岳と百姓と

会社定年、第二の人生で新たな世界を!農業、登山と旅行と趣味三昧のブログ

稲刈りの残りは3名のみ

2016年10月16日 | 百姓
平成28年10月16日(晴れ)

今日は朝から良いお天気で午前中はコンバインの足回りを川に持って行って清掃しました。
半日かかったので、ボディは後ほどにします。

午後から、籾すりしようかと思ったが、カメムシが大発生でそれを捕獲していたら夕方になってしまいました。それにしても凄い数です。自分の獲り方はペットボトルで取り込みます、それにしても獲っても獲っても飛んでくる。地元の言い伝えでカメムシが多い年は冬には大雪になると言うことです。今年の冬は、大雪かーー!
ペットボトル1本分は獲れました。一寸、気持ち悪いですけどね。



当地の稲刈りは3名の田んぼが残っています。今年は自分が一番最後になるかとも一時思いましたが、例年どおりの3名が最後になりましたね。

先ずは58歳専業君ですが、田んぼを管理していないのでヌカルんで途中で稲刈り断念しています。他の圃場も草が凄い、倒伏、ヌカルむの3重難で何処の圃場も途中で刈り取り断念しています。どうすんのかな?手刈り?



キャタピラオジさん、今年は稲刈りの開始が早かったので自分より早く終るんだろうなと思ったんですが、今日、キャタピラを持って行ったので、アレ?またキャタピラが切れたのかと思って、自分のコンバインを洗った後見に行ったら、案の定、キャタピラ交換作業中でした。どうしたら、キャタピラー切れるんでしょうかね。理解できない。畦に交換前のキャタピラーがありますので、まだ交換で来て無さそうですね。まだ、1ha以上残ってるんですけどね。



次は50haオジさんですが、ここも田んぼにはほとんど来ないんで田んぼの管理はしていません。こちらの圃場も草が凄い、倒伏、ヌカルむの3重難で地域でも非難の農家さんです。
でも、こちらは、大規模農家だけあって農機も大きくて着手すると直ぐ終わりますね。夕方に見に行ってきました。今回はコンバイン2台で刈り取っていますが、田んぼがぬかるんでいるはずなのでまともに刈れないでしょうね。途中で割刈りしてましたんで



何故かこの3名は自分の田んぼの上に田んぼがあって、遅くまで水を入れているんで自分の田んぼも乾かないんですよね。超環境悪しです。
田んぼを持って引っ越しも出来ないし、今年は懲りたんで来年は彼らの田んぼの水入れも早めにカットします。文句言ってきたら受けて立つ!

明日も一寸だけ、頑張ります。

頑張っているんで、プチットお願います。
 ↓↓↓百姓の場合はこちら




登山の場合はこちらを

人気ブログランキングへ


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の稲刈り漸く終了しました | トップ | 田んぼの補修作業開始 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クローラ切れにしては早い? (実家は元農家)
2016-10-17 23:39:52
>どうしたら、キャタピラー切れるんでしょうかね

おそらくクローラの張りが強すぎるのだと思います。クローラは機種・メーカーごとに適正なたわみ量(だいたい15~20mmくらい)があり、これよりたわみが少ない(張りが強い)と遊動輪などのベアリングの摩耗が進み、ゴム・クローラの消耗が早くなります。逆にたわみが多い(張りが弱い)と外れ易くなるばかりか、駆動輪が空転して旋回できなくなります。

クローラを交換する場合、最初(1回目)にゴムクローラを張った後、ジャッキ・アップした状態のまま再度安全を確認し、エンジンを始動してゆっくりゴム・クローラを1~2周程回転(前進または後進)させてエンジンを停止させます。これで再びたわみ量が大きくなるので、2回目の張り調整を行ってたわみ量を確認するのが基本です。キャタピラオジさんは恐らく交換時の張り調整は最初(1回)のみでかつたわみが少なくなるようにクローラを張っている(ぬかるんだ所でも脱落しないようにかなりたわみが少ない状態)と思われるので結果として張り過ぎによるクローラ摩耗が日常的に起こっているのだと思いますね。

5条刈りのコンバインだと自重が3~4トンほど、おまけに刈り取った籾がタンク満タンになると更に700kgから1トン程度の重量が加わりますのでクローラに掛かる負担はかなりのものになります。コンバインのクローラは通常使用であれば700~800時間使えますが舗装路やぬかるんだ圃場での無理なブレーキターンを頻繁にやっていると通常の半分の400時間でも切れたりする様です。クローラを支える転輪や遊動輪も200~300時間で中のベアリングが破損することがありますがその前の段階でオイルシール(泥水シール)が駄目になっているケースが多いので毎年使用前後にグリスニップルへグリスアップすることをお勧めします。
大型農機の使用が荒い (岳仁)
2016-10-19 19:31:38
実家は元農家さん こんばんわです。いつも適格な情報をありがとうございます。実家は元農家さんのコメントをキャタピラオジさんに見せてあげたい位です。キャタピラオジさんの隣の婆さんは農機を使用すると農機小屋に清掃もしないでそのまま格納している性だといっていました。農機はメンテナンスしないとだめだと思うんですよね。
大型コンバインの農家さんの稲刈りをよく観察していると稲が倒伏しているにも関わらず、超高速で稲刈りをしています。旋回なんて恐ろしく速いですので、田んぼが緩いと恐ろしい位の轍が出来ます。農作業はいろんなテクニックが必要ですが、圃場の状況を理解し農機も労わって使用することが基本では無いでしょうかね。
これからも他所の農家さんを見ながら勉強していきますのでこれからも宜しくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。