福岡発 コリアフリークなBlog

「許さんばい!安倍政治」
韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。Since 05/9.14

朝鮮族自治州とロシア

2016年10月29日 |  ○中国朝鮮族


△延吉駅

百度地図のストリートビュー(2014年5月撮影)で延吉市を観察して
いると、延吉駅前から北に走る
大通りを中心に、丸屋根を持つロシア風の
建築物が
けっこう目につく。


△延吉駅を背に駅前の光景を見る

あらためて再認識させられたことだが、延辺朝鮮族自治州は、
北朝鮮だけではなくロシアとも国境を接している。


△延吉のロシア風建築物

延吉は、ソウルやピョンヤンはもとより、中国吉林省の省都、
長春よりもロシアのウラジオストクにずっと近い。


△Google Earthより

延吉市とウラジオストクの間には、飛行機も飛んでいるし、
国際バス路線もある。


△延吉のロシア風建築物

「ヲタク」は若いころから、朝鮮半島をめぐる政治的緊張が緩和された
あかつきには、是非、プサンから国際列車に乗って中国の大連あたりまで
旅行してみたいという夢を持っている。


△延吉のロシア風建築物

しかし、その夢が実現する前に、ウラジオストクからバスで延吉に
入るルートを使い、ロシアや中国を旅行するのも悪くはないと考え
始めている。


△延吉のロシア風建築物

ウラジオストクまでは、韓国の東海市から出ている国際フェリーに
乗ればいいのだ。(乱気流を経験して以降、極端に飛行機が苦手に
なった「ヲタク」は、最初から空路は除外して考えている。)


△延吉のロシア風建築物

退職慰労の旅行としては、現在のところ、このルートを使う旅の
方が、明らかに実現可能性が高い。




(終わり)



参加カテゴリ:地域情報(アジア)

『アジア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 延吉の道路と歩行者 | トップ | 延吉の建設ラッシュ »
最近の画像もっと見る

 ○中国朝鮮族」カテゴリの最新記事