福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治。」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

韓国の小さな中国人街

2016年10月16日 |  ○中国朝鮮族

韓国に在住する中国人が100万人を突破した現在、首都圏の工業
団地
周辺に7つの大規模な中国人街が形成されていることは、
当ブログですでに
紹介済みだ。

今回は、規模の小さな中国人街(中国人店舗街)の中から、7地区を
選び紹介する。

中国人店舗は、何も、大規模な中国人街だけに存在しているわけ
ではない。

また、現在は小規模でも、将来的に拡大する街もあるかもしれない。

ソウル冠岳区の新林洞、奉天洞


△ソウル新林洞の小さな中国人店舗街(2016年8月Daum地図)


新林洞と奉天洞の近くには、韓国最大の中国人街(大林洞、加里峰洞)が
存在している。


△ソウル奉天洞にも中国人店舗がポツポツ見える(2016年8月Daum地図)

今後、冠岳区でも、この2洞を核に中国人店舗が増えていくことは、
十分に考えられる。


△コネスト韓国地図より

京畿道軍浦市


△2016年5月Daum地図

すでに大規模な中国人街が形成されている安山市や始興市、
水原市に囲まれた軍浦市でも、中国人店舗が増えているようだ。

現在、軍浦市の商店街の片隅に、数軒の中国人店舗が軒を並べた
一角がある。

現在は大規模な中国人街も、おそらく、最初はこういう光景から
始まったはずだ。

京畿道烏山市


△2016年8月Daum地図

すでに大規模な中国人街が存在する水原市の南に隣接するのが
烏山市だ。

烏山市の商店街にもポツポツと中国人店舗が見える。

「美国加州牛肉面大王」があるところを見ると、近くの工業団地で、
すでにかなりの朝鮮系中国人が働いているのだろう。

京畿道平沢市

烏山市の南方、京畿道の南端に位置する新興港湾都市の平沢市でも、
中国人
店舗がポツポツ目につく。


△2016年7月Daum地図

近隣の牙山市に、サムスン電子や現代自動車が拠点工場を置いている
ことと関連があるに違いない。

忠清南道天安市


△2015年11月Daum地図

平沢市の南方、忠清南道の北端に位置する天安市にも、小規模ながら
中国人店舗街がある。

隣接する牙山市の電子部品工場や自動車部品工場で働く朝鮮系
中国人が増えているのだろう。

忠清南道牙山市


△牙山市の中国人店舗(2015年12月Daum地図)

牙山市には、サムスン電子や現代自動車の拠点工場があり、部品工場
などが入る工業団地も多い。


△2015年12月Daum地図

「美国加州牛肉面大王」が存在していることを見ても、すでに
かなりの数の朝鮮系中国人が、市内各所の工場で働いているものと
考えられる。


△2015年12月Daum地図

ちなみに、この街の「美国加州牛肉面大王」は、なぜか、わざわざ
「李先生」ではなく「崔先生」式の加州牛肉面であることを
ことわっている。



(終わり)



参加カテゴリ:地域情報(アジア)

『アジア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソウルと瀋陽と朝鮮族 | トップ | 朝鮮族に対する偏見と現実 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む