福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

アウトレイジと韓国語

2017年10月10日 | ■ヲタクの生活雑記

「やくざにも守んなきゃいけない道理があんだよ」。

映画「アウトレイジ・ビヨンド」
(第2作)で、ビートたけし演じる
主人公の大友が語ったセリフだ。

「最終章」(第3作)においては、大友のその道理に忠実な行動が、
一つの完結を迎えることになるが、同時にその行動が
、彼を破滅に
導くことになる。

そうした大友のよき理解者であり、庇護者として登場するのが、
張大成(チャン・テソン)なる在日韓国人の大物事業家だ。

彼は、戦後の上野の闇市を10代でしきったという伝説の持ち主で、
闇の世界にも顔の利く、日韓を股に掛けた国際的な老フィクサー。
上野育ちの大友とは古くからの縁があったことが、前作(第2作)の
中で匂わされていた。

そして、張を支える右腕的な人物が、白竜演じる李。ラストシーンに
登場するのは、主人公、大友とこの李の2人だ。

映画の中には、大友が張の世話で身を寄せていた済州島の風景と
共に韓国語の会話(字幕付き)がたくさん出てくる。

映画好きな韓国語学習者なら見ても損はしない映画だろう。



先日の日曜日、「ヲタク」は、この映画を北九州市の小倉で観た。



(終わり)




参加カテゴリ:地域情報(アジア)

『アジア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光州の高麗人タウン | トップ | 台湾ライチ酒と豚キムチ »
最近の画像もっと見る

■ヲタクの生活雑記」カテゴリの最新記事