弁理士試験・弁理士受験対策講座   全員合格!吉田ゼミ

頑張るぞ!弁理士試験
370万PVを誇った吉田ゼミのブログ。OCNのサービス終了により、こちらに引っ越してきました!

平成29年度 第2期短答演習ゼミ(2017年1月~3月)のご案内

2016-12-01 14:00:13 | 2016口述試験
平成29年度第2期短答演習ゼミ(2017年1月~3月)のご案内を掲載します。

 1月から短答の演習講座を開講します。年内に行った「短答演習講座(1期 10月~12月 全12回)」が、年内の論文ゼミの進行に合わせて細かい範囲指定で行ってきましたが、年明けはより実践的な演習を行います。
 過去38年に亘るデータの蓄積に基づき、過去問の出題分析を踏まえた上で、新作問題も取り入れた演習・解説を行います。


【進め方】毎回30問の本試験レベルの短答問題を1時間30分で演習を行います。
その後、各問題についての解説を1時間30分で行います。新作のオリジナル問題も多く取り入れます。
答案は採点をして、成績表を配布します。

【日時】
 2017年1月~3月 全12回

☆講師
 吉田正芳

☆使用教材
 各回配布する30問の5択の問題集及び解答解説を使います。

☆日程
 全12回(年内)

☆開講クラス
・日曜クラス(2017年1月8日(日)~2017年3月26日(日)毎週日曜14:00~17:00)
・月曜クラス(2017年1月9日(月)~2017年3月27日(月)毎週月曜18:45~21:45)

開催場所はいずれもTR-IP研究所(渋谷)で行います。
・通信クラス(2017年1月10日(火)より毎週火曜日送信・発送)
 ※祝日等、開始時刻を変更することがあります。その際は受講生の方に事前にご連絡いたします。

☆【進行予定】途中まで論文ゼミ2期の進行に合わせます。各週論文ゼミと短答演習ゼミの範囲が同じなので論文ゼミと併用しても論文・短答ともに勉強しやすい日程です。最後の4回は、条約、著作、不競をやります。

 第01回 特実 前半 概ね権利化前(特許要件、特許を受ける権利、出願、審査)
 第02回 意匠 前半 概ね権利化前(登録要件、出願、審査、組物、関連、秘密、部分は随時)
 第03回 商標 前半 概ね権利化前(登録要件、出願、審査)
 第04回 特実 後半 概ね権利化後(権利、侵害、審判、訴訟)
 第05回 意匠 後半 概ね権利化後(権利、侵害、審判、訴訟、組物、関連、秘密、部分は随時)
 第06回 商標 後半 概ね権利化後(権利、侵害、審判、訴訟)
 第07回 特許全般1 (第1回と第4回で取り上げなかった内容含む)
 第08回 特許全般2 (第1回と第4回で取り上げなかった内容含む)
 第09回 条約1 パリ、TRIPS、その他
 第10回 条約2 PCT
 第11回 不正競争防止法
 第12回 著作権法


☆定員・会場・受講料
 定員各24名
 通信クラスには定員はありません。
 通学会場 TR-IP研究所会議室(渋谷駅徒歩5分)。
 受講料
・渋谷通学クラス(土曜、日曜、月曜) 全12回57000円
・通信受講(音声ダウンロード) 全12回69960円
・通信受講(CD-ROM送付) 全12回76440円

☆変則受講を認めます。
 第1回~第8回のみの受講
 第9回~第12回のみの受講
 も認めます。その場合の受講料は、それぞれ3分の2、3分の1になります。ただし通信受講料加算分は1回あたり1080円です。
 第01回~第08回のみの場合 受講料38000円(通信DL 46640円、通信CD 50960円)
 第09回~第12回のみの場合 受講料19000円(通信DL 23320円、通信CD 25480円)

