山心 花心 湯心

山や山野草、名湯を求めて,九州を中心にうろついてます。
四季を感じれる山の景色や花などを届けたいと思ってます。

今年初めての「アマサギ」と遭遇!(室見川カワセミ日記47)

2017年05月12日 | カワセミ日記


今日は、久しぶりの「カワセミ日記」。


前回が3月末なので、それこそ一月以上のご無沙汰だった。

あまりにも、野や山で美しい「花々」が咲き乱れてるものだから、
ついつい、いつもの室見川に足を運ぶ機会が少なくなってしまった。


それで今回は、この一月あまりの期間で出会った「鳥」を紹介したい。

といってもいつもの「室見川」を中心としているので、
いつものメンバーがほとんどではあるれども。


まず最初は、「モズ」




こちらは、幼鳥かな?木の枝の中で大きな囀りだった。



次は「川の番人」みたいな「アオサギ」。



はぐれたのか、大きな声で鳴いていた「ヒドリガモ」。



「二の堰」辺りでは、たまにしか見かけない「コチドリ」。



独特の目つき!「カイツブリ」。



ちょっとシルエットが面白かったのでパチリ!



そしていつものカワセミ」。



少しくたびれ感が出てきたのかな?



もうすぐ「世代代わり」が近づいてきたのかも知れない。



そして、2回目の遭遇の「ヤマセミ」。



室見川の上流で、何度か目撃するもカメラに納めれたのは2回だけ!

しかも、今回は枝かぶり!もう少し良いのが撮れたらと思うのだけど!


そして、先日パチリとしたもの。


田おこしの景色の中に、「アマサギ」を発見!


一緒にいた「ダイサギ」がちょっと違っていた。



どなたかのブログで見たのだけれど、この時期「婚姻色」が現れるそうだ。
「鳥」の世界も不思議なんだね!


そして、久しぶりの「アマサギ」。



何とも言えない色合いをしている。



失礼して、後ろ姿も!



「花」の合間にちょっとだけだが、いつもの「室見川」は十分楽しませてくれた。

さぁ、次も「山」に登らなくてはいけない!あの「花」が待っている!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の「裏英彦山」を歩く!(... | トップ | キンラン・ギンランに酔いし... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けいさん)
2017-05-15 11:04:46
アマサギ初めてみました。
室見川のアオサギ、カワセミ(常連さん)も元気でいつまでも楽しませてほしいですねo(^o^)o
アマサギ (山沢周平)
2017-05-15 21:27:28
けいさん、ありがとうございます。

アマサギ、カッコイイでしょう!
私の大好きな鳥の一つです。
しかし、アオサギのようには姿を見せません。

この時は、室見川の上流へ車を走らせていると、
田おこしのところで運良く見かけました。

「鳥」との出会いとはそんなものですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。