岳と百姓と

会社定年、第二の人生で新たな世界を!農業、登山と旅行と趣味三昧のブログ

旅の途中(その1)

2018年01月21日 | 旅行
平成30年1月21日

東京は今日も快晴。暑い、暑すぎる。雪国から来た自分は汗だくだくで辛い。

今日は旅 4日目で今日は関西に移動します。

昨日までの3日間で巡った神社、仏閣は以下です。ホテルの共用パソコンなので画像は揚げれません。
①亀戸天神
②富岡八幡宮(事件のあったとこ)
③深川不動尊
④鹿島神宮(茨城県)
⑤成田空港(飛行機大好き)今日は羽田空港に行く予定
⑥諏訪大社(長野県)
⑦善光寺(長野県)
神社関係は以上のとこ。

実家の方の雪が心配だけど、天気予報を見てみるとあまり降ってるほどではないので旅は続行します。
今日で1/3なのでまだまだ楽しみます。

旅の詳細は帰ってから揚げます。


頑張っているんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はばき履き

2018年01月17日 | 百姓
平成30年1月17日(曇り)

今日は冬としては暖かいね。最低気温がプラス3度だって!冬なんだけどすごく暖かいね。
雪が降らなくて嬉しいんだけど、足元の雪が緩くて車が走りにくい。



ハウスの中は暖かくて作業日和なんだけど、結構忙しい。まずはねぎの種落としをやってます。さっと終わるつもりが種の缶をひっくり返してしまい作業がめちゃくちゃ遅くなってしまいました。予定では40トレイ程終わる予定が半分の20トレイしかできなかったね。



明日から旅に出る予定なので芽出器に入れていた発芽用のトレイを輩出しました。芽が出ていなくてもう1日入れておきたかったけど加温を停止してもこのまま入れておくとモヤシ状態になるので輩出しました。
芽は動いているはずなので旅から帰ってきたら芽が出ていることを期待してね。



1年後にメールが来て1年前になにしたか確認できるシステムなので来年のために播種のデータをメモしておきます。
⓵ねぎの播種時、覆土にニッピの培土(15㎏/袋)を使用するが1袋で12トレイをカバーできる。
⓶ホワイトスター 裸種子 1dl 39トレイ 2粒で播種可能。
⓷タキイねぎ培土Kタイプ 40リットル 10トレイ培土詰可能

ハバキとは昔言葉で草鞋のことかな?旅に出るときにハバキを履くことから送別の宴を開くことをハバキ履きというんですよね。
長期出張行くときは会社の仲間内でハバキ履きといって飲み会を開いていました。出張から帰ってくるとハバキ脱ぎと言って飲み会を開いていましたね。会社員時代はいずれいろんな理由をつけて飲み会していましたね。楽しかったね。

さて、旅はどこ行くでしょうか?ホテルで共用パソコンがあったら簡単に掲載しますすので想像してください。基本、神社、仏閣巡りなんですけどね。山にはいかないと思いますけど、一応、ザックを背負っていきます。2山くらいは登れそうで凄ーく悩んだけど靴はトレッキングシューズではないんで多分登らない。


明日から旅だよーー!

頑張っているんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ねぎの発芽を目指し

2018年01月14日 | 百姓
平成30年1月14日(晴れ)

今日は久しぶりに晴れで暖かい一日でした。ハウス内は34度にもなって汗だくの作業でした。
お天気が良いと気分も爽快ですね。毎晩,5cm程の積雪はあるんですが、今日は10㎝以上消えるんでしょうね。
この調子で穏やかな冬になってほしいね。



今日はねぎの播種で種落としのトレイを芽出器に入れました。
品種はホワイトスターで20トレイを芽出器に入れました。18日から旅に出る予定なので何時もなら23度で目出しするんですが17日まで排出したいんで25度にしました。17日までに発芽するかな?
作業的には1時間ほどの作業ですがハウス内はサウナ状態で汗がすごくて1回肌着を着替えするほどでした。



その後に、運動不足解消とダイエット目的で体育館に行ったら、なんかの大会があってトレーニングルームとジョギングコースが閉鎖されていて目的が果たせなくて残念でした。
仕方なく帰ろうとしていたら、税務署の総務課長も来て運動したくて来たらしいんですが彼も仕方なく帰っていきましたね。
自分はそのあと温泉に行って汗を流してきました。

今日はこんなとこですかね。

頑張っているんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弟子の来訪

2018年01月13日 | 生活
平成30年1月13日(曇り)
この時期、秋田はすっきり晴れる日はほとんどないので雪が降っていなければ良いお天気と言います。
半年間は毎日、灰色どんよりな日が続くので、冬場に晴天が続く関東圏から嫁に来ると鬱になる人がいるとか?
この季節を乗り越えて、春はものすごくワクワクします。春先、生殖機能も活性化するのは自分だけでしょうか?(笑)

さて、今日は自分の道場(農業だけでなく人生一般について教えています)の弟子(26歳)が嬉しい報告に来ました。
ある独立行政法人?に就職が決定したので晴れて団体職員(準公務員)になることが出来たと報告に来ました。

