吉ヶ平ブログ

人に感謝自然に感謝・人を愛し自然を愛し・人に育てられ自然を育てる

裏八十里に魅せられて・7

2017-06-27 22:46:52 | 裏八十里

16:20

赤崩テント場に着きました、もうヘロヘロです
岩魚を釣りに行く人、テントを張る人、山菜の下ごしらえをする人、火を熾す人
一日歩ききって憩いのひと時です



無事たどりついてよかったです
水が冷たく流れがきつく名人が捕りに行って岩魚1匹でした
ヤチアザミとお味噌汁にしました(旨かった)



コシアブラのおひたし・天ぷらを沢山いただきました



料理長は埼玉のT氏、ウドのベーコン炒めは絶品です
それ以上に油に道具に持ってきていただき感謝です



疲れとアルコールでどんな会話をしていたのか・・・
売れない漫才コンビです



最盛期には4~5軒のゼンマイ小屋があったそうです
我々が歩いてきたのと同じ道を一家であったり親戚一同で応援にきていたそうです
只見の人たちはすごいです

空気が冷たく少し風も出てきました
暗くなる前に就寝しました

この後恐ろしいことになろうとは・・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裏八十里に魅せられて・6

2017-06-26 11:03:44 | 裏八十里

13:15

沢に向かって下ります
痩せ尾根を下ります
ここから先はカメラを出している場合ではない
とても鉱山道・・・ぜんまい道・・・ありえない
違う所を歩いている、藪を転げるように降りています



長い30分でした、ようやく赤崩沢に着きました
まだ雪が残っています



この沢を下れば今日のテント場です



簡単には下らしてくれません


14:10

雪しろの冷たい水と雪の上どちらも冷たいですね
まあそんな感覚も薄らいできていますが










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裏八十里に魅せられて・5

2017-06-25 12:03:52 | 裏八十里

11:40

笠ノ沢を登ること2時間近く・・・疲れたのか写真がない
カメラを構えるたびに遅れてゆく、取り戻すために歩を進める
この繰り替えしに疲れたか
峠に行くには右岸に入り込まないと駄目である
唯一の目印は枝沢なのだが・・・そんな雰囲気が続く
最後は上がって見るしかない
いくつか試しては降り・・・
ガラス瓶発見!!
キリンビール・・・透明・・・いつの頃製造かな??
誰かが目印に置いたのか、そっと返しておきました



赤崩峠はすぐだぞ~
いつもそうであるが歩きやすいブナ林は迷う・・・
どこもかしこも道に見えてしまう

40年前の鉈目が行く先を伝えてくれる
自然を守る人間としては酷いことをするなと思うが
こんなときばかりは感謝である


12:20

ようやく峠が見えてきた、目指す鞍部はすぐそこだが・・・ここからが長い



トンちゃんが遅れている・・・腰が痛いのか・・


12:55

30分以上の直登でした、疲れました
沢からは250m・1時間少しかかりました
腹ごしらえをしてあとは下るだけ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裏八十里に魅せられて・4

2017-06-24 19:13:42 | 裏八十里
5月27日


10:00
笠の沢に到着です、藪が少なく予想以上に早く着きました
ここにも鉱山跡があります名称は・・・真名川一帯は蒲生鉱山とか
地元の方もよくわからない・・・これから調べます


古ぼけたドラム缶が、ぜんまいを煮たんでしょうか
その脇には大きな竈のような、どうやら燻製したようです、青干しですね

鉱山跡がぜんまいの小屋場になってます


何十年も経っているのについこの間まで作業をしていたような


さてさて笠の沢を登りますか、この先に赤崩峠が待っています
沢は苦手です、前足が濡れるのが嫌いで・・・


行く手をふさがれますね、少し行くと滝が・・・
右?左?そんな繰り返しが続きます
体力が奪われます


スペシャリストがルートを決めます、後ろでなぞるだけですが・・・


10:50

滝をやっとで登ったら、大きな横穴が
鉱道ですね
中に入り探検したら早く来いと怒られました

しばらく登ったら沢が緩やかになりました
峠はすぐかな







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裏八十里に魅せられて・3

2017-06-23 22:28:18 | 裏八十里
5月27日



少し寄り道をしましてコシアブラを採っています、里と比べて1ヶ月遅いですね
今晩のご飯のおかずです


7:50
真名川に出ました沢とブナ林が美しいです、今日はここへ泊まりますか・・・そんなわけにはゆきませんが



沢を歩けばたやすいのですが鉱山道を歩くのが今回の目的で
迷っています



トラバース困難と判断しまして沢に下りました
斜面には凄いぜんまいが・・・


9:30
しばらく行くと滝が、ここからは右岸を巻いてゆきます
藪漕ぎと思っていましたが・・・地元の方たちと協力して鉱山道を残そうとしてる方たちが
刈り払いしてありました、歩きの速度が倍ですね助かりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加