☆平成29年度の講座の受講生の方の特則(ただし、半額の場合でも、通信受講料加算分は1回あたり1080円です。)
・平成29年度の青本条文ゼミ及び短答演習オプションの双方を受講されている方は、第1回~第8回については、すべて同じ問題が出るわけではありませんが、半額で受講できます。
・平成29年度第1期(年内)の短答演習ゼミを受講されている方は、第1回~第8回については、すべて同じ問題が出るわけではありませんが、半額で受講できます。
・平成29年度の条約講座パリ条約及びTRIPSを受講されて短答演習を受けられた方、すべて同じ問題が出るわけではありませんが、第9回に関しては、その回1回分の受講料を半額にするか、又は、その回を受講せずに全体の受講料から1回分の受講料を控除することができます。
・平成29年度の条約講座PCTを受講された方で短答演習を受けられた方、すべて同じ問題が出るわけではありませんが、第10回に関し、同様とします。
・平成29年度の不正競争防止法講座を受講されて短答演習を受けられた方、すべて同じ問題が出るわけではありませんが、第11回に関し、同様とします。
・平成29年度の著作権法講座を受講されて著作権法講座第4回の短答演習を受けられた方、すべて同じ問題が出るわけではありませんが、第12回に関し、同様とします。


【通信受講について】
 吉田ゼミの通信受講は、資料一式を紙媒体で受け取るか、PDFデータとして受け取るかの選択ができます。
 授業は音声(mp3)で提供します(映像はありません)。送信後1週間以内にダウンロードをお願いします。
 通信受講の音声ダウンロード期間は1週間、音声CD-ROMは貸与です。終了後返却していただきます。

【申込み方法】
1.メールタイトルは以下のいずれか厳守でお願いします。
 「第2期短答演習ゼミ参加希望」
 ※他のゼミを併用受講される場合はそれぞれのゼミ向けに申込メールを別途送信して下さい。
2.メール本文には、
(1)氏名
(2)希望クラス(日曜、月曜、通信)を明記して下さい。
 ※希望クラスは複数ある場合には、第1希望 ○○クラス、第2希望 ○○クラス・・・のように記載して下さい。
 ※通信受講を希望する場合には通信クラス希望であることを明記して下さい。
 ※辰已法律研究所との提携は解消しております。ビデオブース受講の形態はありません。
(3)連絡先住所・電話番号
 ※弊所での登録住所への発送となりますので、吉田ゼミ受講生の方で、住所が変わった方は「転居した旨を必ず付記してください。(ヤマト便での発送となるので、郵便局に転居届を提出されていても有効ではありません。)
(4)初めての方は、吉田ゼミを何で知ったかをお知らせ下さい(ネットで偶然(いつ頃?)、受験雑誌から、書籍から、受験生の友人から、合格者から、試験会場でのパンフレット、チラシ等)。吉田ゼミの受講経験がある方は、何年度の何ゼミを受講したことがあるかを明記して下さい。本年度受講中の方は記載省略で可です。
(5)通信受講希望の場合は、
 ①送付先住所が上記住所と異なる場合はその住所
 ②音声ダウンロードか、CD送付希望かの別(途中で変更可能)
 ③資料は郵送希望かPDFダウンロード希望かの別(途中で変更可能)
 を明記して下さい。
(6)その他任意のメッセージがあれば記載して下さい。

申込みメールは、
yoshidazemi☆hotmail.com(☆を@に代えてください)
にお願いします。
このアドレスでは送れない方は、
yoshidazemi☆yoshidazemi.com(☆を@に変えて下さい。)
にお願いします。

3.その後の手続
 申込みメールを受信した場合、「ご案内メール」を差し上げますので、その「ご案内メール」に従って、手続を進めて下さい。
(仮に2営業日以内に返信がない場合には、メール不着の可能性があるため、お問い合わせ下さい。)
4.注意点
・通学クラスについては、参加希望者が教室の座席数を超えた場合には参加できない場合がありますので、通信クラスをご検討下さい。(基本は各クラス24名です。)
・メールタイトルによってメールを自動振り分けしますので、メールタイトルが適切なものでない場合には、当方で申込みメールであると認識できない場合もありますので予めご了承願います。
申し込み、お問い合わせはメールで
yoshidazemi☆hotmail.com(☆を@に代えてください)
にお願いします。
このアドレスでは送れない方は、
yoshidazemi☆yoshidazemi.com(☆を@に変えて下さい。)
にお願いします。

ご質問がありましたら、メールでお問い合わせ下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度 論文過去問講座(2017年1月~3月)のご案内

2016-12-01 13:07:44 | 2016口述試験
【論文過去問講座】
 平成17年から平成28年の12年分の論文試験問題の演習・解説を行う論文試験過去問解説講座です。
 問題文の読み方、答案作成の着眼、模範解答の裏に潜む内容等を解説します。
 本試験は過去問を十分に検討することで出題の予想もできるし、どのようなことが狙われるかがわかります。
 各年度の問題に関連して、基本書の記載内容や判例なども適宜参照して確認していきます。
 過去問を十分に検討して本試験に臨みましょう。毎回2年度分ずつ、検討していきます。

