おとらのブログ

見たもの、読んだもの、食べたものについて、ウダウダ、ツラツラ、ヘラヘラ書き綴っています。

六月花形新派公演「黒蜥蜴」

2017-07-14 23:29:04 | 観たもの
 先月、上京した折に三越劇場で劇団新派の「黒蜥蜴」を見てまいりました。東京の三越劇場は初めてです。っていうか、日本橋の三越百貨店自体、こんなにちゃんと入ったのは初めてでした(以前デパ地下をチラッと通ったことはある)。大阪の三越(阪神淡路大震災前、高麗橋にあった頃)にも三越劇場はありました。杉村春子先生の文学座公演を見に行ったことがあります。劇場のすぐお隣に銀座コロンバンの喫茶室があって、観劇後はそこでお茶するというのがお決まりのパターンでした。

 千穐楽の日にまいりました。この公演、「劇場の雰囲気と乱歩のお芝居の世界がとてもマッチしている」と評判がよくて、どんな劇場かしらと楽しみにして行ったら、劇場の入り口はちょっとしょぼくてちょっとびっくりしました。でも、客席のほうは評判どおりのクラシカルな妖しげな雰囲気で、幕が上がる前からワクワクしました。

 黒蜥蜴を河合雪之丞さん(春猿さん)、明智小五郎は喜多村緑郎(月乃助さん)と澤瀉屋コンビが二人の主人公を演じていらっしゃいました。いやぁ~、本当に適役、ニンが合ってました。春猿さん、歌舞伎役者さんでしたが、どこかバタくさいというかあまり和風ではない方なので、それがかえってゴージャスでミステリアスな黒蜥蜴にピッタリで、今後、劇団新派での当たり役の一つになると思います。ラメやスパンコールで飾られたお着物やドレス、これでもかってくらいつけていらっしゃる宝石の数々、文字通り“眩しい”んですが、けっしてそれに負けていない、むしろそういうお派手な部分を完全に自分の一部になさっていました。

 緑郎さんの明智小五郎、気障な二枚目なんですが、その気障さが嫌味にならないギリギリのところで演じていらっしゃいました。絶妙のバランスでした。緑郎さんしかできないような気がしました。格好いい方です。歌舞伎の時はほとんど意識しませんでしたが(澤瀉屋さんをほとんど見ていないというせいもありますが)、新派へ移られてからは大注目の役者さんです。

 あと客演で永島敏行さん、劇団エグザイルの秋山真太郎さんがご出演でした。永島さんは原作にはない刑事のお役で、「ルパン三世」の銭形警部みたいな刑事さんでした。秋山さんはお芝居というよりは、アクション担当みたいな感じでそれなりに見せ場もありました。

 新派の役者さんは皆さん折り目正しいお芝居をなさるので、安心して見ていられます。上品な山の手言葉も無理なくおっしゃるのでひっかからずに耳に入ってきます。

 この「黒蜥蜴」、新派の当り狂言のひとつに、春猿さんと緑郎さんの当たり役になるような気がします。大阪でもぜひ再演を!

 
 ロビーにこんな手配書が貼ってありました。

 
 
 劇場内部です。とても雰囲気があります。

 
 劇場ではありませんが、天女像の吹き抜けのところ。This is the Mitsukoshiですよね。そうそう、三越の地下1階にクロークがあるのですが、誰のでも無料で荷物を預かってくださいます。伊勢丹も阪急もクロークはありますが、ハウスカードを持った人の分しか預かってくれません。店員さんのほうから「どうぞ、お身軽になって」と声をかけてくださいました。三越、太っ腹です。
 
 《オマケ》
 
 
 パンフレットに玉ちゃんがご登場でした。

 《オマケ2》
 
 
 三越の地下にクラブハリエのカフェがあって、出来立てバームクーヘンをいただきました。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日はここ 【番組追記】 | トップ | 坂東玉三郎トークショー »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しょぼい・・・ (まるこ)
2017-07-15 16:08:27
確かに、劇場の入口はしょぼい。(笑)
以前長唄の演奏会に行ったとき、私も通り過ぎてしまいましたから。

日本橋三越は、呉服と美味しいものがたくさんあるので、大好きです。
おとらさん、さすがにアンテナが動いていらっしゃいます。^^
中は立派! (おとら)
2017-07-16 18:01:50
二階席まである劇場だし、三越本店だし、もっと“威風堂々”みたいなのを想像していたので・・・。失礼しました。

でも、劇場の中は三越の名に恥じない立派なものでした。ロココ調っていうんでしょうか、客席も舞台の装置の一部になっていました。

店員さんが皆さん親切で、流れてる時間も何だかゆったりとしていて、古き良き百貨店でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。