福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治。」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

釜山海雲台のどんど焼き

2017年02月13日 |  ○文化・歴史


△ソウル南山上空に見える満月(ニュース1より)

陰暦の1月15日にあたる2月11日(土)、「ヲタク」は、陰暦で
今年最初の
きれいな満月を、福岡の地で、日本人としては極めて
例外的に意識的に眺めた。

韓国では、대보름のこの日、全国各地で満月の月明かりの下、様々な
民俗行事が行われた。


△プサン海雲台で行われた韓国式どんど焼き(慶南毎日より)

ここでは、プサン市の海雲台ビーチで行われた「
달집 태우기」を
紹介したい。

この「달집 태우기」とは、直訳すれば「月の家焼き」。

日本のどんど焼きに似た風習で、厄払いや新年の五穀豊穣、無病
息災などを祈って陰暦1月15日前後に行われる伝統的な行事だ。

以下の翻訳練習ではシンプルに「どんど焼き」と訳してみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

해운대서 달집 활활

プサン、海雲台ビーチのどんど焼き
(連合ニュース 2月11日)



정월대보름인 11일 오후 부산 해운대해수욕장에서 열린 '제35회
해운대
달맞이온천축제'의 하이라이트인 높이 10m 달집이 불에
활활 타고 있다.

陰暦の正月15日、新年最初の満月の日にあたる11日夜、
プサン市海雲台ビーチで開かれた「第35回海雲台月見&温泉
フェスティバル」で、高さ10mのどんど焼きが行われている。



(終わり)



 

参加カテゴリ:地域情報(アジア)

『アジア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国人、福岡で恐怖体験 | トップ | 韓国全州のどんど焼き »
最近の画像もっと見る

あわせて読む