地遊人

日常のことごと、出来事を、気ままに書き記していく。
62歳からの自己整理・自己満足策とボケ防止挑戦プログ。

07舞子スキー行②1-29~31

2007年01月31日 | 【2】舞子高原ライフ


新潟で1月の積雪量が0とはビックリ。100何年ぶりとか。
スキー場は昨年暮れに降った雪で何とかいままで持ってきたのか。
滑走禁止の場所が増えてきたし、茶色になってきている場所が目立ってきた。
ゴンドラ頂上の積雪量は95cmだった。昨年の今頃の積雪量は3m近くあった。

地球の温暖化。ここも何か気候が変になってきているのか。
31日、雪でなく雨が降る。少し滑って1日早く切り上げ帰京。
今シーズンのスキー行は5回計画しているが、どうなるか。
雪の量も心配だが、雪質も良くないと面白くない。
 温暖化 人が造りて 人に返る


スキー場の朝焼け、静寂と大自然と。
 色変わる 様美しき 冬の朝焼け
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

援農ボランティア作業日誌ー63-

2007年01月24日 | 【3】援農ボランティア(東京の青空塾)

写真:暖冬でもう梅のつぼみが開きそうになってきた。
2007-1-24
【今日の作業】
・梅の剪定の後の片付け。今年初めての作業、汗びっしょり。

ハウス内のトマトがほぼ半分病気にやられて伐採されていた。
市役所が入って原因を調査中、12月の長雨のせいらしい。
温度、湿度など調整が不能のことがあるみたいで難しい。
みかん(東京にもみかんはある)の出荷はほぼ終了。
柿の剪定作業が未だ残っているそうだ。
(柿畑の川沿いには昨年つくしが沢山出ていた。オシタシには丁度よさそうだ。)
栗の苗木(5~60本か)を植えるのは、4月頃とのこと。
いずれにしても、この温暖化は農業にとっても厄介なものになりそうだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の午後の通り

2007年01月23日 | 【5】水彩で描く

2007-1-23
霊園から小平駅に向かう通り。春になれば欅の新緑で綺麗だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

07舞子スキー行①1-15~18

2007年01月18日 | 【2】舞子高原ライフ


舞子高原から信仰の山と知られる八海山(1778m)を望む。
下は夕日を浴び、薄ピンク色に染まっていく八海山(新潟)。
 陽を受けて 薄桃色の 八海山  松雲
銘酒八海山は美味い酒だ。
リリー・フランキーのオカンが大好きだったと書いてあったっけ。

奥添地クワッド山頂駅より巻機山(まきはたやま)(1960m)を望む。
この山も雄大で素晴らしい。深田久弥の日本百名山の一つだ。

朝の舞子後楽園スキー場。
霧かもやが、杉の間を通り抜ける様子は幻想的でいい。
今日もスキー日和だ。

奥添地ボール山頂より飯士山(1112m)(別名上田富士)を望む。
右奥に小さく白く見える山は、多分苗場山だと思う。

昨年より2m位積雪量が少ないかもしれない。
ブッシュが見え始めている。

今年初めてのスキー行。快適な滑走ができて満足。
腰の調子は何とか大丈夫そうで安心した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これを見ずして江戸は語れない

2007年01月12日 | 【7】見る・観る・聴く

2007-1-11 壮壮会の前に。
場所:江戸東京博物館
江戸城の築城550年記念の「江戸城展」
道灌から家康、慶喜・・・
「姫路城や大阪城をはるかに凌ぐ規模を誇った江戸城の真実を解き明かす」と銘打った展示会だ。
明暦の大火で焼失した「幻の天守」のVR(ヴァーチャルリアリティ)での再現もいい。再興の話も出ていて面白い。

同じ博物館で葛飾北斎も見た。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕暮れの小平霊園散策

2007年01月04日 | 【4-2】庭を楽しむ

2007-1-4
運動不足解消に夕方の小平霊園をほぼ一周、約40分、5000歩の散策。
穏やかな日の夕方の散歩もいい。
周囲3m位あるだろうか、大きくて形のいい欅が実に素晴らしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八坂神社に初詣

2007年01月03日 | 【14】雑感


2007-1-3 夕方
歩いて20分位の八坂神社に初詣。この位空いているといい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「庭を楽しむ」の07カレンダーを作る

2007年01月01日 | 【11】創る・作る
 
花・草・木配置図(花木の名前を覚えるために作った忘備メモ)

2007-1-1
わが家の庭の花や木をテーマに今年のカレンダーを作ってみた。
約130種類の花木草の中で70種類くらい載せた。
小さな紙面(A4)には数が多すぎて少し見づらくなった月もあったが、
それぞれの花が綺麗で、選定がむずかしいので仕方ない。
いつかお気に入りの花での注文でカレンダーを作っても面白いかも知れない。

12枚月めくりのカレンダー。3月、4月、5月は、花一杯の季節だ。

花一杯、4月の庭。
チューリップ、蘇芳(すおう)、舞鶴草、木香バラ、常盤万作(赤、白)、カロライナジャスミン、黄梅擬(おうばいもどき)、風知草、都忘れ、月桂樹、花韮、灯台躑躅(どうだんつつじ)、一輪草、牡丹、うずら葉たんぽぽ、花桃、山芍薬。

小さな庭の中にも、四季があることに改めて素晴らしさを感じる。
地球温暖化が進むとこんな季節感は感じられなってしまうのだろうか。
いつか、米作やスキーは北海道だけになってしまうのか?
自分が出来ること、しなければいけないことをしっかりやらねば、
と思ったりする。
この初めて作ったカレンダーは、リハビリ中の母にプレゼントすることとした。
花と名前が一致するようになれば毎日でも庭に出る楽しみもまた増えるはずだ。
草花の成長、変化が判って楽しみになれば、日々張り合いも出るし、かつてのように遠出しなくても俳句の材料には事欠かないはずだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加