山心 花心 湯心

山や山野草、名湯を求めて,九州を中心にうろついてます。
四季を感じれる山の景色や花などを届けたいと思ってます。

樫原湿原や途或山で、花散策!(「トキソウ」や「ウメガサソウ」など!)

2017年06月14日 | 花あるき



3日の土曜日は、平治岳の「ミヤマキリシマ」に酔いしれた。

その余韻に浸るまもなく、さらに次の予定が待っていた。


それは、近場で「ウメガサソウ」を見ること!

とてもいい出会いがあり、思いもがけず久住で「ウメガサソウ」に出会ってしまった!


この数年、いろいろと探しまわったのが嘘のような出来事だった。

初見の「花」とめぐりあいとは、そんなものかもしれない。



とは言っても、近場で「ウメガサソウ」に会いたいという願いは変わらない。

なので、4日の日曜日にもいそいそと三瀬峠を越えたのだった!(なんのこっちゃ!)


まずは、途或ダムサイトである「花」探し。

森の中に進んでいくと、こんな光景に遭遇!

木漏れ日に「ホウの葉」が輝いていた。


さらに進むと、「ノアザミと蝶」も!



初夏なのに、こんな紅葉の場面にも出会ったりした。



この「蝶」などを撮ったりしながら探したが?



しかし、ここで探していた「花」には結局会えなかった。


また来年でもじっくりと探すことにして、次の場所へと向かった。



6月10日の「時の記念日」を目安にしている「トキソウ」。



私は、いつも「樫原湿原」でこの花を見ている。



とてもチャーミングな花である。



湿原の至る所で咲いてるんだけど、近くで撮れるところは限られている。



このポイントで、筑紫野市から来られていた一人の男性とお話をすることができた。

話をお伺いしていると、どうも「ハイアマチュア」のようだった。

それで、三脚のことや、絞り優先のコツなどを少しだけお聞きした。

ありがとうございました。これからの撮影の参考にさせていただきます。


とは言ってもすぐに技量が上がるわけではなく、その後も「トキソウ」をパチリ!



絞り優先を意識してさらにパチリ!



この湿原では、「ハッチョウトンボ」も有名だ。

赤色はオス。


そして見つけにくいがこちらはメス。



「モートントンボ」がいた!との声も聞こえたが、私には見つけれなかった。


残念ではあったが、諦めて「ミヤコグサ」や



「ヒツジグサ」を撮ってから、



次の目的の「花」を探しに「途或山」へと向かった。

林道沿いに咲いていた「ウツギ」。


さらに、「ヤマボウシ」や



「ナルコユリ」などを撮って



次の「花」を探す、「途或山」にやってきた。



先へと進んでいくと、
タツナミソウ」も咲いていた。


そして今の時期には、「ヤマツツジ」がきれいに咲いている!



目安をつけたところを探していたら、「お!」まだ蕾の「イチヤクソウ」でした。



そうじゃなくて!なんて思っていたら、


とうとう、念願の「ウメガサソウ」に出会いました!

残念ながら、まだ蕾の状態。だけど、もうすぐだよね!


来週は、「オオヤマレンゲ」に会いに行きたいし、どうしようかな?

取りあえず「明日のことを思い煩うな!」、ということにしておこう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平治岳にミヤマキリシマを見... | トップ | 森の貴婦人「オオヤマレンゲ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2017-06-14 04:47:52
トキソウ、

これは実際に見たことは
ありませんが、うっとりするような
美しさですね。

ウメガサソウ、

これも実際に見たことは
ありません。

有難うございました。
tempo1078さんへ (山沢周平)
2017-06-14 19:59:15
ありがとうございます。

時の日が近づいてくると、トキソウに会いに行きたくなります。
湿原でチャーミングに咲いてる姿がとっても良いですよ!
ウメガサソウは、あこがれの花でしたが、
ようやくその姿をカメラに収めることができました。

どちらも、とても素敵な初夏の花々です!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。