当該の弟子は某組織(詳しくは書けませんが)で一寸、浮いていて左遷状態だったんでこの組織では将来性がないので自分が話してみて素直な子なので次の世界へ飛び出すように自宅に呼んで内緒に指導していて就職の対応について身上書の書き方や希望調書などの書き方や面接の対応を自宅で実際にやったりして支援していたんです。
自分が押していたのは公務員です。いろいろと国家公務員や地方公務員を受験していたんですが、1次は通るんだけど2次が通らない。それで1年は過ぎました。そこで2年目に若干、方向を変えて独立行政法人などに方向性を変えて今回農業関連の法人に就職が決まったわけです。内定ではありません。今日持ってきたのは採用通知書でした。
自分は最高に喜びましたね。公務員にはなれなかったけど、団体職員になれたんで最高です。彼の人生も大幅に変わるでしょうね。

今日、訪れたのは今後どう動けばよいかということでした。以下、ポイントだけ記載します。
⓵現組織に何時、どういう形で退職届を出せばよいか⇒退職希望日の1カ月前頃に退職願いを出すこと。
⓶退職にあたって何処まで話せばよいか ⇒ 立つ鳥跡を残さずで新しいチャレンジで別の職業を目指すこと。先の組織もきちんと話すこと。退職願いの書き方も。
⓷就職先での立ち振る舞い ⇒ 一回失敗してるので気負わず当面、上司、先輩から指導を受けながら業務に当たること。

その他に、名刺の交換の仕方、打ち合わせの仕方、議事録の書き方などのレクチャーや農業に関する土地改良区の存在意義や業務内容、農業委員会の役割や今年からの農業行政や変更点などのレクチャーなど多肢多方面のことを教えました。

朝10時前にきて午前中には帰るかと思っていたら17時まで居ましたね。まだ、聞きたいことがあるということなのでまた来るそうです。
まあ、自分が期待されているんで断れないし、弟子が頑張って成果を出すのは嬉しいしね。

弟子がお礼で持ってきたお酒です。地方で限定品で随分、気張ったね。自分の子供みたいなので見返りは考えてないし弟子が成功することが至高に嬉しいだけなんです。嬉しく頂きますかね。

 

自分は特に何かの特別なスキルがあるわけではないのですが、後期高齢者なので人生経験が豊富で幅広い知識は結構あるので質問にはほとんど答えられるし、上から目線なことはしないので弟子曰く落ち着いて話せるらしい。自分では意識してないけど嬉しいね。
今日は男同士で7時間もいたんでよく飽きなかったね。これが女の子だったら最高ですけどね(笑、失敬)

実は今日、ねぎの播種が終わっていて、目出器に入れようかなと思っていたんですが、弟子が帰る風もなくて、質問がたくさんあるということで聞いていたら外が暗くなってきた。なので今日の農作業は無しでした。

明日は芽出器にねぎトレイを入れるぞ。そして体育館に行って5km走ってきます。ダイエット!頑張る。

あっ、自分は会社員時代から鬱の人を社会復帰させることが多かったので、鬱で引きこもりの人がいたら○○道場に入れてください。良い方向に導きますよ。一寸、余計なことかな?

明日も頑張るよ!

頑張っているんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成30年産米の需要に応じた取り組みの説明会に参加

2018年01月12日 | 百姓
平成30年1月12日(薄曇り)

今日も穏やかなお天気ですが、とても寒い。

今日の午前中に市とJA主催の掲題の説明会に行ってきました。
そうそうたるメンバーで市は農業委員会の課長始め主査たちとJAは組合長以下幹部が勢ぞろいです。農政に対しての凄いメンバーで力の入れようがわかるというものです。



資料もたくさんありましたが、要はコメ農政がどう変わるかということの説明です。



ポイントは以下になります。
①30年度以降、減反政策は廃止になる。米は自由に作付けできることとなる。
②国の米の直接支払交付金(7500円/10a)の廃止。
③加工米や飼料米等への助成金は維持される。

以上のことを踏まえて30年度の米行政は変わるかというと変わらないですね。
無作為に米を作付けしても市場に米余りが懸念され、米価が下がって農家の収入に影響が出るために生産調整は継続するということです。
また、加工米等の価格の安い米の作付けもやっていくということです。価格の安い米がないと外食産業が困って外国産米が入ってくるのでそれを阻止するためには低価格の米も作っていかざるを得ないということです。

結局のところ、「国の米の直接支払交付金(7500円/10a)の廃止」の影響はあります。大農家ほど影響が大きくて、自分は20万円ほどの減収なんでそんなには厳しくはないですね。一寸、心配していましたが一寸一安心です。
減収対策として野菜など栽培をしてくださいって!

JAからのお願いもあって、昨年JAと出荷契約して出荷されたコメが86%位しかなくて顧客に提供不足が起きているということでした。なので、各農家の保有米(飯米)から1袋でもよいので出荷してほしいということでした。一人1俵運動とか言ってましたね。
余裕をもって計画すれば良いのにね。JAも売れ残りを懸念していたと思うけど、農家も余計に保有米は抱えたくないからそんなには出てこないと思いますね。
加工米を回せばよいんじゃないかな?

午後にはねぎ部会の役員会があって、可もなく不可もなくの内容でしたのでそちらのほうは掲載しません。

明日は弟子が自分が指導していたある報告があってくるので楽しみです。

今日はこんなところかな?


頑張っているんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらをお願いします。

人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加