地遊人

日常のことごと、出来事を、気ままに書き記していく。
62歳からの自己整理・自己満足策とボケ防止挑戦プログ。

スズメが珍しくなるとは!

2011年01月30日 | 【14】雑感



11-1-30 珍しく群れでスズメが、もみじの木にやってきた。田舎を歩くとスズメやツバメは珍しくはないが。
このところ、メジロや四十雀も少ない感じだ。
【ウィキペディアより】
日本におけるスズメの個体数は減少傾向にあるといわれている。ある推定によると、2007年のスズメの個体数は1990年ごろにくらべて少なくとも半減、減少率を高く見積もると1/5になったと考えられている。しかし減少原因についてはよくわかっておらず、気密性の高い住宅の普及によって営巣場所が減少したこと、農村部でコンバインの普及によって落ちモミが減少しそれによる冬季の餌が不足したことなどが可能性として挙げられているにすぎない。また農村部と比べて都市部において巣立っているヒナの数が少ない傾向が見られており、都市化に伴う餌不足も、減少原因の候補として挙げられている。このように減少はしているが絶対的な個体数はまだ多く、現在の減少スピードであれば数十年後に絶滅してしまうことはないといわれている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い朝。

2011年01月29日 | 【3】援農ボランティア(東京の青空塾)
出世弁財天女宮。
11-1-29 援農251 
寒い朝。自転車のハンドルを掴む指先が痛いくらいだ。トマトの植え付け準備、約1000鉢。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平山郁夫・東京国立博物館

2011年01月26日 | 【7】見る・観る・聴く



11-1-25 壮壮会前に。本物の迫力に圧倒された。

トーハクホームページより。
2011年1月18日(火)~3月6日(日) 平成館
主催:東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
この展覧会は、平山郁夫氏の文化財保護に関わる偉大な活動を顕彰し、その業績をとおして文化財保護の重要性や課題などを改めて広く知っていただこうとするものです。インド・パキスタンをはじめ、アフガニスタン、中国、カンボジアなど、平山氏がことに関心を寄せた仏教伝来の道に沿った仏像や壁画の数々とともに、文化財保護活動の集大成として制作し、薬師寺玄奘三蔵院(やくしじげんじょうさんぞういん)に奉納された畢生の大作・大唐西域壁画を全点展示いたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「塩の道」歩きの出発地は?

2011年01月24日 |    ・塩の道の資料

11-1-24
「塩の道」歩きの出発地は、尾張・三河湾の吉良町にし、塩尻に向け三州街道を行くのがいいかも知れない。忠臣蔵では悪役で赤穂浪士に討たれた吉良上野介は、地元では名君であったらしい。赤穂・浅野家とは塩の争いも原因とか言われるので、「塩の道」出発地には丁度いいと思うのだが。

吉良上野介義央公木像(写真)
華蔵寺(けぞうじ)影堂に先祖義安、義定像と並んで祀られている。忠臣蔵で有名な吉良上野介義央(よしひさ)50歳の姿を刻んだものといわれ、自ら彩色を施したと伝えられている。

南塩・三州街道ルート
(吉良街道)
1.吉良宿     吉良温泉 
2.西尾宿     西尾城
3.岡崎・藤川宿  岡崎城
(中馬街道)
4.九久宿     松平郷
5.足助宿     香嵐渓
6.武節(稲武)宿 ドングリの湯
7.根羽宿  
8.平谷宿     ひまわりの湯
9.浪合宿      
10.駒場宿     昼神温泉
11.飯田宿     伊那谷道中 
12.市田宿 
13.大島宿     松川温泉
14.片桐宿 
15.飯島宿     飯島歴史民俗資料館
16.赤須上穂宿   早太郎温泉
17.宮田宿 
18.伊那部宿    かんてんぱぱ
19.松島宿 
20.宮木宿 
21.小野宿     枝垂栗自然公園
22.塩尻宿     笑亀酒造

この街道は「塩の道」ではあったが、信玄、信長、秀吉、家康など歴史上の人物の足跡が各所にあるはず。正に歴史ロマンのある街道かもしれない。西方を通る木曽路の「中山道」とは、少し趣は違うかもしれないが。南塩から北塩ルートを経て日本海(糸魚川)に出れば、もう、「信州・信濃」はそろそろ卒業だと思うのだ。信州の主要街道を横断、縦断して歩いたことになるからだ。
信州にある「塩の名のつく地名」の起こり調べるのも、楽しみの一つになる。塩尻の名の意味は?中山道・望月宿手前「塩名田」、母の故郷の東信・「塩田」(上田から別所温泉への途中)は、どうしてそういう地名になったのか?
「塩」という人間の生命線の道筋を巡る旅も、「いい旅」になりそうな気がする。「歩く旅」はいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅だより

2011年01月22日 | 【3】援農ボランティア(東京の青空塾)

11-1-26 援農250 作業日より。梅の枝片付けとトマトの手入れ。梅の花が咲き始めている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日が、雪、雪、雪の越後

2011年01月21日 | 【2】舞子高原ライフ

















11-1-21 毎日が、雪、雪、雪。今年の越後は雪の日が多すぎる。そして、寒い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「竹中平蔵こそ証人喚問を」を読む。

2011年01月21日 | 【10】読む(図書館活用)

11-1-18 佐高信の、世の「不条理」追及の一冊。竹中の他12名を厳しく追求している。

内容(「BOOK」データベースより)
竹中を証人喚問すべきだと思う理由は主に3つある。1つは木村剛を金融庁の顧問にし、彼が会長となった日本振興銀行が破綻したのに、その責任を問われてコメントを回避していること。2つ目は、郵政「民営化」にからむ「かんぽの宿」のオリックスへの払い下げ問題。そして、3つ目が“逃税疑惑”等の個人的な問題である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞子 雪情報

2011年01月08日 | 【2】舞子高原ライフ



11-1-8 セントレジャー舞子スノーリゾート 雪情報(ライブカメラより)
山頂130cm
山麓110cm
全面滑走可能
コメント
この記事をはてなブックマークに追加