【使用テキスト(吉田ゼミオリジナルテキスト)】
平成29年度版 論文過去問解答集 6000円
平成29年度版 論文過去問解答集 6000円
(平成28年度版をお持ちの方は各3500円)
※平成29年度版は、まもなく発行します。

【日時】
・論文過去問講座(全12回)
  木曜クラス 1月5日(木)~3月23日(木)
  18:45~21:45
  日曜クラス 1月8日(日)~3月26日(日)
  17:45~20:45

・通信クラスも行います。
 論文過去問講座 開催日の翌火曜日 発送・送信、その後毎週火曜全12回

※各講座、いずれのクラスも同一内容です。
※申込者が少ない通学クラスは解説をVTR放映とする回があります。その場合でも講師(吉田)への質問は随時できます。

【定員・会場・受講料】
通学クラスは24名、通信クラスに定員はありません。

【受講料】
・通学クラス全12回 57000円(テキスト代除く。)
・通信クラス(音声ダウンロード) 69960円(テキスト代除く。)
・通信クラス(CD貸与)76440円(テキスト代除く。)

 昨年度も受講された方は受講料半額で受講できます。
 (通学28500円、通信音声ダウンロード41460円、CD47940円)

【場所】TR-IP研究所ゼミ室
東京都渋谷区神宮前6-19-16 U-natura 402
地図は↓このページの一番下にアクセスマップがあります。
http://www.yoshidazemi.com/index.html

【講師】
吉田がやります。

【進め方】
 別売のテキストを用います。その都度参考資料を配布します。それらを用いて、過去問の問題文の分析及び解説を行います。その場ですべて理解できるように解説します。
 受講の仕方としては、
 (1)予習せずに、その日の過去問の解説を聞き、自己が作成した答案構成やその後修正した答案構成に基づいて、復習として実際に答案を作成してみる。
 (2)受講前に、その日の過去問について答案を作成しておき、解説を聞いて自己の理解との相違や疑問点などを解消する。
 上記いずれの受講のしかたでも十分に過去問を検討することになると思います。
 また、作成された答案については、オプションで答案の添削も承ります。

【オプション添削】
 以下のいずれのやり方でもOKです。答案用紙1枚につき1080円で添削します。
1.講座受講前に答案作成を行っておいて、講座受講日に提出する。
2.講座受講後に答案作成を実際にやってみて、その後に提出する。


【進行予定】

第1回~第6回 特実
第7回~第12回 意商

第01回 特許法・実用新案法 平成17年、平成18年
第02回 特許法・実用新案法 平成19年、平成20年
第03回 特許法・実用新案法 平成21年、平成22年
第04回 特許法・実用新案法 平成23年、平成24年
第05回 特許法・実用新案法 平成25年、平成26年
第06回 特許法・実用新案法 平成27年、平成28年
第07回 意匠法・商標法 平成17年、平成18年
第08回 意匠法・商標法 平成19年、平成20年
第09回 意匠法・商標法 平成21年、平成22年
第10回 意匠法・商標法 平成23年、平成24年
第11回 意匠法・商標法 平成25年、平成26年
第12回 意匠法・商標法 平成27年、平成28年

※平成13年~平成16年の問題も、関連する題材を検討する際に取り上げます。

【申込み方法】
1.メールタイトルは以下でお願いします。
 希望する講座に応じてメールのタイトルをお願いします。
 「論文過去問講座参加希望」
 ※それぞれのゼミ・講座ごとに申込メールを別途送信して下さい。

