山心 花心 湯心

山や山野草、名湯を求めて,九州を中心にうろついてます。
四季を感じれる山の景色や花などを届けたいと思ってます。

「アオバズク」の巣立ちを見に行く!(室見川カワセミ日記53)

2017年08月13日 | カワセミ日記


今年の7月のはじめ、糸島の途或ところで「アオバズク」を見ることができた。


その時、「もうしばらくすると、ヒナが巣から出てきて近くの木に止まりますよ!」
と、その場で出会った近くのおじさんから聞いていた。

入院中に他の人のブログで、今年は4羽の幼鳥が巣立ったとのことは知っていたが、
あれからだいぶ時が経ったので、どうかなとは思ってはいたが、
退院して時間がとれた時に一応その地を訪れてみた。


暑い日の昼下がりだったが、巣があったところを覗いてみたが、空振り!


ここらあたりにいないかな?と探していると、



いました!親鳥が!



近くに幼鳥がいるはずだけど?


回り込んで探してみると、3羽を発見!


もうすでにだいぶ大きくなっている!



アップで撮ってみると、何となく愛らしい!



左のはしゃがみ込んでしまった。眠いのだろうね。



時々パチッ!と目を開く!



そしてまた、目を閉じる!



どこかかゆいのかね?



なに、何?「ウインク」をしてるのかい?



そしてまた、お休みモード。



下に何かいるのかな?



そんな子どもたちを見守るように、辺りに目配りをする親鳥。



でも、時々はうつらうつら……。



そんな親鳥に見守れながら子どもたちもうつらうつら……。



そして、警戒モードに!



またまた、うつらうつら……。



超望遠ながら、あまりおじゃましてもと思い、そっとこの地を後にした。


そして、最後はやはり「いつもの室見川」の「カワセミ」。


この猛暑なので、「カワセミ」もなかなか見つけにくくなっているのだが。

特に、夏休みで水遊びをする子どもたちに落ち着けないのだろう。

この日もいくつかのポイントを廻ってみて、ようやく!

草陰の向こうにいるのは?



草がじゃまして撮れにくかったので、回り込んで。



暑い中、獲物を探してる様子ではなく。



何を考えてるのかな?



この暑さの中なので、あまり動き回りたくないのだろうね!



久しぶりの「カワセミ」との遭遇を楽しみながら、

そして、この夏を無事に乗り切れるようにと願いながら、

とても暑い、いつもの室見川を後にした。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕刻の背振山系で花散策!(... | トップ | ガスってる時も、天山テラス... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (jinashi)
2017-08-13 20:49:50
アオバズクもカワセミもいいなぁ・・・
山の花もそれなりに見てきましたが、鳥と木はまだまだ未知の世界です。
近くにこんなスポットがあってうらやましい。
体調も回復されたようでとりあえず一安心ですね。
肝心かなめ・・どうぞ大切にされてください。
アオバズク (山沢周平)
2017-08-14 05:58:58
jinashiさん、ありがとうございます。

どうにか、運動禁止の2週間も過ぎました。
これからは、少しずつ秋の山歩きもと思っています。

でも、歳を重ねるとひょんなことで体調を崩す、
十分気をつけないといけないですね!
癒されました (たま)
2017-08-16 20:28:27
アオバズクのいろんな表情に思わず微笑んでしまいました。なんだかほっこり気分です。
山沢さんの写真のおかげで、森の動物にも興味がわいてきましたよ~。アオバズクなんてそう見れないですよね~。確か夜行性と聞いていたんですが、昼間も森の中で見られるのですね~。
森を歩くのが楽しくなりそう、、、。
アオバズク (山沢周平)
2017-08-17 00:44:41
たまさん、こんばんは。

アオバズク可愛いですよね!
私もとても癒されました。

夜行性なので、昼間はうつらうつらで、
夜、狩りに行くようです。
もう少ししたら、親子そろって旅立つのでしょうね。
また来年も、是非戻ってきて欲しいものです。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。