路傍の石

花を求めて山歩き

英彦山(花は何処へ行った?)

2017-06-17 21:55:37 | 英彦山系(夏)
畑の水やり用の水汲みで出発が遅くなったので、別所駐車場も満車だったが、辛うじて一番奥の隅っこが空いていた

駐車場、満車・・・、以前よりも停められる車の台数が減ってませんか・・?

ハンカイソウが咲いていた

民家の横の崖に小鹿が・・、逃げないで、こちらの様子を伺っているようだった

花山旅館の横のオオヤマレンゲ、相変わらず完全には開花してないようだ
今年は変ですね、雨も降らないし・・・

法印塔、廃仏毀釈の時、何かを亀に変えて、無事だったとか・・・

ヒコサンヒメシャラ(奉幣殿にて)

ツルアリドオシ

ツクシテンナンショウが、まだ咲いていた

籠水峠の大岩壁

サルナシ、今年こそは実を食べてみたいです(美味しいらしい)

垂水の壺、水滴は、極僅かしか落ちていなかった

今日の第二目的のクモキリソウ
またもや花が終わっていた・・、とよく見ると、昨年の花後が残っていて、今年の蕾はまだ小さかった
第一目的は、ウメガサソウだったのですが、影も形も見えなくなっていました、遂に絶滅かな??

ツクシヤブウツギ

ツクシタツナミソウ

中岳に到着、誰もいないと思っていたら、若者の姿が数名見えました

ベニドウダン

中岳のヒコサンヒメシャラ、ケルンの谷から上では、ヒコサンヒメシャラの花は咲いていませんでした

行者堂・木の鳥居上のオオヤマレンゲ、沢山咲いていました(10個くらい・・)

オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ、すべて行者堂の上の木です

ニシキキンカメムシの抜殻を見つけた、何処かに成虫がいるはずと捜したが見つからず・・・・

ケハンショウヅル(6月10日撮影)が、そろそろ開いているはずと捜したが消えていた
鹿が食べたわけでもあるまいし・・

イナモリソウ、綺麗なピンク色だったが、雌蕊が折れていた

奉幣殿のオオヤマレンゲ、明日が見頃か?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 莇ヶ岳 | トップ | ヒナラン »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自然体系、変わってきてますか (マイラン)
2017-06-19 15:51:28
目的の花がないのは、残念ですね
明日、オオヤマレンゲを見に行きます
RE:自然体系、変わってきてますか (yoshieeee)
2017-06-19 19:25:49
ウメガサソウを最初に見つけた時は、三株あったのですが、年々減って行って、遂になくなりました
原因は、わかりません
ケハンショウヅルは、一週間前まであったのですから、人為的消滅ではないかと疑っています
他にも二か所あったのが、人為的に無くなったようです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。