2.メール本文には、
(1)氏名
(2)希望クラス
  ・木曜クラス
  ・日曜クラス
  ・通信クラス
  のように記載してください。

 ※通信受講を希望する場合には通信クラス希望であることを明記して下さい。

(3)連絡先住所・電話番号
 ※弊所での登録住所への発送となりますので、吉田ゼミ受講経験のある方、書籍を購入されたことのある方で、住所が変わった方は「転居した旨を必ず付記してください。(郵送物がある場合、ヤマト便での発送となるので、郵便局に転居届を提出されていても有効ではありません。)
 ※現在、吉田ゼミを受講をされている方で連絡先に変更がない方は「○○ゼミ受講中」のように記載していただければそれで構いません。連絡先に変更があった方は新しい連絡先を記載した上「転居しました。」「連絡先に変更がありました。」のような情報を必ず付記して下さい。
 ※以前の受講生の方で、連絡先に変更がない方は連絡先を記載した上で「(連絡先変更なし)」と付記して下さい。
(4)初めての方は、吉田ゼミを何で知ったかをお知らせ下さい(ネットで偶然(いつ頃?)、受験雑誌から、書籍から、受験生の友人から、合格者から、試験会場でのパンフレット、チラシ等)。吉田ゼミの受講経験がある方は、何年度の何ゼミを受講したことがあるかを明記して下さい。本年度受講中の方は記載省略で可です。
(5)通信受講希望の場合は、
 ①送付先住所が上記連絡先と異なる場合はその住所
 ②音声ダウンロードか、CD送付希望かの別(途中で変更可能)
  ※記載がない場合には、音声ダウンロード希望とみなします。なお、CDは貸与です。CD希望の場合は受講料が異なりますのでご注意下さい。
 ③資料は紙媒体の郵送希望かPDF送信希望かの別(途中で変更可能)
  ※記載がない場合には、PDF送信希望とみなします。
 を明記して下さい。
(6)その他任意のメッセージがあれば記載して下さい。
 ※ただし、別な講座の申込みや書籍購入希望の旨はメールを分けて下さい。

申込みメールは、
yoshidazemi☆hotmail.com(☆を@に代えてください)
にお願いします。
このアドレスでは送れない方は、
yoshidazemi☆yoshidazemi.com(☆を@に変えて下さい。)
にお願いします。

3.その後の手続
 申込みメールを受信した場合、「ご案内メール」を差し上げますので、その「ご案内メール」に従って、手続を進めて下さい。(水曜定休)
(仮に2営業日以内に返信がない場合には、メール不着の可能性があるため、お問い合わせ下さい。)

4.注意点
・通学クラスについては、参加希望者が教室の座席数を超えた場合には参加できない場合がありますので、通信受講をご検討下さい。
・メールタイトルによってメールを自動振り分けしますので、メールタイトルが適切なものでない場合には、当方で申込みメールであると認識できない場合もありますので予めご了承願います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度 論文ゼミ2期(2017年1月~3月)のご案内

2016-12-01 12:16:27 | 2017ゼミ情報
年明け2017年1月から3月に開講する論文ゼミのご案内です。

※日曜午前クラスもあります。
※短答免除者用に、4月5月も継続して【論文ゼミ第Ⅲ期(2017年4月~5月)】を行う予定ですが詳細は後日掲載します。
以下、開講内容、開講クラス、申込み方法を記載しています。

【論文ゼミ第2期(2017年1月~3月)全12回】
内容
 論文試験に向けた本試並みかそれ以上の内容の問題演習と解説を行います。毎年のように本試験でほぼ同じ問題が出題されています。
 論文試験の出題傾向を踏まえて、狙われやすいポイントや、必要な知識を十分に提供します。
 来年短答試験から受験される方にも、役に立つ条文のポイントや短答的に注意しなければならない事項についても十分に触れます。

☆進行予定
・第1回特実、第2回意匠 第3回商標 第4回特実、第5回意匠…のように週ごとに科目を回します。特実→意匠→商標で1ラウンド、合計4ラウンド回します。
特実(第1回、第4回、第7回、第10回)
意匠(第2回、第5回、第8回、第11回)
商標(第3回、第6回、第9回、第12回)

・範囲は、第1ラウンドは各科目概ね前半、第2ラウンドは各科目概ね後半、第3ラウンド、第4ラウンドは各科目それぞれ全範囲です。
・今年は、2ラウンド終了までは、年明けの短答演習ゼミを論文ゼミの進行と合わせて進めますので、短答演習ゼミとの併用で同時に短答の準備もできます。
・短答から受験される方も論文の準備を3月まで並行して行い、一気に合格されているケースが多数あります。

※祝日は時間変更になる場合があります。
※申込者が少ないクラスは解説をVTR放映として質問をその場で受ける形態とする回があります。
※講師は吉田です。

☆開講クラス
・渋谷ライブクラス
金曜クラス(1月6日(金)~3月24日(金)毎週金曜夜18:45~21:45)
土曜午前クラス(1月7日(土)~3月25日(土)毎週土曜午前10:00~13:00)
日曜午前クラス(1月8日(日)~3月26日(日)毎週日曜日10:00~13:00)

