣り
秋晴れの土曜日、遠浅海岸の大洗サンビーチで地引網が行われていました。
地引網とは、長い網の両端についたロープの一方を海岸で固定し、もう一方のロープと網を船に積んで沖合いに向かって船を走らせ、走りながら網を海岸に平行に入れ、残ったもう一方のロープを海岸に持って帰ります。そして、その両方のロープを海岸で引き、魚をU字型になった網に引き寄せる伝統的な沿岸漁法です。人手のかかる漁法なので、最近ではもっぱら観光用になっています。

約100人近い人数がふた手に別れ網を引きながら、間隔を少しずつ狭めていきます。結構手早く引かないと、先端の網から魚が逃げてしまいますが、子供さん主体のグループのようなので苦戦していました。小さいサメが逃げ回っています。

網が砂浜に近づくと、オコボレ頂戴に鷗が集まってきます。情報がどんな風に伝達されるのか、港中の鷗が集まってきたようで盛観です。

結局先端の網の中は大漁のイワシ、このイワシを狙っているスズキも網にかかることもあるようですが、今日はゼロでした。観光地曳網の料金は、100人位までで約80,000円というネット情報が出ていました。
なおイワシ(鰯)は、秋の季語です。

鰯引く浜の今昔ありにけり  稲畑汀子
鰯ほか名を教はりて地引網  内藤庫江
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 馬頭町は、光圀が名付けた… | トップ | ホトトギス(杜鵑草) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL