岳と百姓と

会社定年、第二の人生で新たな世界を!農業、登山と旅行と趣味三昧のブログ

津軽への旅 その2

2017年06月23日 | 百姓
平成29年6月23日(午前中は小雨、午後は晴れ)

今日もお天気悪し、気温が上がらないので稲の分株が進まないね。このお天気状況だと田んぼの中干しが遅れますね。
今日はハウス内でスナップエンドウの出荷作業をしていました。パソコンとアンプを持ちこんでYoutubeの音楽をガンガンかけて作業していました。お天気の悪い日はご近所さんは窓を閉めているし、雨音であまり聞こえないと思ってね。こういう作業は飽きないので大好きですね。

さて、農業先進地の個人視察の続きです。
この地域では麦が多く植えられていて、良い加減に枯れてきていて来月には収穫が始まりますね。



反対側にはブロッコリーとネギが植えられています。ブロッコリーは収穫が始まりそうですね。コンテナが運び込まれていますが、他県のJAのコンテナもあって、意外と良い加減だなと思ってしまいました。



ブロッコリー畑の隣が田んぼなんで排水路を切って有りました。自分がやるとしたらこれはやらなければならないですね。



この圃場は本当に立派なブロッコリーです。



こちらは排水も悪く、何か病気が付いているみたいで見るも無残なブロッコリー畑です。
栽培者によって違いがあるんですね。



いろんな畑を回っていたら、漸くブロッコリー畑で収穫作業をしている人を見かけたんで早速、インタビュー?をしてみました。



かなり忙しそうで話をしていても手を休めません。申し訳なかったですね。でも、質問には全て答えて頂きました。有難いですね。



先ずは途中でスケールを購入してあったんで畝間を計ってみました。70cmでした。



次に株間は30cmでした。マルチはしていませんでした。これでデータ取得完了です。



そこでお聞きした内容を整理しておきます。忙しいのに良く答えて頂けましたね。有難いです。
①定植は4月15日前後でこの時期に収穫出来るということです。4月定植、6月収穫。この地域では2毛作で2回目は8月お盆前に定植で10月収穫だそうです。3回転も出来るそうですが、根こぶ病が出るので畑は休ませた方が良いと言ってましたね。なので2回転だそうです。
②良い青果物を得るためには排水を良くすること。
③畝間は70cm、株間は30cm
④苗はこの方はJAから購入。自分でも育苗は可能だそうです。
⑤収穫は10アールあたり先のコンテナに25~26個入れて150ケースを収穫出来るということでした。
⑥収穫物はJAの選果場に持ち込んでそちらから関東圏に出荷するそうです。
以上

不耕作地を使って自分も何かやれそうな気がしてきて、問題は出荷問題ですので今日、JAに出荷について聞いてきました。結果、駄目でしたね。以下、ダメな理由。
①ブロッコリーの出荷規格はない。県としての規格もない。(多分、全農が推奨していないのでしょうね。地域JAなんて全農の言いなりですからね。ネギの新規格の提案も受けてもらえないしね)なのでブロッコリーの段ボールも無い。
②葉物は取り扱って無い。葉物は首都圏までは品質を保って運べないからダメだそうです。キャベツと同じだと思うけどね。キャベツは受けてるんですけどね。当地より遠い青森が首都圏に出荷していて当地は出来ないなんて、結局、やる気が無いんでしょうね?
※つまり、今回はJAとしてはやる気が無いということが判ってがっかりでした。大規模にやるには地域公設市場では捌けないんで一寸、意気消沈です。

まっ、別のことでも模索しますかね。

明日は津軽のネギについて掲載します。

明日も頑張るぞ!

頑張っているんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらを

人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

津軽への旅 その1

2017年06月22日 | 百姓
平成29年6月22日(雨)
今日は朝から雨で農作業は止めです。午後には曇りという予報なんですが、時間が勿体ないので先日、実家は元農家さんから頂いた情報を基に青森県つがる市稲垣町に減反対策を見に行ってきました。
青森木造についたのが午前10時前で時間が一寸早かったので、立ちねぷたの館に寄ってみました。経ちねぷたは今まで見たことが無くて予てより見たかったのです。
この時間帯でも青森は雨でしたね。建物の前景です。高さがありますね。



中に入ってみました。ロビーに中型のネプタがありました。中型と言っても大きいし、絵が綺麗ですね。



入館料600円を払って展示場に入ってみたら、でっかい!立ネプタってこんなにも大きいんだ?
カメラに収まらないですね。高さが22m以上あります。



女性の顎がかなり出ていました。山田苦邦子バリでしたね。でも綺麗!