・通信受講クラス

※祝日は時間変更になる場合があります。
※申込者が少ないクラスは開講しない場合もあります。
※講師は吉田です。

☆定員・会場・受講料
定員各24名(VB、通信受講には定員はありません。)
渋谷ライブ会場 TR-IP研究所会議室
 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-19-16 U-natura 402
(渋谷駅地下鉄13番出口から徒歩3分(13番出口はハチ公前の入口から地下道で直結です。))

☆受講料
渋谷通学 全12回57000円
通信受講 全12回69960円
(CD貸与の場合は76440円)

※さらに、短答免除者用の第Ⅲ期論文ゼミ(2017年4月~5月)を開催する予定ですが詳細は後日掲載します。

【申込み方法】
1.メールタイトルは以下のいずれかでお願いします。
 「第2期論文ゼミ参加希望」
 ※他のゼミを併用受講される場合はそれぞれのゼミ向けに申込メールを別途送信して下さい。

2.メール本文には、
(1)氏名
(2)希望クラス(金曜、土曜、日曜、通信)を明記して下さい。
 ※希望クラスは複数ある場合には、第1希望 ○○クラス、第2希望 ○○クラス・・・のように記載して下さい。
 ※通信受講を希望する場合には通信クラス希望であることを明記して下さい。
 ※辰已法律研究所との提携は2年前に解消しております。ビデオブース等の受講はありません。
(3)連絡先住所・電話番号
 ※資料を郵送で発送する場合等、弊所での登録住所への発送となりますので、吉田ゼミ受講生の方で、住所が変わった方は「転居した旨を必ず付記してください。(ヤマト便での発送となるので、郵便局に転居届を提出されていても有効ではありません。)
(4)初めての方は、吉田ゼミを何で知ったかをお知らせ下さい(ネットで偶然(いつ頃?)、受験雑誌から、書籍から、受験生の友人から、合格者から、試験会場でのパンフレット、チラシ等)。吉田ゼミの受講経験がある方は、何年度の何ゼミを受講したことがあるかを明記して下さい。本年度受講中の方は記載省略で可です。
(5)通信受講希望の場合は、
 ①送付先住所が上記住所と異なる場合はその住所
 ②音声ダウンロードか、CD送付希望かの別(途中で変更可能)
 ③資料は郵送希望かPDFダウンロード希望かの別(途中で変更可能)
 を明記して下さい。
(6)その他任意のメッセージがあれば記載して下さい。

申込みメールは、
yoshidazemi☆hotmail.com(☆を@に代えてください)
にお願いします。
このアドレスでは送れない方は、
yoshidazemi☆yoshidazemi.com(☆を@に変えて下さい。)
にお願いします。

3.その後の手続
 申込みメールを受信した場合、「ご案内メール」を差し上げますので、その「ご案内メール」に従って、手続を進めて下さい。(水曜定休)
(仮に2営業日以内に返信がない場合には、メール不着の可能性があるため、お問い合わせ下さい。)

4.注意点
・通学クラスについては、参加希望者が教室の座席数を超えた場合には参加できない場合がありますので、通信クラスをご検討下さい。(基本は各クラス24名です。)
・メールタイトルによってメールを自動振り分けしますので、メールタイトルが適切なものでない場合には、当方で申込みメールであると認識できない場合もありますので予めご了承願います。

申し込み、お問い合わせはメールで
yoshidazemi☆hotmail.com(☆を@に代えてください)
このアドレスが送れない方は、
yoshidazemi☆yoshidazemi.com(☆を@に変えて下さい。)
にお願いします。
ご質問がありましたら、メールでお問い合わせ下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘年会(合格祝賀飲み会・OBOG会・ゼミ生飲み会)やります。

2016-12-01 12:03:58 | ゼミの連絡
平成28年12月10日(土)
忘年会をやります。今年の合格者の祝賀会+OBOG会+ゼミ生忘年会です。

時刻 19:00~
場所 Yinega(イェネガ)
 移転前の吉田ゼミがあった八千代ビルの隣のビル1階
参加費 4000円程度
(平成28年度弁理士試験合格者の方は1000円)

現在吉田ゼミを受講中の方(通信受講の方ももちろん)、
吉田ゼミの利用経験のある平成28年度の合格者の方、
吉田ゼミの利用経験のある平成28年度より前の合格者の方、
ご参加をお待ちしております。

