福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治。」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

韓国と国家の存在価値

2017年05月19日 |  ○政治・外交


△民主化運動記念式を題材にした時事漫画(5月19日付京郷新聞) 

「あのような悲痛な事件が二度と繰り返されないようにする。
国民の命と尊厳を天のように尊重する。それが国家の存在価値。」

そうだ。
これが国らしい国だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民主化運動記念式でのムン大統領の演説の中で「ヲタク」が着目した
フレーズが、京郷新聞の時事漫画でも取り上げられていた。

韓国を「나라다운 나라(国らしい国)」として未来につなげていく
諸改革は、今まさに緒(ちょ)に就いたばかり。

現在のところ、メディアを通じて報じられている新政権の動きとしては、
次のようなものがある。

開かれた大統領府作り。

特定地域や特定人脈・学閥などに偏らない政権人事。

国定歴史教科書の廃止。

公共部門における非正規労働者の正規職転換。

そして、財閥の横暴を抑制する公正取引委員会の機能強化。

加えて、公訴権と捜査権を独占し強大な政治権力として韓国社会に
君臨している検察機構の改革。

国家情報院(情報機関)の国政への組織的介入の根絶。

民主化運動の精神を憲法前文に掲げるための憲法改正。

外交的には、朝鮮半島の緊張緩和に向け、日本を含む関係各国との
関係修復、強化。

・・・等々。

政権交代を実現させた新政権としては、これからが正念場である。
果敢にしてかつ慎重な政権運営が求められる。

万が一、性急に結果を求めるあまり、理念や理想が先走りし、空回り
するようなことにでもなれば、国民の支持は一気にしぼみ、失望や
反発が強い揺り戻しとなって襲ってくることは目に見えている。

ムン政権には、ぜひ、国民多数の声を背景にした民主的な諸改革を
一歩一歩着実に実現させていってほしいものである。

「ヲタク」も隣国から熱いエールを送り続けたい。





(終わり)




参加カテゴリ:地域情報(アジア)

『アジア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国手話通訳の涙 | トップ | 韓国版内助の功 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む