大きいし、高いし迫力があるね。8月には実際の祭りもみたいですね。8月4日からの祭りで運行するようです。大型(22m以上)は3基、中型が10台くらい、小型が沢山運行されるそうです。



さて、農業見学ですが、減反の圃場でどんな農作物を作っているか地域を回っていました。
お天気も悪く、風も強いし、圃場を探索した時間帯がお昼時間で圃場には農家さんの姿がほとんど無くてインタビュー出来ません。
でも見つけました。ブロッコリー畑、田んぼのど真ん中でブロッコリーとネギが植えられています。



まさに隣が田んぼです。収穫時期の様でもあります。



ブロッコリーは葉が大きくて緑色が濃いので直ぐ見つけられます。



こちらはネギ畑です。この地域でもネギは沢山植えられていましたね。



他にはニンニクが植えられていました。50アール位ですかね。収穫時期を迎えていましたね。



今日はこの辺にしておきます。
先ずは、この地域では不耕作農地は見られませんでしたね。何かしらの農作物が植えられていて、見た感じ、減反向けの農作物は麦(麦秋を迎えていました)、蕎麦(面積は少なかった)、ニンニク(面積は少なかった)、トマト(流石、津軽はトマトッて感じでハウス内はほとんどがトマトでしたね)、葱とブロッコリーは一番面積が多かったですね。
津軽平野は山が無くて圃場が真平で岩木川があるので水は十分だったし、風は強いでしょうけど、1枚の圃場も広くて(50アール)農地としては最適な環境でしたね。何よりも田んぼに段差が無いのが管理運営上に最高に良いね。

明日は、ブロッコリー農家をインタビューしたんでそこいら辺を掲載します。

明日は自分も農作業頑張るぞ!

頑張っているんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらを

人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ねぎ栽培講習会と現地研修会

2017年06月21日 | 百姓
平成29年6月21日(曇りのち雨)

今日は朝から午前中は曇り空で午後から雨予報でなので農作業急ピッチなんだけど、JA主催のネギの栽培講習会に行ってきました。

先ずは講習会ですが、今年の4月に担当になった県の普及員からいろんな事例を交えて説明がありました。聞いてきたことを参考になるんで一寸揚げますよ。



先ずは、ある農家さんが持ち込んだネギの葉がクルンと丸くなってしまう事象で暴れネギと言うそうです。農家さん曰く、こういうネギが沢山発生すると言うことです。この事象は圃場周りにニセアカシヤの樹があって花が落ちてその影響によりネギの生育が変になると言うことでした。圃場も見ないで明確な回答です。
実際にこの方の圃場周りにアカシヤの樹がありましたね。見事な推察です。対処法は木を切るしかないというおことでした。農家さんも木を切ると言うことでした。



次に葉枯れネギです。こちらは別の農家さんが持ち込んだものです。これついてはカルシューム不足つまり水分不足の圃場の場合はこの様に生理障害が出るそうです。農家さんもこの畑だけ高台なんで納得です。



次に根元が太るラッキョウネギは前記の生理障害時にこの様なラッキョウネギになるそうで、リカバリーは難しいそうです。



次に写真はありませんが参考になることを書きます。
①青々としたネギは窒素過多で病気になり易い。
②ベト病は古い葉につ付きやすい。新しい葉(若いネギ)には付かないのでこの時期のベト病は夏ネギには付くが、秋冬ネギの若苗には付かないと言うことでした。
③黄色斑紋病にはテーク水溶剤が効くらしい。完璧ではありませんが病斑を減らせるそうです。
④草対策は出来れば前年秋耕作にバスアミドを散布する。春の定植直後に553細粒剤を全面土譲散布する、平畝作業時にトレファノサイド乳剤(細粒剤も可)を全面土譲散布することで大概の草は対処できるそうです。自分はこのパターンをやって無かったね。来年は実施するぞ!

等など、今回の普及員はいろんな事象に具体的で良く説明してくれるんで凄く勉強になりましたね。他の農家さんも言ってましたが、今までの県の普及員では情報通で説明も丁寧でナンバーワンだそうです。自分も3人目でしたが、ナンバーワンでしたね。

続いて圃場に回ってみました。流石、展示圃場です。草が全くありませんし、ネギも太くて後は伸ばすだけでしたね。35アール規模なんで壮観です。こういう畑を作りたいんですが、その前に自分は栽培スキルがまだ備わっていないんで数年先かな?
未だに草対策で苦労しているんで来年はセオリーに沿ってきちんとやれば何とかなるかな?



今日は良い勉強になりましたね。

現地研修会はまだ2か所あったんですが、自分は忙しいのでここで帰ってきました。
帰って来て小田道Aの大きな草を手取り(あまり多く無かったので)してから土寄せをしました。今の生育状況から7月末ですかね?

雨が降る13時30分まで昼食をずらして外仕事を頑張ってやって、午後からは雨なんで農作業をお休みにして休息しました。毎日、朝5時前から働いていて寝不足だったので昼寝して寝不足解消しました。久しぶりのお休みです。

明日はスナップエンドウの集荷から農作業開始です。

頑張るよ

頑張っているんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらを

人気ブログランキングへ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

懲りないねーースーパー婆さん

2017年06月20日 | 生活
平成29年6月20日(うす曇り)
今日は超暑い。今年1番の暑さで30.2度だって!暑い訳だ!