参加希望の方は、
yoshidazemi☆hotmail.com
又は
yoshidazemi☆yoshidazemi.com
までメールをお願いします。
(最近、hotmailが届かないケースがあるようなので、返信が来ないという方はyoshidazemi.comの方にもご連絡下さい。)
(☆→@に変えてください。)
(ゼミ生の方で幹事様宛にご連絡された方は、改めてご連絡をいただかなくても構いません。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度弁理士試験合格発表

2016-11-09 12:19:17 | 平成28年度合格発表
296名の合格者のみなさん、おめでとうございます。

平成28年度弁理士試験合格発表(特許庁HP)
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

口述試験二日目の情報、ありがとうございます。

2016-10-23 21:21:03 | 2016口述試験
口述試験二日目受験の方、お疲れさまでした。

初日は?と題した記事のコメント欄に二日目の詳細を掲載してくださった方がいらっしゃいました。
詳細を知りたい方は直下の記事のコメント欄をご参照ください。
ありがとうございました。お疲れさまでした。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

口述試験初日は?

2016-10-22 20:13:20 | 2016口述試験
口述試験初日で受験された方、お疲れさまでした。
今年は、誰からも連絡がなく、情報を掲載できません。
受験された方、どのような感じだったか、コメント欄に書いていただけると嬉しく思います。
よろしくお願いいたします。
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

メールについて

2016-10-07 14:03:52 | ゼミの連絡
yoshidazemi☆hotmail.com宛の当方へのメールが届かないケースがあるようです。
可能であれば、返信がない方、恐れ入りますが、
yoshidazemi☆yoshidazemi.com
にも送信していただけますとありがたいです。
よろしくお願いいたします。
(☆→@です。)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度吉田ゼミ個別口述練習のご案内

2016-10-03 21:52:38 | 2016ゼミ情報
 論文試験に合格された皆様、おめでとうございます。
 吉田ゼミでは、 平成27年度から、多数の講師を一堂に集めて行う一般の「口述練習会」「口述模試」と呼ばれるもの(特実→意→商と試験委員役の先生を回って口頭試問を受ける形式のもの)は行っていません。現在、各会派がボランティア的に熱心に低額の費用で口述試験対策を行っていることもあり、予行演習については、それで十分に練習できると思います。
 が、吉田ゼミの特徴を十分に発揮することで毎年好評をいただいている口述個別対応については今年も行いますのでそのご案内をいたします。移転に伴うドタバタがあり、多くのお問い合わせをいただきながらご案内が遅くなってしまったことをお詫び申し上げます。

今年の吉田ゼミも口述個別対応をします。

個別口述練習実施要項
 講師の吉田が、直接、個別にすべての科目につき口述練習を行い講評します。実際の練習30分(特実、意、商)、講評20分程度です。
 希望される場合は、練習の場面をビデオ撮影してその場で自分がしゃべっている姿をお見せしつつ講評する対応もします。
 口述試験はこれまでの試験と異なり、人間対人間の試験になります。「自分を見せる」試験でもあります。私が行う個別口述対応は、「緊張している自分の姿」「しゃべっている自分の姿」を自分で見ることで、姿勢や表情などについて自分が他人に与える印象を把握してもらうことを目的としています。そのことは、その後、「単なる口述試験」の枠を超えて、自分のためになることでもあると思っているからです。
 知識的な面は懸命に勉強すればなんとかなるでしょう。そのことは受験生の方々はあたりまえのことでしかないと思います。ですから、「もっと条文を読みましょう。」「もっと青本を読みましょう。」「もっと過去問をやりましょう。」というアドバイスは、実際に練習した結果、答えられない事項があったら自分でもわかりますよね。そのようなことは言われなくても自分でわかること、でしかないと思います。でも、自分では決してわからないことがあります。それは他人が自分を見たときの自分の姿です。
 「正しく自分を見せる」ということをぜひ意識して臨んで欲しいと思い、ある年に、このスタイルでやってみました。その時はほとんどの方がビデオ撮影をした上での講評を希望されており、大変好評でしたので、その後はこのやり方で十数年の間、行っています(なお、撮影したデータは当然に終了後に消去します)。
 自分が自分を見て、自分の良いところは自信を持ち、自分の至らないことは自分で納得する。その上で、さらに自分がより良い方向と信じる方向へ修正していきながら進む。そのために自分を客観的に見てもらう機会を持っていただく。それが口述試験に向かうための、吉田ゼミが行う最終段階の指導であり、その後弁理士としてぜひ頑張って活躍していって欲しいという願いを込めた最後のエールでもあります。

