山心 花心 湯心

山や山野草、名湯を求めて,九州を中心にうろついてます。
四季を感じれる山の景色や花などを届けたいと思ってます。

森の貴婦人「オオヤマレンゲ」を堪能する!(英彦山周回コース!)

2017年06月19日 | 山登り



毎年のことながら、「平治岳」の「ミヤマキリシマ」に酔いしれた後には、
「英彦山」の「オオヤマレンゲがオイラを呼んでいる!」になってくる。


たまには、久住の鳴子あたりの「オオヤマレンゲ」もいいかな?
なんて思ったりもするが、その時が来ると、
やっぱし「英彦山」に今年も足が向いてしまった!


ただ、いつものYさんは、四国への旅に出ているので、
今回は、Kさんと二人の少数精鋭での山行。(ほんまかいな?)


英彦山なので、ゆっくりの7時半に家を出て、
夏山遠征へのための節約モードで、宇美、秋月経由で英彦山へ向かう。


10:35 豊前坊の高住神社から登りはじめる。



取りあえずは、今日の登山の安全を祈願して、
これまでは撮ったことがない狛犬。


ここでは、この花を撮らないとね!
「ミズタビラコ」


11:20 一本目の「オオヤマレンゲ」のところに着いた。
「ツルアジサイ」もきれいだ。


少し遅めかな?と思っていたのだが、



結構いっぱい咲いている!



そして北岳の肩を通過して、二本目のところに!



岩場のところだから、バランスに気をつけて!


「オオヤマレンゲ」堪能登山なのでゆっくりと登っていく!
北岳のところではこんな景色が広がっていた。


あまりの景色に、ここで今日の豪華ランチ!



全部、ゼブンご用達のものだけど美味しかった!


もうこんなにも蝉の抜け殻があった!



さぁ、腹一杯になったところで先へと進もう!



「エゴ」の花をパチリとしながら登っていると、なんと!



自転車を担ぐ人に出会った!



以前、花友のAさんから聞いていた人に間違いない。

なので、こちらから話しかけた。

いろいろとお話を聞かせていただいた。
「よっちゃんさん」ありがとうございました。
また、いつか英彦山でお会いしたいですね!


「よっちゃんさん」と別れて、中岳へと向かった。


そして、三本目の「オオヤマレンゲ」。
岩の合間でちょっと撮りにくかった。


13:40 中岳にとうちゃこ!



昨年は、それこそいっぱい咲いてたヒメシャラはわずかだった!



なのですぐに、南岳へ!
途中では、「ツクシタツナミソウ」


「タンナサワフタギ」などをと撮って、



14:05 南岳



すぐに、中宮へととって返し、四本目!



ここが今回一番多く花が咲いていた。



なので、いろいろと撮ってみる!



やはり、「森の貴婦人」と言われるのも頷ける!



毎年見に来るだけの価値はあるかな!



今週もどうにか天気には恵まれたようだ。



五本目は、あまり咲き振りが良くなかったのでパスをして、
北西尾根へと向かった。


この日の北西尾根は、とても感じが良かった!



いつものところで、「ツチアケビ」も!



今日の目的は達成したので、後はゆっくりと下りていくだけ。



と思っていたら、忘れていましたあなたのことを!



このコースでは、最後に「モミジウリノキ」がいるんだよね!



ゆっくりと豊前坊に帰っていく途中でも、



「○○ギク」や



山頭火の「歌碑」にも毎回癒されながら



16:00 豊前坊まで戻ってきた。


そうそう、この花は今しばらく後になるような感じだった。



本当ならば、夏の遠征に向けた鍛錬に取り組まねばならないのだけど!

それは、次の週からということで、

取りあえず、大満足の「オオヤマレンゲ」堪能登山だった。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 樫原湿原や途或山で、花散策... | トップ | 今年初めての「オオヨシキリ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい匂い (1jinashi)
2017-06-19 21:38:48
周平さん 今晩は。
英彦山の白雪姫が匂ってきました。
ことしはどこの姫にもまだお会いできていません。
昨日は某山で同じ豪華ランチ(セブンの冷やし中華)を頂きました。 
 花より団子は同じでした^^
おはようございます (山沢周平)
2017-06-20 08:11:21
じなしさん、ありがとうございます。

「オオヤマレンゲ」はいつ見てもきれいですよね!
この花を見ると、心まで清らかになった気がします。(笑)
今の時期、セブンの冷やし中華、重宝してます。
ちょっと味が濃すぎますかね、でも、美味しくいただいてます。

鋸山のイワキリソウ、今年は残念ながら行けませんでした。
次年度以降の課題となりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。