山心 花心 湯心

山や山野草、名湯を求めて,九州を中心にうろついてます。
四季を感じれる山の景色や花などを届けたいと思ってます。

三郡山系の途或ところの「ヒメフタバラン」を見に行く!(篠栗九大の森へも!)

2017年04月29日 | 花あるき


4月も中盤を過ぎて、急にいろんな花々が咲き出した。

なので、とても悩ましい!


こっちにもあっちにも行きたい、また、別の所も確認しておきたいなど。

といった気ぜわしさの中で、先週のある日その中の一つへと赴いた。


福岡市の東の郊外にある途或山。ここにも「森の番人」が!



その地を目指して登りはじめると、中学生の歓迎登山だろうか?
40人ほどの人数と「こんにちは!」とあいさつを交わした。


若い人達が登っていった後は、静かな登山道になった。



そこには、「サツマイナモリ」や



「スミレ」その1



「スミレ」その2



「オドリコソウ」などが出迎えてくれた。



よくよく見てみると、「シロバナオドリコソウ」を発見!



いつもは、井原に行ったときに見ているのだけど、
今年は咲いてなかったので、ここで見れてとてもうれしい!


その横には、これまた井原で見たいと思っていたこの花!


「ユキヤブケマン」だよね!ここで見れるなんて!
とても、「びっくりポン!」(ちょっと古いかな?)


ついでに、「シャガ」の開花の観察!
さぁ、今まさに咲こうとしている!


そして、ゆっくりと開きはじめた!



さぁ、どうだ!(てな感じかな!)



そんな風に遊んでいると、その地に着いた。



とても小さな小さな「ヒメフタバラン」。



必死に目をこらして、ようやくその存在にたどりついた!



どなたかのブログでは、「まるで宇宙人みたい!」と書いてあった。



「うぅーん!」なんでこうなるの!てな感じだね!



こんな山の中で、知らない人はただ、通り過ぎていくだろうに!



ずっとこの地で咲き続けているのだろう!



また、来年も是非見に来るからと、約束をしてこの地を後にした。



ついでと言っては失礼だけど、前から言ってみたいと思っていた所に



この景色をカメラに収めたくて、一生懸命に歩いた。



そこは、「篠栗九大の森」。池の中に立っている木はというと
「ラクウショウ」というそうだ。何だかとてもいい雰囲気だ。

さぁ、明日は朝早くから毎年見に行っている「アケボノツツジ」に会いに行く。

果たして、咲き具合はどうなのか?日頃の行いにかかっているかも?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 背振山系で「キエビネ」が咲... | トップ | 「赤川浦岳」に「シロバナア... »

コメントを投稿

花あるき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。