【日時】アポイントをとっていただいた日時に行います。
【対象】平成28年度口述試験受験予定者であればどなたでも(ゼミ受講経験者でなくとも可です。)
【場所】TR-IP研究所会議室
 場所は9月下旬に移転しました。東京都渋谷区神宮前6-19-16 U-natura 402です。

【受講料】1回55分程度
 9720円(吉田ゼミ受講経験者)
10800円(吉田ゼミ受講経験のない方)
 ※受講経験の有無で指導内容に差はありません。

【申込方法】
 ※申込みはメールでお願いします。

 メールで「個別口述練習希望」とのタイトルで
 ①氏名
 ②受験番号
 ③吉田ゼミ受講経験者の方は、受講経験のある講座名称(年度も)を最低一つ記載して下さい。
 そうでない方は「受講経験なし」と記載し、また、吉田ゼミを何で知ったかについてお知らせ下さい(友人の紹介、合格者の紹介、雑誌記事、書籍、ネットで偶然、試験会場のちらし等)。
 (「受講経験なし」と記載されたからといって冷遇するようなことはありませんのでご安心下さい。)
 ④合格通知が来て自分の口述試験の受験日がわかる場合は受験時(10月何日の午前午後の別)
 ⑤練習希望日時を○月○日○時00分と記載してください。
 ※開始時刻は毎時00分の単位でお願いします。そこから55分程度です。なお、平日、土日の夜は対応可能な時間が〇〇時30分~という場合がありますのでその場合には、その時間帯を指定してください。
 ※できれば第三希望くらいまで書いていただけるとスムーズにスケジューリングできます。
 ⑥連絡のための電話番号
 ⑦その他、何かメッセージがありましたらどうぞ。

【その後】
 上記希望日時の中から、メール返信でいずれかの日時を指定しますので、当該日時に弊所にお越し下さい。なお、申込メールの返信は二日以内に行います。返信が来ない場合はお問い合わせ下さい。

【対応可能日時】
 2016年10月5日(水)~各自の口述試験前まで

 平日10:00スタート~17:00スタートと22:00スタートは原則としていつでも対応可能
 (休暇がとれる方はぜひ平日昼間の時間帯をご利用下さい。)

 平日夜と土日はゼミを開講する関係で以下の日時のみとなります。
 (1)平日18:00以降のスタートに対応可能な日は今のところ以下のとおり。
  10月05日(水)
  10月12日(水)  
  10月19日(水)
  後日対応可能な日を追加する可能性があります。


 (2)土日祝に対応可能な日時は以下のとおり。
  10月10日(月・祝)10:00スタートから17:00スタートまで
  それ以外の土日は、今のところ、21:30スタートでのみ対応可能
  後日対応可能な日を追加する可能性があります。


※個別対応練習なので、複数回申し込んでもらってよいです。また、2人で2時間枠などのように、複数人で互いに批評できるような形で来てもらってもよいです。
※スケジュール及び教室がすべて埋まってしまった段階で締め切ります。
※「明日、試験なので、前日、最後に練習して緊張を解きたい。」というような試験直前の受講希望にも対応します。

メール宛先
yoshidazemi☆hotmail.com(☆を@に代えてください)
又は、
yoshidazemi☆yoshidazemi.com(☆を@に変えて下さい。)
にお願いします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

弁理士試験 口述試験の準備!

2016-09-30 00:34:34 | 2017ゼミ情報
論文試験、合格された方、おめでとうこざいます。
口述の準備は
①短答試験受験前夜並みに知識を戻す。
だだし、短答の時は気にしていなかった理由付けと解釈にも踏み込む。
②しかも、理由付けや解釈は青本に基づくことが鉄則。
③そんな中で、練習を繰り返す。練習は仲間同士でやるなど、「団体戦」(みんなで勝つ)の意気込みで!
④弁理士会の各会派でやっている各種の練習会で試してみる!
⑤ただ、吉田ゼミでは、そのような練習会とは異なるアプローチでやってます。
引越し後、ようやくゼミ室として機能できる態勢になりましたので、明日、ご案内します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉田ゼミ説明会のお知らせ

2016-09-29 21:53:38 | 2017ゼミ情報
まだパーティションも立っておらず、室内雑然としていますが、平成29年の合格を目指す吉田ゼミは、新しい場所で説明会やります。なお、この案内とは別に、個別口述対策指導は今年もやります。そちらのご案内は近日中に。

