福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治。」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

金海で初のロシア茶

2017年07月29日 |  ○B級グルメ編

2017年夏の金海訪問では、多国籍タウンのロシア(ウズベク)
料理店で、
初めてロシア風の緑茶を飲んだ。


NAVRUZとはウズベキスタンの町の名前

日本ではあまり知られていない事実だが、ロシア人は紅茶だけ
ではなく緑茶も好んで飲んでいるようだ。

ロシア語では、紅茶と緑茶をあわせて「チャイ(чай)」と呼ぶ。


△赤丸内には「차(茶)」の文字

そうした事情をよく知らなかった「ヲタク」が、とりあえずチャイを
注文した時、店員(ロシア人女性風)から、紅茶と緑茶のどちらに
するのかを聞き返された。


△緑茶は1瓶で1000ウォン

せっかくなので、「ヲタク」はロシア風の緑茶を飲むことにした。

真夏に熱い緑茶を飲むのも、なかなか乙なものだ。ただし、味は日本の
緑茶とはずいぶん異なっていた。

ところで、この店の経営者らしく(さらに女性の夫っぽく)見えた
東洋系の男性が、店内で「ヲタク」が見たこともないロシア(ウズベク?)
風の大きな三角形のパンを食べていた。

「ヲタク」は、その光景からある重要なことに気づき、プサンでも
金海でも、なぜ、ほとんどのロシア料理店がウズベク系なのか、
という疑問を解くことができた。

その件については、また、別に記したい。(関連記事


(終わり)


参加カテゴリ:地域情報(アジア) 

『アジア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草梁の生水 | トップ | ウズベクと釜山とボルシチ »
最近の画像もっと見る

 ○B級グルメ編」カテゴリの最新記事