個別No.1 西宮教室 塾長 「つぶやきゴロー」

月謝制 看護予備校・高認(大検)予備校

西宮市津門稲荷町4-4

0798-23-0430(月~金 15時~)

<ふれあい看護体験報告>だいもつ病院 月謝制看護予備校個別No.1西宮尼崎

2017年08月13日 | これでっせー!
◎2017年8月3日(木)

だいもつ病院の「ふれあい看護体験」に

参加された方がレポートをして下さいました!!



ありがとうございます!!!





「だいもつ病院午前9:30分集合


10:00~12:00

5階回復期病棟にて看護体験

・カンファレンス参加

・患者様のバイタル、体温チェックに巡回し同行

・おむつ替え、便の促進補助を見学

・レントゲン室へ同行



12:00~13:00昼食

13:00~14:30 4階地域包括病棟にて参加

・院内の紹介

・ナースコールの色によって呼び出し状況が異なる事。

・電子カルテの操作方法等

・病棟巡回




14:30~15:30アンケート、作文提出、意見交換 解散





【所感】

午前中の感想としては、担当の看護師の方が、

認知症認定看護師を取得されており、

患者様それぞれにあった傾聴を行い頼りにされている姿が、

とてもやりがいのある仕事であり、

また向上し続ける事が患者様に

より良い医療を提供するのだと再確認致しました。




また、私は、全く知識がなく

ひたすら同行し見学させてもらう形でしたので、

頼りにされるには、正しい受け答えが出来る知識と、

技術が必要であるので、受験に向けての意識がより高まりました。





午後の地域包括病棟では、

様々な疾患の患者様がおられ、

国からの定めで2か月で

病院から在宅又は老健へ

送り出しを行われている病棟でした。



そこでは、胃ろうを使っておられる患者様のご家族が

今後、ご家族で看病をされるにあたり

命綱である栄養剤の減りの具合や、

下痢をされている患者様の脱水症状への不安を訴えられていた。

看護師の方から、詳しい処置の仕方などを丁寧に説明されていた。




最後に、看護師の方へコミュニケーションで大切な事を伺いいたしました。


患者とは患う者と書くように、

何かを患っている所を補って支援する事で、

在宅・社会復帰を支援する。


その為には、何が必要なのか。

どういう過程にあるのかを

患者様の立場になって考えていくことが

大切であるというお言葉をいただきました。





参加する事で、現場を知り

雰囲気を肌で感じる事が出来、

とても貴重な体験となりました。」










個別No.1のホームページはこちら「 問い合わせフォーム」からアドレスおよび電話番号を明記のうえ、何でも質問を!
http://jukutown.com/number-1/  またはお気軽に電話を 0798-23-0430(月~木 15:00~21:30)

ジャンル:
じまん
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <ふれあい看護体験報告>宝... | トップ | <面接での質問>西宮市医師... »

これでっせー!」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。