9月30日(金)19:00
10月1日(土)14:00~
        17:00~

10月2日(日)14:00~
        17:00~
10月3日(月)19:00~
10月4日(火)19:00~

場所は、東京都渋谷区神宮前6-19-16 U-natura 402
明治通り沿いです。
 地下鉄13番出口徒歩3分歩道橋降り口付近
 JRの場合は宮益坂方面の出口から明治通りを原宿方面に向かって下さい。

可能であれば事前にご連絡をいただけるとありがたいのですが、なくてもかまいません。
yoshidazemi☆hotmail.com
又は
yoshidazemi☆yoshidazemi.com
☆は@へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉田ゼミ新住所のお知らせ

2016-09-28 11:39:03 | ゼミの連絡
吉田ゼミは

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-19-16
U-natura 402

に移転いたしました。

渋谷駅地下鉄13番出口を原宿方面に向かって明治通り沿い徒歩3分
歩道橋の前です。

今はまだ雑多な状態ですが、
お気軽にお訪ね下さい。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度論文試験合格発表

2016-09-28 11:35:16 | 平成28年度合格発表
もう、特許庁に出ていますね。

平成28年度弁理士試験論文式筆記試験合格発表(特許庁HP)

合格された288名のみなさん。
おめでとうございます。
口述試験も頑張って下さい!

選択科目を受験されている方は、必須免除又は選択免除の可能性がありますので特許庁からの通知を待ちましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度 年内の論文ゼミ 短答演習講座の予定

2016-09-21 19:55:00 | 2017ゼミ情報
年内の論文ゼミ(Ⅰ期)及び短答演習講座(Ⅰ期)の予定です。
この進度で進みます。
論文ゼミの第1回は金曜10月7日、土曜10月8日、日曜10月9日です。
(すみません。木曜10月6日と記載していました。金曜クラスは金曜10月7日スタートです。)
短答演習講座の第1回は日曜10月9日、月曜10月10日です。
説明会、来てください、できれば事前にメールしてくださいとか言っていながら、左サイドのアドレス、まちがえていました。すみません、直しました。

論文ゼミのご案内
論文ゼミQA
短答演習講座のご案内
短答演習講座Q&A



第01回
特実 特許法の目的、産業上利用、新規性、進歩性、喪失例外、先願主義、29条の2、職務発明、共同発明
第02回
特実 受ける権利、36条関係、37条、補正、国内優先権、パリ優先権、分割・変更・46条の2
第03回
特実 出願公開、出願審査請求、補償金請求権、拒絶理由対応策、特許権の効力と制限、発明の実施、存続期間、存続期間の延長制度
第04回
特実 特許権侵害、侵害救済、警告を受けた者の対応策、72条、共有、実施権、仮実施権、裁定
第05回
特実 拒絶査定不服審判、前置審査、異議、無効審判、訂正審判、訂正請求
第06回
特実 審決取消、移行手続、実用出願から登録まで、基礎的要件、技術評価、実用新案権の侵害
第07回
意匠法 意匠法上の意匠、工業上利用、新規性、新規性喪失例外、3条2項、3条の2、5条、6条、7条、先願主義、組物、関連、秘密、部分
第08回
意匠法 補正、意匠権の効力、26条、29条、29条の2、意匠権の侵害、組物、関連、秘密、部分
第09回
商標法 商標の機能、登録主義、3条、4条
第10回
商標法 一商標一出願、団体、地域団体、補正、出願公開、金銭的請求権
第11回
商標法 商標権の効力とその制限、商標権の侵害、防護、存続期間、更新、商標権の分割、移転、消滅、使用許諾
第12回
商標法 異議、審判、国際出願
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この場所での最後の授業終了!

2016-09-19 20:29:45 | 2017ゼミ情報
今日、この場所での最後の授業、終了しました。ありがとうございました。
10月からは新しい場所でのスタートになります。

とはいえ、今の場所で説明会はやりますよ。
9月20日(火)19:00
9月22日(木)19:00
9月23日(金)19:00
9月24日(土)14:00
9月25日(日)19:00→14:00

説明会は、10月6日(木)の総合基礎講座意匠商標編スタートまでの間、続々とやります。


↑みんな、ありがとう。本田さんも、オクトパスも、もも太郎のみなさんもいらっしゃいました。


↑こ、これが、私ですか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加