夫の野菜・果物作り

結婚以来、夫は趣味と実益を兼ねて野菜作りに取り組んできました。定年後の現在は果物も栽培しています。これは畑作業記録です。

春野菜の料理

2017年04月21日 | 日記
今年の春野菜の種類は少ないですが、ドッとできてくるのは毎年同じで、老夫婦2人の食卓には多すぎます。

約1か月ぶりに作ったフキの煮物です。またまた大きな鍋でたくさん作りました。
私が味付けをしましたので、とても美味しいと思っていますが、夫にとっては「きゃらぶき」が母親の味のようで、毎回薄味過ぎると文句を言ってきます。
そこで鍋からは出さずに、毎回火を入れて出していますので、徐々に味が濃くなってきています。
次回作るときには「きゃらぶき」にして、保存食として冷蔵庫に入れておこうと思います。


まだまだ利用できる「カキナ菜」です。
昨日か一昨日、NHKの「ひるブラ」の「特選 たくさん食べたい!春野菜」が目に留まりました。
埼玉・嵐山町からの放映でしたが、「のらぼう菜」の紹介をしていました。
収穫は「柔らかさを確認しながら1本1本手で行う」という説明があり、我が家の「カキナ菜」の採り方に大変参考になりました。
ご近所の奥様から、「カキナ菜」の採り方を教えていただいてもわからなかったのですが、手で捥いで簡単に採れるものを収穫するということが理解できました。
これまでは野菜用ハサミで切り取っていましたから。
番組では、「おひたし」が一番いいと言っていました。
茹でた「カキナ菜」は、いつも通り「おひたし」と「胡麻和え」でいただきます。

番組概要より・・・
埼玉県比企郡嵐山町の万能野菜「のらぼう菜」。ワンシーズンに何度でも収穫ができるとってもたくましい野菜。収穫は柔らかさを確認しながら11本手で行う。「のらぼう菜」は色も綺麗で栄養価も高い。ビタミンCは、ほうれん草の3倍。「おひたし」や「チヂミ」、「シホンケーキ」など、「のらぼう菜」を使った料理・・・』





せりもたくさん出てきました。こちらも茹でて「おひたし」や「胡麻和え」にします。




レタスは、外側はハムやピーマンで炒めたり、卵とじにしたり、内側は生野菜サラダにします。


ダイコンは、人参、ごぼう、サトイモとさつま揚げで煮物にしました。

イチゴの花が咲いてきました。


水道のそばにある「カラー」は、今年は数が少ないです。
水道の修理で処分されてしまったためです。来年に期待しています。


アイリスも咲き出しました。




水仙もあちこちで咲いています。


こちらは自宅に持ち帰りましょう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 4月中旬の畑 | トップ | 春野菜の生育状況 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL