山心 花心 湯心

山や山野草、名湯を求めて,九州を中心にうろついてます。
四季を感じれる山の景色や花などを届けたいと思ってます。

途或山に「サバノオ」を探して!(イワボタンなども!)

2017年04月20日 | 花あるき


昨日は、仕事が夕方シフトだった。
それで15時までの時間が自由になった。

ならば、どこかで「花見」としゃれ込まなければならない!(なんのこっちゃ!)


だが、「ネット空間で飛び交う新しい情報に振り回されてはいないか?」
と、書いたばかりである。

その舌の根の乾かぬうちに、「近場でサバノオ」だって!

「珍しくはないけど美しい!」や、「四季折々の旬の花を愛でよう!」
と、固く決意したのではなかったのか?

どうもいけないね!そんなことはあっという間に忘れちまって、
どうのこうの理屈ではなく、「見たいものは見たい!」ただそれだけ!

あまりにも簡単に崩壊する「意志」なんだね!


そういうことで、いろんな人との繋がりによる情報や、ネット上の情報を整理・分析をして、

11時過ぎには家を出た。そして、「果たして、出会うことができるか?」
という一抹の不安を抱きながらも、真一文字に「途或山」を目指した。


時は12時を過ぎた昼下がり、絶好の晴天である。
「サバノオ」がそこにあるならば、大きく花を開いているはずである。


はやる心を抑えるために、こんな景色を切りとってみる。



ゆっくりと山道を進んでいく。

ここにも「森の番人」が!


これは、「ミツバアケビ」かな?



そうしてると、登山路に愛くるしい花が咲いていた。



まるで花束のように美しい!
この花を貴女に捧げます!


なんて、アホなことを言ってる場合じゃない!
あなたのお名前は?


いま手元に図鑑がないので、後で調べよう。



誰とも会わない登山路にひっそりと咲いていた!



そうこれは「イワボタン」だよね!



なんて素敵なんだろう!



「おっと!今日はそれが目的じゃなかった!」

ゆっくりと登っていく。


見上げると、若葉がとても美しい!



足下には「ジロボウエンゴサク」



まるでスポットをあびてるようなあなた!
「タチネコノメソウ」だよね。


思わず目的を忘れてしまいそう!



だんだん時間がなくなってきた。



落下ツバキの登山路をもう少し先へ!



下りるのに40分、職場までは50分、そろそろ帰らなくては、

と思ったその時だった!



小さな、小さな「花」が目の中に飛び込んできた!



間違いない!「正真正銘のサバノオ」!



正直なところ、あまり自信はなかったのだけど、



この2週間のテーマが「近場でサバノオ」だった。



「うぅーん!素晴らしい!」



近頃立て続けてブログにアップされた「サバノオ」。



これまでに、英彦山、久住、京ノ丈などでは見たことがあったが、



こんな近くで見れるとは、とてもとても満足な日となった!



ここで時間がなくなってしまった。



急いで戻ろう。


あまり時間の余裕がない中での遭遇だったので、あまり上手く撮れなかった。

が、喜びの大きさの分だけアップの枚数が増えてしまった。


こんな山の中でひっそりと咲いている「サバノオ」。

次に来る時は、時間に余裕を持って訪れることにしたいね!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晴れた日には、水無渓谷でラ... | トップ | 「オキナグサ」を見た後、九... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
近場で… (けいさん)
2017-04-22 16:10:22
近場で発見なんて嬉しいですよね🎵
サバノオまだ咲いているんですね~
可愛い可憐なお花ですよね(///∇///)
いよいよ野や山は花盛りで忙しくなりそうですね🎵お疲れ様でした
サバノオ (山沢周平)
2017-04-22 23:58:16
けいさん、ありがとうございます。

山はほんとうに花盛りですよ!
エビネももうすぐ咲きますし、遠くでは、
アケボノツツジの頼りが聞こえてきました。

なので、室見川に中々行けません。
そろそろカワセミに会いたくなってきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。