さて。掲題ですが、今日もスナップエンドウの収穫出荷作業していたら、例のスーパー婆さんがまた畑で焚火をしています。
近所の婆さんに見つかってしましました。抗議を受けています。煙が黒いので自宅からビニールかゴム屑でも持ってきて燃やしているようですね。この時期は草も大きくなっているんで延焼はないんで自分は無視していました。



耳が遠いので耳元で抗議を受けていますが、聞こえていないのか聞いていないのかスーパー婆さんはほぼ無視ですね。



ものお別れです。近所の婆さん、呆れて自宅から水を持ってきて消しましたね。
延焼はないと思うけどね。それにしてもあれだけ怒られても畑で火を焚く神経は凄いね。



話は替わりますが、昨日の飲み会で聞いた話を揚げます。
先ずは昨日飲んでいたら、熊の話になって今年は熊が多いという話になって、僚友会に頑張ってもらうと言うことになったんですが、僚友会は高齢化等で人数が減って存続の危機になっておりらしい。自分に散々、入れと言う勧誘が最初から最後まで延々と凄い。
もとより入る気はないんだけどね。
そこで聞いた話を上げると、有害駆除を市から受けるには5名以上のチームで無いと受けれないと言うことで今はチームが5名で存続ぎりぎりで2名が高齢で辞めそうだということです。
それにメンバーが異常な死に方をしているということで若いのにガンで、若いのに自動車事故で等、殺生している性か若い方から無くなっているという。それを聞いたら尚更入りたくないね。

別の話、当地では近近,NHKののど自慢が来ると言うことで、カラオケボックスは満杯で、スナックでもひたすら歌いまくっている人たちが多く居て盛り上がっているらしい。
一寸した経済が活性化しているらしい。
昨日の2次会のメンバーも一部、唄うために別のスナックに行ってしまいましたね。
凄いねNHK!

と言う話を聞いてきたんで一寸揚げてみました。

明日は雨も様なので何処まで農作業出来るかな?

頑張るよ!


頑張っているんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらを

人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スナップエンドウの出荷と地区集拝設備管理作業

2017年06月19日 | 百姓
平成29年6月19日(曇り)
今日は1日中、曇りで気温も22度位で涼しい一日でした。

農作業的にはネギの定植も終え、スナップエンドウの出荷も始まり佳境ですが、このところいろんな行事が立て続けでそちらも超忙しいですね。

先ずは、スナップエンドウの出荷作業現場です。昨年は自宅で出荷作業をしたんですが、今年はハウス内でやりました。作業性は凄く良くなりましたね。
今のところ、日量 10kg弱ですね。全農の買い取りなんで1kg入り段ボールでA品 1000円、ム印 700円が最低保証ですので計算できますね。



今日は集落排水設備周りの草刈り作業が朝の5時半からあって行ってきました。毎年の作業ですが草もさることながら、桑の樹やバラや柳の樹が沢山生えていました。1年で伸びちゃうんですね。



各村から自治会役員が招集されていて10数名での作業です。人数が多いので1時間弱の作業です。



その後桂清水下圃場に回って排水路の草刈りをしました。お向かいの方は四天王の一人(78歳位)ですが、最近、田んぼで倒れて力が出なくて起き上がれなくなったらしく、最近は田んぼを回るのに家族が付いて回る状態なんで自分が全部刈り取る作業をしました。これからはこういうことが多くなりますね。



ネギ畑の状況です。小田道Aは良い生育状況です。最近、ベト病が見え始めました。防除をしましたが止まると良いですね。今週には追肥と土寄せをします。



小田道Bです。こちらもネギの生育は良いですね。手前の白い部分は防除の液が濃かったためです。特に問題有りません。



小田道Cです。こちらも定植後に余り日数はありませんが良い生育だと思います。草は草掻きしたんで余り無いんですが、株元に一寸伸びていますので後で手取りする予定です。1時間弱で終了するでしょう。



小田道Dです。ここの生育も順調で良い状況ですが、ここの畑がベト病が沢山付いていて見た目は良いのですが、実際は最悪です。9月収穫予定なので上手くリカバリー出来ますかね?



と言うことで農作業は目白押しで疲れますが、頑張ってやるしかないですね。
今晩は、集落排水の草刈り作業のご苦労さん会と管理組合の会計報告が市内の小料理屋でありましたんで行ってきました。会費は1000円ですが、たっぷり飲み食い出来て、2次会でスナックにも行きましたし、行き来はタクシーの送り迎いもタダなんで御馳走になってきました。組合長が中学の同級生で予算が沢山あるんで活動がこれしかないんで使う手段が無いということでした。
こういう飲み会は良いですね。御馳走さんでした。



明日からはスナップエンドウの出荷作業をベースに残りの時間で小田道Bの草むしりやりますかね。野菜苗の販売もそろそろお終いで畑集中ですかね?

明日も頑張ります。

頑張っているんでプチっとお願いします。
↓↓百姓の場合はこちら



登山の場合はこちらを

人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加